最新ニュース
What's New
ニュースリリース
ニュースリリース
2014年8月27日
SwitchBlade x8100シリーズ、SwitchBlade x908/CentreCOM AT-xシリーズ、
AlliedWare Plus(AW+)バージョンアップにより機能強化
アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、SwitchBlade x8100シリーズ、SwitchBlade x908、およびCentreCOM AT-xシリーズ用のファームウェアAlliedWare Plus(AW+)をバージョンアップし、SBx8100シリーズ用「AW+5.4.4-1.1」の当社ホームページからのダウンロードサービスを8月27日より開始します。SBx908およびxシリーズ用「AW+5.4.4-1.1」のダウンロードサービスも順次提供していきます。
SBx8100シリーズ用ファームウェア「AW+5.4.4-1.1」では、コントロールファブリックカード「SBx81CFC960」の主な機能強化として、VCS plus構成時の AMFマスター機能とISSU(In Service Software Upgrading)、VRF-Liteとの併用が可能になります。VCS plusによりネットワークコアの可用性/信頼性の向上は既に実現されておりましたが、今回の機能拡張により、ネットワークコアのみならず、AMFマスター機能自体の可用性や信頼性をVCS plusとISSUにより高め、且つVRF-LiteによりセキュアなAMF構成を実現します。
AMFの主な機能強化としては、事前に新規AMFメンバーの設定を準備しておくことで、PC不要、専用スキル不要の自動インストールを実現する”AMF ゼロタッチ・インストレーション”をサポートしました。
また、AMFにおいてx210/x200シリーズをメンバーとして制御するには別売のAMFメンバープロダクト拡張ライセンス(AT-CFC960-FL03、AT-CFC400-FL03、AT-SBx908-FL05)が必要でしたが、本バージョンよりAMFメンバープロダクト拡張ライセンスがAMFマスターへ搭載されていなくともx200/x210シリーズをメンバーとして動作させることが可能になります。
ファームウェアAW+5.4.4-1.1でサポートした主な機能
SBx81CFC960機能強化
- CFC960を用いたVCS plus構成時の AMFマスター機能とISSU、VRF-Liteとの併用のサポート
- VCS+ MIB & SNMP traps(VCS plus構成を視覚的に管理/運用することが可能です。)
AMF機能強化
- AMF ゼロタッチ・インストレーション
 (対象機器 :x200,x210,x510,x610,x900/SBx908,SBx81CFC400/960)
- AMFメンバープロダクト拡張ライセンス スキップ機能
 (対象機器 :SBx908,SBx81CFC400/960)
Ver.5.4.4-1.1以前のファームウェアをお使いのお客様は、引き続きAMFメンバープロダクト拡張ライセンスのご購入が必要です。
AMF マスター/メンバー間のバージョン互換性に制限が発生しますのでご注意下さい(x200/x210 のみ)。
x200/x210において5.4.4-1.1へバージョンアップする際は、先にAMF メンバーのx200/x210のバージョンアップが必要です。
対象製品(販売中)

製品名

標準価格

キャンペーン価格※1
AT-SBx81CFC960 3,000,000円 2,400,000円
AT-SBx81CFC400 1,617,000円 1,293,600円


PAGE TOP