長嶋 淳史

ソフトウェア開発 atsushi nagashima 長嶋 淳史

暮らしを支えるソリューションを
担うことの喜び、そして責任

長嶋 淳史

安定的な稼働と優れた操作性、
開発現場では、双方を徹底追求

大学ではワイヤレスネットワークを専攻していました。アライドテレシスでは無線LANシステムを構成するアクセスポイントに関するソフトウェア開発も手掛けており、大学時代に得たスキルが活かせると思い入社しました。入社後しばらくは、アクセスポイントを作動させるシステムの開発を担当しました。無線は有線と比べて周囲の環境に影響されることが多く、通信ゲームや電子レンジが作動しているだけでトラブルを起こす可能性があります。どのような環境変化によってアクセスポイントや端末が不具合となるかを一つ一つ検証し、改善していくことが、私の仕事でした。一方で、お客様にとって操作しやすい仕様に設計することも求められました。いくら高品質・高機能であっても、複雑な構成となってしまえば、購入していただくことは難しいからです。実験、検証、そして改善、そして再び実験…。こうした地道なサイクルの結果、無事製品が完成した時は、担当者として大きな達成感を味わうことができました。

長嶋 淳史

皆が同じゴールへ進めるよう、
丁寧な対話を心がける

現在は、アクセスポイントを一元管理するソフトウェア開発プロジェクトのプロジェクトマネージャーとして働いています。開発品の仕様決定にあたっては、搭載したい機能やその開発に必要なコスト削減、製品リリースのタイミングなど、さまざまなことを考慮しています。またプロジェクトには製品企画を行う部署、検証を行う部署、マニュアルを作成する部署など、複数の部署が関係します。各部署がスムーズに連携できるよう、社内ルールを決めたり、仕事の流れや役割分担の調整を行うこともプロジェクトマネージャーの役割です。スタッフとの丁寧な対話を大切に、チーム一丸となって目標に向かって歩んでいけるようなマネジメントを心がけています。

長嶋 淳史

偶然当社のアクセスポイントを
見つけたときは、大きな感動が

アライドテレシスのアクセスポイント関連の製品は、企業や学校、自治体をはじめ多くの施設に導入されています。利用者に気づかれることはほとんどありませんが、実は身近なところで当社の技術が活きているのです。偶然発見したときは、ものづくりをするメーカーだからこその喜びを得ることができます。と同時に、自分の手掛けた製品が社会を支えているという大きな誇りと責任も。日常の生活の裏側に、アライドテレシス。そのことを強く意識しながら、プロジェクトマネージャーとしてこれからも仲間とともに新しいことに挑戦し続けていきたいです。

BACK TO TOP
entry entry