talk

成長を支えてくれる人がいる。
だからこそ、挑戦し続けることができる。

自分のスキルを高め、チャレンジを続けていく。
そんな向上心にあふれた社員が、アライドテレシスには大勢います。
今回は若手社員4名に、入社したきっかけから、現在の仕事のやりがい、
そしてこれからの目標などについて、熱く語ってもらいました。
先輩社員たちのトークが、皆さんの就職活動の参考になる事を願います。

PROFILE

  • 荒井 宥貴

    システムエンジニア

    2014年入社

    荒井 宥貴
  • 石井 舞由香

    プロダクトエンジニア

    2014年入社

    石井 舞由香
  • 根津 朋美

    コンサルティング営業

    2015年 入社

    根津 朋美
  • 福田 守昴

    マーケティング/製品企画

    2016年 入社

    福田 守昴

SECTION01 入社を決めた理由

就職活動の中で感じた、
あたたかみのある社風が入社を決意させた。

荒井

大学での専攻が情報ネットワークに関する分野だったので、ネットワークエンジニアという職種に絞って就活をしていたんです。その中で、アライドテレシスを知り、応募したのですが、選考中、人事部や先輩社員の皆さんとの会話を通じて、社員を大切にする雰囲気が伝わってきました。私は職場の雰囲気も重視していたので、アライドテレシスに入社しようと決めました。今はエンジニアとして、製品をお客様にご提案したり、お客様の元で製品の導入支援を行っています。

福田

荒井さんと同じで、私も大学で情報通信工学を専攻していて、ネットワーク機器の開発に携わりたいと考えていました。内定後の面接で、職場見学があったのですが、たくさんの機器が置いてあるラボを見た瞬間、「ここで働きたい!」という思いが強くなったのです。入社後は開発された製品の品質テストや動作検証を行うプロダクトエンジニアとして働いていましたが、今はマーケティング部門で新製品や新機能の企画を立てています。

若手社員座談会

石井

私はお2人と違って、大学ではエネルギ—化学を専攻していたので、自分でも大丈夫なのか、不安でした。でも、会社説明会で先輩社員が「自分は文系出身だけど、大学の専攻に関係なくやりたいことはチャレンジさせてもらえる会社だよ」とおっしゃったんです。私が最初に担当した仕事はファームウェアの評価業務でしたが、その後ハードウェアの評価をしてみたいと思い、2年目の夏頃、現在の部署を希望して異動しました。

根津

私も大学では、化学を専攻していたので情報ネットワークは学んでいませんでした。でも、会社説明会で女性の先輩社員が「試行錯誤しならが頑張っています。」とおっしゃっていたんです。そういう前向きな姿勢がすごく魅力的に感じて、入社を決めました。今は営業部で、アシスタントとして見積書の作成や提案資料の作成などを担当しています。主なお客様は教育委員会や小中高等学校、大学・専門学校などです。

荒井

具体的にどういうことを提案しますか?

根津

例えば、学校内のネットワーク環境を構築するためにどんな装置が必要か、またどんな装置を使用したら、より良いネットワーク環境になるのかといった提案をしていますね。

荒井

やはり営業も専門的な知識が求められますか?

根津

そうですね。営業も知識は求められますが、技術的に不足している部分は、システムエンジニアに質問することが多いです。忙しい時でも、皆さん丁寧に対応してくださるので、本当に有難いですね。部署内はもちろんですが、他部署の皆さんにも成長を支えられている感じがします。

荒井

そういう社風が、私はアライドテレシスの大きな魅力に思えます。実際、皆さん、入社の決め手となったのは、そうした人の温かみが感じられる社風なんですよね。

SECTION02 仕事のやりがい

モチベーションを上げてくれる環境だから、
自分から積極的に挑戦していける。

荒井

私の場合エンジニアリング部門に配属されてからこれまで、結構波乱万丈でした(笑)。配属されてから、大型のプロジェクトに携わることが多く、日々勉強しないと太刀打ちできない感じでしたね。でも、プロジェクトを乗り越えたら上司から「よく頑張ったな」と評価してもらえるので、また頑張ろうと思えるし、難しい仕事でも積極的にチャレンジできるのです。

石井

入社年度に関係なく、大きなプロジェクトに携わることができたり、自分の意見に耳を傾けてくれるのは、モチベーションアップになりますよね。

荒井

石井さんは、ハードウェアを扱う部門へ自分から希望を出したんですよね?

石井

そうです。入社当時から、ハードウェア製品に携わりたいと思っていました。今は、マーケティング部門から「こういう製品を出したい」という仕様書をいただき、その仕様書と開発部門が作成した図面を見て、実現可能かどうかを判断するのが主な仕事です。設計の変更を依頼することもあるので、評価と言っても一緒に製品を作っている感覚です。だから、製品が完成した時は、すごく達成感を感じますね。

若手社員座談会

根津

新しい機能の企画などは、マーケティング部門が立てるのですか?

福田

企画を立てる時は、営業から「この機能がなくて、お客様が困っている」といった声を集めます。そこから、システムエンジニアにアドバイスももらいつつ、新しい機能を考えて、プレゼン資料を作成したりしますね。以前の部署では、技術的なことに向き合う機会が多かったのですが、今は、お客様のことを考えることが多くなりました。マーケティング部門は製品ラインナップごとに担当が分かれているので、自分が担当した製品がいくら売れたのか、数字としてはっきり見えるので楽しいですね。

石井

営業も、やはり結果は数字ではっきりと見えますよね?

根津

営業部門は個人の成績というよりも部内で目標が設定されていて、そこに向けて全員で頑張るという感じです。私は営業アシスタントという立場なので、事務処理などがメインになりますが、一緒に働く皆さんから「ありがとう」と言ってもらえることが一番嬉しいですね。自分もチームの一員として、協力できているんだと思えます。

SECTION03 今後の目標

より高みを目指して、
スキルを磨き、挑戦を続けていく。

荒井

現在は、大型プロジェクトの内、ある一つのパートを担当しているのですが、ゆくゆくは自分の担当する業務だけではなく、プロジェクトに携わっている人全体のスケジュール管理をしてプロジェクトを成功させたいです。

石井

私も今は、上司に仕事を割り振ってもらっていますが、やはり自分がマネージメントする立場に立って、仕事を管理していきたいです。また、現在、アライドテレシスでは、できるだけ評価を自動化させようという取り組みを推進しています。評価の自動化によって業務は効率化されます。それによって、私は製品のバックグラウンドをしっかり理解するなど、ハードウェアのプロとして、核となる仕事に向き合っていきたいです。

根津

私はこの1年で、営業アシスタントとして、様々なことを学びました。また、営業部門が扱う売り上げ・数字にも強くなろうと簿記の勉強をしています。今後は、営業の窓口というポジションになれたら良いと思います。

福田

マーケティング部門の人間として、営業の力になれるような製品を企画したいです。例えば、ターゲットを設定し、そこへアプローチしていくために、新しい機能を企画したり。技術的に面白いから企画するのではなく、お客様のことをよく考えて企画したいです。

荒井

私も含め、皆さんとても前向きに仕事をされていますね。それができるのも、アライドテレシスは努力すれば必ず評価してもらえるからだと思います。挑戦する気持ちさえあれば誰でも成長できますし、その成長を支えてくれるんです。だから、どの部署の人も必ず「もっとこうなりたい」という向上心を持ち続けることができるんだと思いますね。

BACK TO TOP
entry entry