STAFF INTERVIEW アライドテレシス人物図鑑

働くことは自立し、社会の役に立つこと 自分らしくいられる場所で自分を高める 2010年入社 S&S保守管理部 企画グループ

先輩社員の生き生きとした姿を見て

「アライドテレシスに入社したい」そう思ったのは、会社説明会での先輩社員との座談会がきっかけでした。第一印象として、先輩社員が生き生きしているなと感じました。座談会では会社のことや仕事のことしか質問できないと思っていましたが、就職活動の悩み等他社では聞くことができなかった質問をすることができました。いろいろなことを自由に質問できる風通しのいい雰囲気に触れ、こんな会社であれば自分らしく働けると思ったのです。実際に入社してからもその期待は裏切られることはありませんでした。先輩や上司にも質問をしやすい環境で、質問をしたときには丁寧に答えてくださいます。社員同士フランクに接しながらもやるべきところはきちんと緊張感をもって仕事をする。そのバランスがほどよく、緩急をつけるリズム感が私には合っていると実感しています。

やりがいを感じ、努力することでさらに上のステップへ

現在の私の仕事内容は、サポートサービス営業窓口の電話応対、新製品の保守サービス調整、他社保守サポート調査、説明資料作成など多岐にわたっています。配属されたときは話すことがあまり得意ではなかったので、最初は電話応対もままならず何度もどもったりつまずいたりしました。それでも、お客様からありがとうという言葉をかけていただけるととてもうれしかったですし、もっとがんばろうと思えました。先輩にもサポートしてもらいながら努力をするうちに、話すことへの苦手意識はなくなりました。現在ではプライベートでもメールよりも電話を使うことが増えたほどです。
また、契約に関係することを扱うため、ちょっとした間違いが重大事になることもあります。細かい点まで確認する必要があり、覚えることもたくさんあります。お客様から大切な情報をお預かりするので、慎重に仕事を進めなければなりません。ですが、サポートサービス販売の過程に関わることはやりがいがあり、充実感を覚えます。今後は、より仕事の効率を高めるためにツールを使いこなし、知識を深め、部内外で「この人に任せれば、聞けば大丈夫」と頼られるようになりたいと思っています。

働くということの意味を考えて就職活動を

私にとって働くことの意義は、精神的・経済的な自立、そして社会貢献することです。人は人に役立つことで存在意義を感じ、自己肯定につながると思います。みなさんも厳しい就職戦線の中、就職すること自体が目的になってしまいがちですが、まずはなんのために就職するのかを考えてみてはいかがでしょうか。そうするとそのために必要なことが何か分かりますし、努力をする覚悟もできます。思い通りに行かないことも多々あるかもしれません。でも、覚悟さえ決まっていれば自分にとって納得のいく就職活動をすることができると思いますし、自分に合った、そして自分を高められる職場を見つけることができると思います。