小山 彩織

システムエンジニア saori koyama 小山 彩織

挑戦できるのは、
頼れる社員がそばにいるから

小山 彩織

社会インフラ事業の可能性と
優しい雰囲気の社風で入社を決意

結果が「形」として残るメーカーを中心に就職活動をしていました。アライドテレシスに興味を持ったのは、電気・ガスと同様に社会に不可欠なインフラである「ネットワーク」を扱っている点や、海外展開を積極的に行っている点でした。そして、最終的に会社を選ぶ際の決め手となったのは『人』でした。仕事自体は経験を積む中でやりがいを感じることはできますが、人間関係は自分の努力で変えることは難しいと考えたからです。会社説明会に足を運ぶと先輩社員と接する機会が多く、穏やかで優しそうな社風に魅力を感じました。そんな雰囲気の良さは本当だったと今、実感しています。困ったときは上司やチームメンバーがサポートをしてくれるので、学生時代にネットワークに関することを一切学んでこなかった私でも、早い段階から様々なことにチャレンジできました。

小山 彩織

新機能の価値を伝えることで、当社のネットワークを採用いただけた

入社してから現在まで、お客様と接するシステムエンジニアとして勤務しています。主な仕事は、営業と一緒になって、パートナー企業や実際に機器やサービスを導入いただくエンドユーザーへ製品やサービスを提案することです。これまで経験した様々な業務で、特に印象に残っているのが、ある大手メーカーへのネットワーク更改と新規構築の提案です。提案前の段階では、既に利用している他社のネットワークが採用される予定でした。しかし、当社が開発した新機能を活用した方が、よりお客様のメリットになると思い、デモンストレーションや勉強会を開催するなど、その価値を伝えることに全力で取り組み、結果として受注することができました。またそれまでは機器の選定がメインでしたが、この仕事を通じてネットワーク構築全般まで深く携わることができました。

小山 彩織

まずは、お客様から
指名されるシステムエンジニアとなりたい

直近の目標としては、お客様から指名されるようなシステムエンジニアになることです。そのためにまず、お客様の状況や要望を適切に汲み取り、新しい製品やサービスを組み合わせながら、 そのお客様にとって最適なネットワークシステムの構築実績を増やしていきたいと思います。また、社内の各部署との円滑な調整を始め、スタッフをまとめ上げる力も伸ばしていきたいです。その上で挑戦したいのが、エンドユーザー向け大規模案件のプロジェクトマネージャー。今後も努力を重ね、お客様、社員、双方から信頼されるプロフェッショナルを目指します。

BACK TO TOP
entry entry