最新ニュース
What's New
ニュースリリース
ニュースリリース
2012年04月16日
レイヤー2plusギガビット・インテリジェント・スイッチ AT-x210-24GT新発売
-あわせて、AT-x200-GEシリーズのファームウェアをバージョンアップ、
新製品フィーチャーライセンスをリリース-
アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、レイヤー2plusギガビット・インテリジェント・スイッチ「AT-x210-24GT」の出荷を4月23日より開始します。あわせて、AT-x200-GEシリーズのファームウェアをバージョンアップし、「Ver.5.3.4A-3.4」の当社ホームページからのダウンロードサービスを4月23日より開始します。また、AT-x200-GEシリーズの新フィーチャーライセンスの出荷を4月23日より開始します。
新製品AT-x210-24GT
AT-x210-24GTは、10/100/1000BASE-Tポートを24ポート装備し、うち4ポートがSFPスロットとのコンボ(共有)ポートとなるレイヤー2plusギガビット・インテリジェント・スイッチです。SFPスロットはオプション(別売)のSFPモジュールの追加によりギガビット光ポートの実装が可能です。
AT-x210-GTシリーズは、「AlliedWare Plus(AW+)」を搭載し、xシリーズによるコアからインテリジェント・エッジまでの業界標準コマンドによる統一した操作性、運用性を実現します。ひとつの物理ポートで3種類(IEEE 802.1X認証/MACベース認証/Web認証)の認証方式を併用することができるTri-Auth機能、同一インターフェースでユーザーごとに別々のVLANを動的に付与できるマルチプルダイナミックVLAN等の充実した認証/セキュリティー機能を搭載するほか、EPSR、ループガードなど、ネットワークの可用性を高める諸機能をサポートしています。また、ファンレス設計により静音で小型なため設置場所を選びません。
ファームウェアバージョンアップ、新製品フィーチャーライセンス〈AT-x200-GEシリーズ〉
AT-x200-GEシリーズ
    AT-x200-GEシリーズの新ファームウェア「Ver.5.3.4A-3.4」では、プライベートVLANでタグVLANと併用が可能になるエンハストプライベートVLAN機能や、IGMPクエリアが存在しないマルチキャストネットワークにおいてIGMPクエリアとなれるIGMPスヌーピングクエリア機能などを追加しました。
    ファームウェア「Ver.5.3.4A-3.4」で追加した主な機能
(1) IGMPスヌーピングクエリア
(2) BPDU forwarding
(3) DHCP lease 120 days
(4) RRP Snooping
新製品フィーチャーライセンス
    ファームウェア「Ver.5.3.4A-3.4」へのバージョンアップにともない、AT-x200-GEシリーズの新フィーチャーライセンスをリリースします。
FL02(IPv6ライセンス)ではIPv6、IPv6-SNMPv1/v2c/v3、MLDv1/v2スヌーピング、UDLDのサポートを可能としIPv6への移行を容易に実現します。また、FL03(アプリケーションライセンス)はUDLDのサポートを可能にします。
新製品

製品名

標準価格(税別)

リリース予定日
AT-x210-24GT 194,000円 4月23日
AT-x200-GE-FL02(IPv6ライセンス) 100,000円 4月23日
AT-x200-GE-FL03(アプリケーションライセンス) 50,000円 4月23日
その他各種保守バンドル製品をラインナップしています。
詳細はこちらをご覧ください。


PAGE TOP