2017.04.11 投稿者: ブログチーム

Southside Exchange 2017 上期カンファレンス 開催のお知らせ!!

Southside Exchange 2017 上期カンファレンス 開催のお知らせ!!

エッジを駆使した "空間セキュリティ設計" とは・・・

本年も、アライドテレシス株式会社はSouthside Exchangeカンファレンスを開催します!

前回までのSouthSIDE SDN Exchangeから通算して4回目となる本カンファレンスは、お陰さまで毎回規模を拡大し、今回は5月19日(金)福岡会場、5月24日(水)東京会場にて、『Southside Exchange 2017上期カンファレンス』を開催いたします!

Southsideは産業・環境ごとに様々な脅威にさらされています。脅威はマルウェアやランサムウェアだけでなく、IoTデバイスを狙うDDoS攻撃や物理テロ/サイバーテロなど多岐にわたっています。一方、法制面では改正個人情報保護法などの施行により企業の責務は増すばかりです。

そこで、本カンファレンスでは、これらに共通して有効な対策として、エッジを駆使した”空間セキュリティ設計”に関する発表や協議を行います。

本カンファレンスの第1部では、東京大学大学院 情報理工学研究科 教授 江崎 浩氏より、『IoTを前提とした「サイバー・ファースト」革命〜 実空間をリアルタイムにIoTで管理・制御する 〜』、並びに、弊社 専務取締役 川北 潤より『エッジを駆使した“空間セキュリティ設計”とは・・・』をテーマに講演いたします。この『空間』をどう設計するかで、Southsideの環境が変わります! IoTがつながりやすく、シンプルなネットワーク管理を可能とし、脅威から守られる快適なSouthside環境を実現します。今回のカンファレスでは、この『空間』がキーファクターになっています!

第2部ならびに第3部は、本会場でテクニカルセッションと招待講演(事例)、特別会場で、オープンステージパートナープレゼンテーションに分け、全11講演を準備しています。移動は自由でございますので、ご興味のある講演を聴講ください。

アライドテレシスでは、データセンター(Northside)で培われたSDN技術をエンタープライズ(Southside)に適応させるため、パートナー企業様と協業しながらその仕
組みを実現しています。「Southside Exchange」とは、Southside主体にICT産業を
創出するエコシステムです。

【概 要】

  • 名称   Southside Exchange 2017 上期カンファレンス
  • 主催   アライドテレシス株式会社
  • 参加方法  ホームページからの事前登録制(参加費無料)
  • 開催場所
    <福岡会場>
    ・日時:2017年5月19日(金)開場13:10 / 開演 13:30
          ※終了後、情報交換会(懇親会)を開催
    ・会場:ホテル日航福岡本館3階 大宴会場「都久志の間」
          福岡市博多区博多駅前2丁目18番25号
    ・定員:200名(先着順)

    <東京会場>
    ・日時:2017年5月24日(水)開場13:10 / 開演 13:30
          ※終了後、情報交換会(懇親会)を開催
    ・会場:品川インターシティホール
          東京都港区港南2丁目15番4号
    ・定員:300名(先着順)

詳しくは弊社ホームページをご覧ください。
▼Southside Exchange 2017 上期カンファレンス
 〜 エッジを駆使した “空間セキュリティ設計” とは・・・〜
http://www.allied-telesis.co.jp/event/seminar/exchange2017_1/index.html

アプリケーションベンダー様・インテグレーター様・サービスベンダー様、そしてエンドユーザー様のたくさんの方々のご参加を心よりお待ちしております。

※SouthSIDE SDN Exchangeは、2017年上期カンファレンスよりSouthside Exchangeに名称を変更いたしました。

法的免責事項
本WEBマガジンへ情報の掲載をする個人(管理人を含む)は、アライドテレシスの社員である場合がございます。本WEBサイト上のコメント及び意見については、あくまで投稿者の個人的な意見であり、当社の意見ではありません。本WEBマガジンは情報の提供のみを目的としており、アライドテレシスや他の関係者による推奨や表明を目的としてはおりません。各利用者は、本WEBマガジンの利用に関するあらゆる責任から、アライドテレシスを免責することに同意したものとします。
Page Top