STAFF INTERVIEW アライドテレシス人物図鑑

お客様の目線で より良い製品を世の中へ送り出す 2011年入社 開発部 システム開発グループ

生き生きとした社員の姿にひかれて

学生時代はコンピュータサイエンスを専攻していて、ワイヤレスネットワークの研究をしていました。就職活動では研究を通して得た知識を生かせる仕事を探していて、ネットワークインテグレーターや機器メーカーなど、いろいろな企業を検討しました。入社の決め手となったのは、希望する仕事が出来ることに加えて、説明会や面接で出会う社員が皆生き生きとしていて、楽しそうに感じたからです。実際に入社してからも、思っていたとおりの環境でした。同じ部署の先輩や上司はもちろん、他の部署の人たちともコミュニケーションがとりやすく、仕事がしやすい雰囲気があります。

より良い製品をお客様に届けたい

現在は、無線LANのアクセスポイントを動かすためのファームウェアと呼ばれるソフトウェアの開発を担当しています。アクセスポイントと端末が、規格通りのスピードで不具合なくつながるかの動作確認やテストを行います。
無線は有線と比べて周囲の環境による影響を受けやすく、例えば近くで携帯ゲーム機や電子レンジが作動していると動作や通信に支障をきたすことがあります。不具合を発見した場合、どう操作したら発生したのか、もう一度行ったら同じ現象が発生するのか等、原因を一つ一つつぶしていく必要があります。その結果、設計どおりの通信ができたときは大きな達成感があります。
また、機器の開発やテストをする際は、作る側が考える使い方や操作方法だけでなく、お客様の立場に立って考えることが重要です。どのような製品が使いやすいのか、お客様にとって良い製品なのかを常に考えて仕事に取り組んでいます。
当社の製品は企業や学校、自治体などで広く使用されていますが、普段はあまり目に触れないところに設置されています。ですが、お店などで偶然機器を発見することもあり、自分が開発に関わった製品が実際にお客様のもとで使っていただいていることに大きな喜びを感じます。これは自社でものづくりをするメーカーだからこそ感じられるやりがいだと思いますし、もっといろんな場所で当社の製品を使用してもらえるようにより良い製品を作りたい、という原動力にもなっています。

今しかできない経験を

今の仕事は一つ一つの積み重ねが結果として良い製品を生み出すことにつながっていて、非常にやりがいを感じています。もっと勉強して、様々な経験を積んでしっかりと技術を身につけていきたいと思っています。また仕事上、海外の開発拠点とのやりとりもあるので不自由なくコミュニケーションがとれるように英語力の向上にも努めています。
学生のうちは学校の勉強はもちろん、部活やサークル、旅行など時間のある今しかできないことをやっておいてほしいと思います。直接仕事に関係ないと思われることでも、社会人として仕事をしていく中できっとどこかで役に立ちます。ぜひいろいろな経験をしておいてください。