STAFF INTERVIEW アライドテレシス人物図鑑

「好き」を活かして営業職に 生のコミュニケーションから生まれるもの 2009年入社 NTT営業部

人と接する仕事がしたい その気持ちを胸に入社

学生時代にアルバイトで接客の仕事をしており、人と接する仕事が向いているなと感じていたので営業職を希望していました。アライドテレシスを志望するきっかけになったのは、教授からの紹介です。実はそれまでアライドテレシスのことをよく知りませんでした。そのため、面接では何を話したらいいのか非常に悩みました。でも、嘘をついても仕方がないと思い、正直なところを話すことにしたのです。一般的に、面接では本音を話すよりもあらかじめ会社に気に入ってもらえるような答えを準備するものかもしれません。でも今となっては、あのとき取り繕わなかったからこそ、アライドテレシスに入社できたのだと思っています。
現在はNTT営業部に所属し、NTTグループのお客様や代理店への営業を担当しています。単に製品を売り込む営業のイメージとは異なり、こまめにお客様を訪問して要望や悩みを聞き出し、当社製品を使った最適なサービスを提案していくのが私の仕事です。提案にあたっては、社内の他の部門との調整も重要です。お客様の要望を正確に伝え、ネットワークエンジニアやサポート部門など関係するメンバーをまとめていく役割も求められます。最初は戸惑うことも多くありましたが、困ったことがあればすぐに先輩に相談することができる環境で、安心して仕事に取り組んでいます。

お客様との信頼関係を築き社外でも認知度の高い営業マンを目指す

営業は、とにかくお客様との信頼関係が大切です。最初は毎日お客様のもとを訪れ、顔を覚えていただくことから始まります。そして次第に信頼関係が築かれていくのです。最近では、その努力が実を結び、お客様と情報を共有し、協力しながら一つの仕事を進めていくことも増えてきました。これは大変うれしいことですし、同時に刺激的でもあります。忙しい日々ではありますが、充実した毎日を送っています。
今後は、社内はもちろん、社外の方からも評価されるような営業マンになりたいと思っています。歴代のスーパー営業マンと言われる人たちは、社外の人たちから個人名で認知されています。「アライドテレシスの石黒」ではなく「石黒」個人を指名してもらえることが目標です。そのためには、製品知識や営業スキルを身につけることはもちろん、仕事に限らず自分自身の幅を広げていくことが大切だと感じています。お客様先では、製品やサービスのことだけではなく、趣味の話や雑談をするときも多くあります。会話の引き出しを多く持ち、お客様や先輩からかわいがってもらえる営業マンになりたいと日々アンテナを張っています。今取り組んでいるのは、韓国語。韓国人の友人に教えてもらいながら勉強をしています。

直接会うことでお互いを知る

最近ではスマートフォンを利用して、企業のホームページや就職サイトを見ることもできますし、ブログやFacebook、Twitterなど多くのソーシャルメディアを利用した就職活動が可能になっています。しかし、実際に足を運んで企業の担当者や社員と会うことは、非常に大切なことです。人と人との関係ですからやはり直接会うことに勝るものはありません。私も、営業の仕事を通じてこのことを日々実感しています。会社のことを理解するためにも、そして自分自身のことを理解してもらうためにも、ぜひ生のコミュニケーションをとってください。時間や手間がかかるように思えるかもしれませんが、関係性を築くにはこの方法が一番です。そして、本当に自分の力を発揮できる職場、やりたい仕事を見つけてください。