Event・Training イベント・トレーニング

レポート

アライドテレシス株式会社は、2018年10月23日から24日まで東京ビッグサイトで開催された「地方自治情報化推進フェア2018」に出展いたしました。

本展示会では、「もっと便利と安心を。自治体情報システムを支えるアライドテレシス」をテーマに、重要な情報インフラとなるネットワークの新規導入とリプレースポイントについてデモを交え紹介したほか、各地域団体において労務の見直し改善が求められる働き方改革について、ネットワーク専門メーカーならではの目線で、実現するためのポイントを事例を交え紹介いたしました。

開催期間中、多数の方々にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

開催概要

名称 地方自治情報化推進フェア2018
会期 2018年10月23日(火)~24日(水)
時間 9:30~17:30(24日は17:00まで)
会場 東京ビッグサイト西展示棟 西3、4ホール
アライドテレシスブース 小間番号:57
主催 地方公共団体情報システム機構

展示ブース

出展内容

展示ブース

-「ネットワークの新規導入とリプレースのポイント」
○自治体ネットワーク構築ポイント
 強靭なセキュリティと広範囲にわたる運用管理の簡素化
○耐障害性
 止まらない・止められないネットワーク
○公衆無線LAN・施設内無線LAN
 災害時や観光誘致に必要となる無線LAN
 世界初!ハイブリッド無線LANシステム

-「働き方改革を実現するネットワークのポイント」
○情報セキュリティ対策
 強靭なセキュリティ対策で情報漏洩を防ぐ
 さらなる情報セキュリティ強靭化対策へ
○安心なテレワーク
 強度な暗号化による安全なリモートアクセスで業務効率化
○運用管理のアウトソース
 ネットワークに関わる負担を改善
 コストと負荷を抑え各拠点をつなぐ
○導入事例
 Net.Service事例紹介