STAFF INTERVIEW アライドテレシス人物図鑑

「ずっと働きたい」だからこそ 自分が一番輝ける場所を探す 2010年入社 品質管理本部 検査部

通信工学の知識を生かして自社製品の品質を改善

大学で通信工学を学んでいたので、就職活動をするときもIT関係、特にネットワーク技術を扱う仕事に就きたいというのが第一にありました。アライドテレシスは、企画開発から保守サービスまで扱う会社です。幅広い分野の中から、自分に一番適した仕事を見つけられるのではないかと思って応募しました。実際に会社説明会に来てみてまず印象的だったのが、社員がキラキラしていること。そして、面接のときにも、言葉に詰まってしまった私の言いたいことを汲み取って話をしてくれ、素敵な人たちがいる会社だなと思いました。
入社後は検査部に配属され、市場から返却された故障品の検査をしています。アライドテレシスでは、販売した製品がお客様のもとで故障した場合、サポートセンターを通じて検査部に返却されてきます。その故障品を、サポートセンターや担当営業のヒアリングをもとに、故障を再現したり、別の不具合がないか検査・検証をするのが仕事です。見つかった不具合を関連部署や工場へ報告することで、製品の品質改善へとつなげていきます。

顧客満足につながるというやりがい そして、さらなるステップへ

故障内容によっては、規定の通常検査では再現しなくても、特定の状況下でのみ発生している場合があります。そのような時には、お客様と同じ使用状況にするなど、追加の検査を行います。また、検査方法自体を見直すなど、検査そのものをより正確なものへ改善する役割も担っているため、製品のことをより詳しく理解する必要があります。楽な仕事ではありませんが、お客様の満足につながると思うとやりがいを感じます。
当社は、社員同士の仲が良く、上司にも相談しやすいので働きやすい環境だと思います。入社2年目の私の意見も取り入れてもらえますし、分からないことがあるから研修をしてほしいという要望を出すと、講師を招いての研修会が実施されることもあります。新しいことにチャレンジすることを止めない会社なのです。
今後は「頼れる人・任せられる人」になることが目標です。分からないことがあったら五明に聞けば大丈夫、五明に任せておけば大丈夫、そんな風に言われるようになりたいです。そのためには、業務に関する知識や経験が必要なことはもちろん、相手の意図を汲み取る力や自分の意思を伝える力など、コミュニケーション能力の向上も必要だと思っています。

働く自分を想像して自分が輝ける場所を見つける

アライドテレシスはネットワーク機器メーカーですから、文系の方はとっつきにくいイメージがあるかもしれません。でも、文系か理系かは関係なく活躍できる会社です。実際に検査部にも文系出身者がいます。
また、会社説明会にはその会社で働く自分を想像しながら参加してみてください。入社すれば何年、何十年と勤める場所になります。事業内容や会社の規模だけではなく、職場の雰囲気が合う・合わないというのもあるでしょう。アフター5を想像するのもいいかもしれません。ぜひ自分が一番輝ける場所を見つけ出してください。