最新ニュース
What's New
ニュースリリース
ニュースリリース
2015年5月28日
次世代ファイアウォール&VPNルーター
「AT-AR4050S/3050S」をリリース
アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、次世代ファイアウォール&VPNルーター「AT-AR4050S」の出荷を6月4日から開始します。また、あわせて文教市場向けのアカデミック製品もリリースします。
「AT-AR3050S」と「サブスクリプションライセンス()」も順次リリースします。
 AT-AR4050S/AR3050Sのセキュリティー機能を使用する場合は、別途リリース予定の
    サブスクリプションライセンス(時限付フィーチャーライセンス)が必要です。
「AT-AR4050S/AR3050S」は、次世代ファイアウォール搭載のUTM&VPNルーターです。IPsecやL2TPv3などのVPNへの対応や、「アプリケーションコントロール」や「Webコントロール」などの次世代ファイアウォールで必要不可欠なセキュリティーエンジンを搭載し、外部からの攻撃や社内からの情報漏洩を防ぎ、 安全なインターネット接続環境を構築できます。
主な特長
(1)次世代ファイアウォール
従来からの「ステートフルパケットインスペクション」をはじめ、次世代ファイアウォールで必要不可欠のセキュリティーエンジン「アプリケーションコントロール」、「Webコントロール」、「IPレピュテーション(IPアドレスブラックリスト)」「アンチウィルス/ マルウェア(予定)」、「アンチスパム(予定)」を搭載しています。
(2)オールギガ・マルチインターフェース
WANポートに10/100/1000BASE-T×2ポート、SFP×2スロット(コンボ)、バイパスポート×2ポート、LANポートに10/100/100BASE-T×8ポートを搭載し、WAN回線の冗長や、WAN/DMZ構成等の構築が可能です。
(3)高可用性
バイパスポートを搭載し、1本のWAN回線で機器冗長が可能になります。アクティブ側の機器の電源故障を含む機器故障やLAN側ポートのリンクダウン等においてスタンバイ側の機器に切り替えることでダウンタイムを抑えることができます。回線費用を節約しシステム全体の高可用性を向上させつつ、さらに、AMF機能により機器交換のみの迅速な復旧を実現し保守性も向上します。
(4) AlliedWare Plus(AW+)
スイッチ製品「xシリーズ」と共通のOSを採用。機能ごとにモジュール分割されており、単一の障害が与える影響範囲を最小限に抑えることが可能です。これにより、旧来の方式の製品と比べシステム全体の可用性が格段に高まります。
(5)Allied Telesis Management Framework(AMF)対応
AMFとはネットワーク上のスイッチやルーターを仮想的な1台の機器として統合管理することで、管理・運用の「一元化」「簡素化」「自律化」を行い、管理・運用に関わるコスト削減を実現するアライドテレシス独自のネットワーク仮想化機能です。当社xシリーズ・スイッチ製品とファイアウォールであるARシリーズの統合管理が可能になります。
(6)グローバルモデル
日本を含むグローバル共通モデルです。国内での拠点間接続を含め国際間ネットワークの構築も容易になります。
新製品
製品名 標準価格(税別) リリース日
AT-AR4050S 198,000円 6月4日
アカデミック製品
製品名 標準価格(税別) リリース日
AT-AR4050S-T5 198,000円 6月4日


PAGE TOP