Event・Training - イベント・トレーニング -

学会レポート

第28回日本頭蓋底外科学会_第7回世界頭蓋底外科学会連盟国際会議

アライドテレシスは、2016年6月15日(水)から17日(金)まで大阪国際会議場(大阪府大阪市)にて開催された第28回日本頭蓋底外科学会の同時開催である第7回世界頭蓋底外科学会連盟国際会議のHands-on Workshopやセッションに協力いたしました。

本学会では、企業展示のほか共催セミナーを実施し、ハンズオンセミナーの協力、そして来場者がインターネットアクセスをご利用いただける無線LAN環境の提供により大会運営に協力いたしました。

世界頭蓋底外科学会連盟国際会議は4年毎に世界各地域で開催され、今年はアジアを代表して、日本で開催されました。本学会は、”Creation and Collaboration for the Future“をテーマに頭蓋底外科の益々の発展を期待し、発展途上国を含めた若手医師の教育活動も積極的に行う思いのもと開催されております。参加者総数は760名であり、その約65%は海外からの参加者とのことでした。

アライドテレシスは、セッションやデモにおいて、3D手術映像を中継するためのネットワークを提供いたしました。

開催概要

学会名 第7回世界頭蓋底外科学会連盟国際会議
会長 大畑 建治 教授(大阪市立大学大学院医学研究科 脳神経外科)
会期 2016年6月15日(水)〜17日(金)
場所 大阪市立大学阿倍野キャンパス 大阪国際会議場

会場風景

会場風景1会場風景2
会場風景3会場風景4
会場風景5会場風景6
会場風景7会場風景8

大会へのネットワーク提供

ご来場者様が、PCやスマートフォン、タブレットPCから快適にインターネットアクセスをご利用いただける無線LAN
環境の提供により大会運営に協力いたしました。
大会へのネットワーク提供1大会へのネットワーク提供2

ネットワーク構築のご質問などお気軽にご相談ください。

アライドテレシスの"旬"な情報をお届けします。

関連リンク

PAGE TOP