Event・Training - イベント・トレーニング -

出展レポート

csw2016 SEECAT16'

アライドテレシス株式会社は、10月19日(水)から21日(金)まで東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催される「サイバーセキュリティワールド2016」、及び「テロ対策特殊装備展'16」に出展いたしました。

サイバーセキュリティワールドの当社ブースでは、サイバー攻撃を含むネットワークセキュリティ対策として、アプリケーション連携ソリューション「SES(Secure Enterprise SDN)」、基盤となる ネットワーク統合管理ソリューション「AMF(Allied Telesis Management Framework)」、これらのネットワークシステムの設計から構築、運用、リモート監視サービス等を含めた保守サービス 「Net.Service」を中心にアライドテレシスの最新のネットワークソリューションをご紹介いたしました。 また、SEECATの当社ブースでは、物理的脅威を検知・可視化する統合監視ソリューション『Envigilant』をご紹介いたしました。
開催期間中、多数の方々にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

開催概要

展示会名 サイバーセキュリティワールド2016 テロ対策特殊装備展'16(SEECAT)
主催 株式会社 東京ビッグサイト
会期 2016年10月19日(水) 〜 21日(金)
会場 東京ビッグサイト 西1・2ホール
アライドテレシスブース
西2ホール ブース番号:2D17
東京ビッグサイト 西2・3ホール
アライドテレシスブース
西3ホール ブース番号:SC17

サイバーセキュリティワールド2016

展示ブース
「情報・端末」高まる脅威。ネットワークからの対策が必至!!
さまざまなデバイスがネットワークに接続されるIoT化が急速に進むにつれ、ネットワークのセキュリティ対策には、ネットワークの入口から出口まで、そして、内部対策から、 運用監視まで、トータル的にインテグレーションすることが求められます。
入口を防御する次世代ファイアウォール搭載のUTM&ルーター、マルウェアの自動検知、感染端末を特定するCSIRT支援ツール、 アプリケーション連携ソリューション「SES(Secure Enterprise SDN)」をはじめとし、内部対策の基盤となるネットワーク統合管理ソリューション「AMF(Allied Telesis Management Framework)」、 自律型無線LANソリューション「Network AI」、そして、高度な運用監視を実現する「Net.Service」をアライドテレシスの最新のネットワークソリューションをご紹介いたしました。
会場風景1会場風景2
セミナー・プレゼンテーション

弊社、専務取締役 川北 潤、Envigilant事業部 プロジェクト・ダイレクター 青木 実によるプレゼンテーションをサイバーステージAにて行いました。

サイバーステージAサイバーステージA
場所 西2ホール サイバーステージA
日時 10月21日(金)14時15分〜15時15分
演者 アライドテレシス株式会社 専務取締役 川北 潤
アライドテレシス株式会社 Envigilant事業部 プロジェクト・ダイレクター 青木 実
演題名 脅威(テロ,サイバーテロ)対策はネットワークエッジが決め手!

テロ対策特殊装備展'16(SEECAT)

展示ブース
「ヒト・モノ」検知・検出・解析・可視化「Envigilant」
周囲にはさまざまな「脅威」が存在しています。自然災害をはじめとし、国際社会で増加するテロや事故、そして、ITを悪用したサイバー攻撃など、脅威は多様化し、被害の規模も拡大しています。
映像監視&検出センサーにより「脅威を検知・検出・可視化」さらには分析機能も加えた統合監視ソリューション「Envigilant」をご紹介いたしました。
会場風景3会場風景4

ネットワーク構築のご質問などお気軽にご相談ください。

アライドテレシスの"旬"な情報をお届けします。

関連リンク
イベント・セミナー

2つのSDN

PAGE TOP