Event・Training - イベント・トレーニング -

学会レポート

第22回日本医療情報学会春季学術大会

アライドテレシス株式会社は、2018年6月21日(木)から6月23日(土)まで新潟市で開催される「第22回日本医療情報学会春季学術大会 シンポジウム2018 in 新潟」へ出展いたしました。また、会場内で来場者がインターネットアクセスをご利用いただける無線LAN環境を世界初のハイブリッドワイヤレスシステム「AWC-Channel Blanket(AWC-CB)」で構築・運用し、大会運営にも協力いたしました。

弊社は、6月22日(金)に開催された、スイーツセミナー(協賛:アライドテレシス株式会社、演者:福井大学医学部附属病院 医療情報部 副部長・准教授 山下芳範氏)に協賛いたしました。また、会場内の企業展示コーナーにおいて、先進的医療ネットワークソリューションの展示・デモンストレーションとして、世界初のハイブリッドワイヤレスシステム「AWC-Channel Blanket(AWC-CB)」のご紹介をはじめ、最新のネットワーク技術“SDN(Software-Defined Networking)”を使用したセキュリティ強化と院内LANの統合管理ソリューション、「SES(Secure Enterprise SDN)」、「AMF(Allied Telesis Management Framework)」、医療向けITサービス等をご紹介いたしました。

開催概要

大会名 第22回日本医療情報学会春季学術大会
会期 2018年6月21日(木)〜23日(土)(展示は22日(金)〜23日(土))
主催者 一般社団法人 日本医療情報学会
大会テーマ 医療情報学の再発見
〜研究の多様化の中で今なすべきことは?〜
会場 朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター)

展示/デモンストレーション(企業展示コーナー)

企業展示:朱鷺メッセ(新潟コンベンションセンター)2Fホワイエ
会場風景1会場風景2

セミナーのご案内

共催スイーツセミナー

日時 :6月22日(金)15時00分〜16時00分
会場 :第2会場(2階・中会議室201)
演題 :医療でのIoT活用と院内電波管理
    (演者)
    福井大学医学部附属病院 医療情報部 副部長/准教授
    総合情報基盤センター 副センター長、情報セキュリティ部門長 山下 芳範 氏
演題 :医療IoT化を支えるネットワークインフラの実現
    (演者)
    アライドテレシス株式会社
    マーケティング統括本部 Global Product Marketing部 部長 盛永 亮

共催セミナー1共催セミナー2

第22回日本医療情報学会春季学術大会への協力

会場ネットワークの提供会場内の主要エリアに無線LAN APを設置し、ご来場者様へPCやスマートフォン、タブレットPCから快適にインターネットをご利用いただける無線LAN環境をご提供いたしました。なお、本学会では、ハイブリッドワイヤレスシステム「AWC-Channel Blanket(AWC-CB)」で構築・運用を行いました。

会場ネットワーク提供1会場ネットワーク提供2

ネットワーク構築のご質問などお気軽にご相談ください。

アライドテレシスの"旬"な情報をお届けします。

関連リンク

PAGE TOP