最新ニュース
What's New
ニュースリリース
ニュースリリース
2015年10月21日
第35回医療情報学連合大会に
先進的でより安心・安全な医療ネットワークソリューションで協力
アライドテレシス株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大嶋章禎)は、11月1日(日)から4日(水)まで 沖縄で開催される「第35回医療情報学連合大会(第16回日本医療情報学会学術大会)」へ協力・参加いたします。 会場内でご来場者がインターネットアクセスにご利用いただける無線LANの提供や、病院ネットワークに関する相談コーナーの提供により大会運営に協力します。
日本医療情報学会が主催する医療情報学連合大会は、医療情報に関心を持つ情報技術系の研究者や病院で実務に従事している医師、看護師、医療情報技師および病院IT担当者が全国から4日間で3,000人が集う学会で、シンポジウムやワークショップ、一般口演等、多数のセッションで構成されます。弊社は本学会において、企業展示のほか、ランチョンセミナー、一般口演への参加、会場ネットワークの提供を行います。
11月2日(月)のランチョンセミナーでは、医療ネットワークで注目を集めている福井大学医学部附属病院准教授 山下芳範氏に、「医療ICTの動向とネットワーク技術動向について」を演題にご講演いただきます。 11月4日(水)の一般口演では、「OpenFlowを利用した事前経路制御」と題して弊社ヘルスケア事業推進室課長 安澤義則より講演させていただきます。
また、会場内の弊社展示ルームにおいて、先進的医療ネットワークソリューションの展示・デモンストレーションを行います。アライドテレシスの運営協力、展示、デモンストレーションは以下の通りです。

■ 会場ネットワークの提供
会場内の主要エリアに無線LAN APを設置し、ご来場者様へPCやスマートフォン、タブレットPCから快適にインターネットをご利用いただける無線LAN環境をご提供します。接続方法は会場内の掲示または会場スタッフへお問い合わせください。

■ 病院ネットワーク無料相談コーナー
院内外のネットワークに関するお悩みやご相談に、ネットワークの専門知識を持ったスペシャリストが応じます。是非ご利用ください。

■ 展示/デモンストレーション(企業展示コーナー)

《電子カルテへのiPadからのリモートアクセス》
福井大学医学部附属病院様のご協力により、HISのプライベートクラウド化された電子カルテへリモートアクセスをご体験いただきます。同院では電子カルテを含むHIS(医療会計、オーダリング等の病院情報システム)サーバー全体の仮想化およびリモートデスクトップ環境の仮想化を実現しており、ブースより実際にリモートアクセスいただけます。

《4K高画質手術映像IP配信システム》
現在主流の4K高画質手術映像をIP配信するシステムを紹介いたします。会場では、脳外科手術の4K高画質映像を展示いたします。

《必見! SDN for SouthSide 「2つのSDN」》
他社にはない最新のネットワーク技術(SDN)を使ったソリューション「SES」と「AMF」の特徴についてご紹介いたします。更にはその2つのハイブリッドネットワークのご紹介と、実際に体験いただけるデモンストレーション展示を行います。

アライドテレシスは、第35回医療情報学連合大会への出展、協力を通じて当社の医療ネットワークソリューションを訴求するとともに、今後も先進的でより安全・安心な医療ネットワークソリューションを展開してまいります。
【第35回医療情報学連合大会】
会期:平成27年11月1日(日)〜11月4日(水)
会場:沖縄コンベンションセンター カルチャーリゾートフェストーネ(沖縄県宜野湾市)
大会テーマ:医療情報の利活用とプライバシー保護 〜二兎を追え〜

■ アライドテレシス ランチョンセミナー
日時 :11月2日(月)12:10〜13:10
講演者:福井大学医学部 附属病院 医療情報部 副部長 / 准教授
総合情報基盤センター 副センター長、情報セキュリティ部門長 山下芳範氏
演題名:「医療ICTの動向とネットワーク技術動向について」
会場 :沖縄コンベーションセンター会議棟B・会議場B2 E会場

■ 一般口演
日時 :11月4日(水)9:30〜11:05
発表者:アライドテレシス株式会社 ヘルスケア事業推進室課長 安澤義則
演題名:OpenFlow技術を利用した事前経路制御
会場 :沖縄コンベーションセンター会議棟B・会議場B2 E会場


PAGE TOP