STAFF INTERVIEW アライドテレシス人物図鑑

固定観念を持たずにどんなことにも挑戦 多くのことを吸収して物事の本質を見極める 2011年入社 システムエンジニアリング部 東京SEグループ

どんなことにでもチャレンジできる場所

「いろいろなことにチャレンジできる会社」というのがアライドテレシスの第一印象でした。私は、就職活動を始めた当初は営業の仕事がしたいと思っていたのですが、活動を進めていくうちに何がしたいか分からなくなってしまっていました。そこで当社の会社説明会で「自分が何をしたいのか分からないのです」と人事部長に伝えたところ、「だったら、なんでもまずはやってみては?」「職種別採用をしていますが、すべての職種を希望していいですよ」と言ってもらえました。この会社に入れば自分がやりたいと思ったことにどんどん挑戦していける、と感じました。実際に、「チャレンジポスト」という制度があり、別の部署で仕事をしたいと思えば挑戦できるチャンスもあります。海外に拠点もあるため、海外で働くという可能性もあります。選択肢がたくさんあり、そこに挑戦していくことを応援してくれる会社です。

お客様に信頼されるネットワークエンジニアになることが目標

入社後も、当初は自分が何をしたいのか分からなかったのですが、研修を受けるうちにネットワークエンジニアという仕事に興味を持つようになりました。私が考えるネットワークエンジニアは、ひたすらパソコンに向かって仕事をするというイメージだったのですが、実際にはお客様とお会いして、自分が持っている知識を生かして製品をご紹介し、購入していただくという仕事だったからです。今、仕事をしながら先輩にマンツーマンで指導をしてもらうOJT研修を受けています。メールでいただくお客様からのお問い合わせに対応したり、先輩や営業担当とともにお客様先へ伺ったりしています。
仕事を通じて学ぶことは非常に多く、特に物事の本質や目的を考えられるようになりました。例えば会議に参加する場合にも、それがどういう会議なのか、何が目的で、そこから何を導きださなければならないのか。そんな意識を持っていると、同じ物事でも興味深く感じられるように思います。また、ネットワークエンジニアは、ネットワーク知識だけがあればいいのではなく、製品知識や機械の知識、お客様の気持ちを読み取り応える力など、幅広く身につけなければならない能力があることを知りました。私は文系出身なので、勉強して知識を増やすとともに、お客様のニーズに100%以上応えられるよう、多くのことを学んでいきたいと考えています。

知らない自分を隠さずに様々なことを吸収していく

今の自分の目標でもありますが、何事も積極的に吸収していく姿勢は大切だと思います。自分の希望する職種に関する知識を深めることだけでなく、見聞を広め、幅広い知識を身につけることも大きな糧になります。興味のあるなしに関わらず、与えられた環境や機会を逃さずに取り組んでみることで世界は確実に広がります。どんな勉強も経験も、社会に出て何一つ無駄になることはありません。そして、分からないことはそのままにせず、質問できる場合にはどんどん質問すべきだと思います。面接などでは緊張するかもしれませんが、分かったふりをせず、質問できる機会は逃さないことです。分からないことをそのままにすることほどもったいないことはありませんから。