最新ニュース
What's New
ニュースリリース
ニュースリリース
2015年9月7日
AlliedWare Plus ファームウェアバージョンアップで機能強化
- SwitchBlade x8100 / CentreCOM x930シリーズ、AMF機能強化 -
アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、マルチレイヤー・モジュラー・スイッチ「SwitchBlade x8100シリーズ」、ユニファイドマネージメント・スタッカブルスイッチ
「CentreCOM x930シリーズ」用のファームウェアAlliedWare Plus (AW+)をバージョンアップし、新ファームウェア「Ver.5.4.5-1.1」の当社ホームページからのダウンロードサービスを9月7日より開始しました。また、ユニファイドマネージメント・スタッカブルスイッチ「CentreCOM x930シリーズ」用AMFマスターライセンス(40メンバー)「AT-x930-FL02/40」、およびx930シリーズ用ACシステム電源モジュール「AT-PWR150-70」を同日リリースしました。
新ファームウェア「Ver.5.4.5-1.1」では、スイッチやルーターを仮想的な一台の機器として一元管理し、設計導入保守コストの大幅削減が可能なアライドテレシス独自のネットワーク統合管理機能AMF(Allied Telesis Management Framework)を拡張し、AMFの適用範囲をさらに拡大します。
ファームウェアAW+「Ver.5.4.5-1.1」で機能強化した主な機能
(1) x930シリーズのAMF管理メンバー数を20台から40台へ拡張(
x930シリーズのAMFマスター機能で管理可能な最大メンバー数が、20台から40台へ拡張されたため、中小規模ネットワークのAMF化を規模に合わせたコストで実現することが可能になります。本拡張に伴い、新製品「AT-x930-FL02/40」(x930シリーズ用AMFマスターライセンス(40メンバー))をリリースします。
)本機能をご使用の際には、新製品「AT-x930-FL02/40」が必須です。
(2)ワイドエリアバーチャルリンク経由で接続しているAMFノードの自動復旧
ワイドエリアバーチャルリンク経由でAMFネットワークに接続しているAMFノードは事前設定を行わないとAMFマスターに接続できないため、自動復旧ができませんでしたが、本バージョンからは隣接するノードの補助により、このようなノードでも自動復旧が可能になります。
[対象製品] x210/ x230/ x310/ x510/ x610/ x930/ SBx908/ CFC400/ CFC960/ AR3050S/ AR4050S
(3)AMFバックアップ先の冗長化サポート
AMFマスター機能において、外部サーバーと内部メディア(SDカード/USBメモリ)両方へのバックアップに対 応します。本機能により、サーバーと内部メディア両方からの復旧が可能となります。
対象製品 (販売中)
製品名 標準価格
AT-x930-28GTX 780,000円
AT-x930-28GTX-T5アカデミック 702,000円
AT-x930-52GTX 1,300,000円
AT-x930-52GTX-T5アカデミック 1,170,000円
AT-x930-28GSTX 780,000円
AT-x930-28GSTX-T5アカデミック 702,000円
AT-x930-28GPX 780,000円
AT-x930-28GPX-T5アカデミック 702,000円
AT-x930-52GPX 1,300,000円
AT-x930-52GPX-T5アカデミック 1,170,000円
AT-SBx81CFC960 3,600,000円
AT-SBx81CFC400 1,940,400円
新製品
製品名 標準価格 リリース日
AT-x930-FL02/40 (x930シリーズ用AMFマスターライセンス(40メンバー)) 600,000円 9月7日
AT-PWR150-70(x930シリーズ用ACシステム電源モジュール) 142,800円 9月7日


PAGE TOP