STAFF INTERVIEW アライドテレシス人物図鑑

技術に磨きをかけて オンリーワンの ハードウェアエンジニアを目指す 2010年入社 製品化本部 ハードウェア技術部

自分の素を出すことができるネットワークのプロフェッショナル集団

ネットワークに興味があった私は、IT関連の会社を複数訪問していました。その中でも、ネットワーク専門という会社はアライドテレシスだけで、どの部署に配属されたとしてもネットワークに関わる仕事が出来ると思い入社を決めました。
また、採用面接の際に色々な人と関わりましたが、とてもやわらかい雰囲気で、なんでも話して良い雰囲気を感じました。そのため、素の自分を上手く言葉にすることができました。部署に配属されてからも同じ雰囲気を感じていて、上司や先輩に意見をどんどん言っていいところや、自分で考え自分で行動できる環境が整っていると思っています。

製品・サービスの品質向上を目指して

当社で販売している製品に搭載されているソフトウェアの評価が主な仕事です。
評価によって不具合を見つけ、それを開発部門に報告、修正してもらうことによってより品質の高い製品を市場に送り出すことが目標です。
市場で発生してしまった不具合に対しては再発防止策の拡充などを行い、コンサルティング営業やシステムエンジニアが安心して売り出せるような製品作りを心がけています。
また、営業部門からの技術的な問い合わせ対応も行います。機能の動作に関する技術的なサポートや、提案に際して動作に不安があった時や、検証を行っていない組み合わせの機能やネットワークで評価が必要な時に評価を行うこともあります。
お客様の要望に基づく製品仕様の変更を開発部門にリクエストしたり、一方では開発にかかる工数等も考慮したりと、板挟みになることもあります。しかし、技術支援によって案件を獲得できた時や、市場要求を開発にフィードバックしたことによってより良い製品が生まれることにやりがいを感じています。

「どこに入社するか」よりも「何をしたいか」を大切に

就職活動でどこに入社するかということはもちろん大事ですが、会社に入った後に何をしたいかということはもっと大事です。自分が本当にやりたいこと、興味があることをしっかりと分析して、将来どうしたいのか、どういう方向に進みたいのか、そのためにはどのような会社に入りたいのかを考えれば、自然に自己分析は完了しているはずです。頑張ってください。