最新ニュース
What's New
ニュースリリース
ニュースリリース
2013年10月7日
PoE+インジェクター「AT-6101GP」をリリース
アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、PoE+インジェクター「AT-6101GP」の出荷を10月7日より開始します。

AT-6101GPは、IEEE 802.3af PoE、IEEE 802.3at PoE+に準拠したPoE+インジェクターです。 無線LANアクセスポイントやIPカメラ、VoIP端末などのIEEE 802.3af / IEEE 802.3atに準拠したPoE / PoE+受電機器に対し、データ通信と電力供給を1本のUTPケーブルだけで行うことができます。

無線LANアクセスポイントやIPカメラなどは多くの機器をさまざまな場所に設置する必要があります。 こういった場合、設置したい場所に電源設備が設けられていないこともあります。このようなときにAT- 6101GPを使用することで、設置場所に電源工事を行うことなく、100mの範囲でUTPケーブルを敷設 するだけで機器を動作させることができ、設置コストの削減を実現します。
主な特長
Power over Ethernet(PoE)
    PoEは、1本のUTPケーブルでデータ通信と電力供給を実現する標準規格です。従来のIEEE 802.3af PoEでは1ポートあたり最大15.4W、IEEE 802.3at PoE+なら最大30Wの給電が可能となります。
  PD 自動検出
    IEEE 802.3atでは受電機器(PD:Powered Device)の検出機構も標準化されています。AT-6101GPは、 機器が接続されるとIEEE 802.3atに従って相手機器を判別し、必要な電力の供給を開始します。接続 された機器がIEEE 802.3afまたはIEEE 802.3atの受電機能に対応していない製品だった場合、AT- 6101GPは給電を行わず、非PoE機器を故障から守ります。
  リモート給電
    AT-6101GPでは、エンハンスド・カテゴリー5 UTPケーブルを使用して、受電機器に対し最長100m(※)までの範囲で1Gbpsのデータ通信と同時に最大30Wの電力を供給することができます。
※ 本製品のDATA IN/DATA OUTポート両方のリンクを合わせた距離です。
     
 
新製品

製品名

標準価格

リリース予定日
AT-6101GP \19,800
10月7日
 


PAGE TOP