Event・Training - イベント・トレーニング -

出展のご案内

RISCON2015

アライドテレシスは、2015年10月14日より東京ビッグサイトで開催された危機管理産業展2015に出展いたしました。
近年、国際社会において、テロ行為や自然災害、サイバー攻撃などの「脅威」が多様化しています。脅威は瞬時に国境を越えるため、我が国も例外ではありません。
脅威に対しては"脅威を検出し・脅威を可視化し・迅速に対応し・未然の防止対策/再発防止対策を行う"ことが重要であることは言うまでもありません。
そこでアライドテレシスでは、このような脅威への対策として、一つは、脅威検出・可視化【ヒト・モノ】をテーマとした、新たな統合監視ソリューション「Envigilant」。
二つ目は、サイバー攻撃対策【情報・端末】をテーマとした、「2つのSDN」"SES"と"AMF"の特徴についてご紹介するほか、実際に体験いただけるデモンストレーション展示を行いました。
多数の方々にご来場いただきまして、誠にありがとうございました。

開催概要

展示会名 危機管理産業展(RISCON TOKYO)2015
主催 株式会社 東京ビッグサイト
会期 2015年10月14日(水)〜16日(金)
会場 東京ビッグサイト 西1・2ホール
来場者数 20,518名

会場風景

会場風景1会場風景2
会場風景3会場風景4
会場風景5会場風景6
会場風景7会場風景8

展示/デモンストレーション

脅威検出・可視化【ヒト・モノ】

新たな統合監視ソリューション「Envigilant」

映像監視&検出センサーにより「脅威を検出・可視化」さらには分析機能も加えた統合監視ソリューション「Envigilant」を展示いたしました。アライドテレシスの高い信頼性を誇るネットワーク上に、革新的なテクノロジーを組み合わせることによって実現しました。

脅威に対応するためには
ネットワークカメラによる映像監視ソリューション
鉄道や交通の監視、街の防犯、ビル・店舗の管理など様々な分野で導入が進んでいるネットワークカメラ。デモンストレーションでは、マルチベンダーのネットワークカメラを使用したカメラ監視と管理などをご紹介いたしました。
映像監視ソリューション

サイバー攻撃対策【情報・端末】

必見! SDN for SouthSIDE 「2つのSDN」
ITシステムを下支えする重要なネットワークとアプリケーションとを連携させ脅威から守る"SES"。
ディフェンスエリアを末端まで拡大し、エッジスイッチ・無線LANアクセスポイントをも統合管理する"AMF"。
この他社にはない最新のネットワーク技術(SDN)を使ったソリューション「2つのSDN」について、"SES"と"AMF"の特徴を余すことなくご紹介するほか、実際に体験いただけるデモンストレーション展示を行いました。
Net.Service
導入構築、運用支援・監視から情報セキュリティー管理のコンサルティングまで、トータルサービスをご提供するNet.serviceをご紹介いたしました。

Net.Service

ネットワーク構築のご質問などお気軽にご相談ください。

アライドテレシスの"旬"な情報をお届けします。

関連リンク

2つのSDN

PAGE TOP