最新ニュース
What's New
ニュースリリース
ニュースリリース
2015年12月22日
10ギガビット・インテリジェント・スタッカブルスイッチ「AT-DC2552XS」、
AlliedWare Plus ファームウェアバージョンアップで機能強化
- AMFマスター機能に対応。プレミアムライセンスをリリース。 -
アライドテレシス株式会社(本社 東京都品川区、代表取締役社長 大嶋章禎)は、10ギガビット・インテリジェント・スタッカブルスイッチ「AT-DC2552XS」用のファームウェアAlliedWare Plus (AW+)をバージョンアップし、新ファームウェア「Ver.5.4.5-2.1」の当社ホームページからのダウンロードサービスを12月22日より開始しました。また、AT-DC2552XS 用プレミアムライセンス(20メンバー)「AT-x25-FL02/20」を同日リリースしました。
AT-DC2552XSは1/10Gイーサネット接続用にSFP+スロットを48スロット、40Gイーサネット接続用にQSFP+スロットを4スロット実装した10ギガビット・インテリジェントスタッカブルスイッチです。標準でスタティックルーティングに対応し、1,280Gbpsのスイッチングファブリックと最大320Gbpsの広帯域スタック性能を持つため、中〜大規模エンタープライズのコア・スイッチに必要とされる、シャーシスイッチ並みの耐障害性とスイッチング/ルーティング性能を提供します。また、48ポートの高密度1G/10Gポートや4つのQSFP+ポートにより、大規模エンタープライズのディストリビューションスイッチとして、1Gから10Gへの移行や10Gデバイスの集約も1Uのコンパクトな筐体で柔軟に対応することが可能です。
新ファームウェア「Ver.5.4.5-2.1」では、AT-DC2552XSにAMFマスター機能を追加しました。あわせてリリースしたAT-DC2552XS用プレミアムライセンス(20メンバー)「AT-x25-FL02/20」を使用することで最大20メンバーまでの管理が可能なため、小規模10ギガネットワークのAMF化を容易に実現します。また、QSFP+モジュール利用時の40Gポート通信をサポートしました。

QSFP+スロットはVCSでの利用および10G×4モードのみをサポート(40Gbpsスイッチポートとしては未サポート)
ファームウェアAW+「Ver.5.4.5-2.1」で機能強化した主な機能
(1)AMFマスター機能の追加
(2)40Gポート通信のサポート
(対象QSFP+モジュール:AT-QSFPSR、AT-QSFP1CU、AT-QSFP3CU、AT-QSFPLR4)
対象製品(販売中)
製品名 標準価格(税別)
AT-DC2552XS 2,613,600円
新製品
製品名 標準価格(税別) リリース日
AT-x25-FL02/20
(AT-DC2552XS用プレミアムライセンス)
300,000円 12月22日


PAGE TOP