ライブラリー
導入事例
WEBカタログ
プレゼンテーション素材集
製品写真
製品外観図
メール配信サービス
導入事例
イオンモール Jakarta Garden City
ジャカルタの最新エンターテインメントモール、アライドテレシスのソリューションで安全・安心、快適なネットワークを実現
イオンモール Jakarta Garden City
ジャカルタの「イオンモール Jakarta Garden City」は、ショッピングモール内のデータLAN、映像監視カメラネットワークをはじめとする各種ITシステムにアライドテレシス製品を導入。高信頼のネットワークを実現した。
お客様プロフィール
■イオンモール Jakarta Garden City
所在地 : インドネシア共和国ジャカルチャクン
      地区ジャランブールバード
敷地面積 : 約85,000u
延床面積 : 約165,000u
建物構造 : 地上4階、地下1階
開店日 : 2017年9月30日
従業員数 : 約3,000名(うちイオンJGC店
      約430名)
Netmagic Solutions Pvt. Ltd.
URL:http://www.aeonmall-jgc.com
Top
インドネシア2号店となる「イオンモール Jakarta Garden City 」
安全・安心、快適を支えるネットワーク基盤にアライドテレシスを採用
高信頼の製品・ソリューション・サービスでネットワーク基盤をトータルに
サポート
インドネシア2号店となる「イオンモール Jakarta Garden City 」
イオンモール Jakarta Garden City 店内
イオンモール Jakarta Garden City
店内
2017年9月30日にインドネシア国内イオングループのショッピングモールとして2号店となる「イオンモール Jakarta Garden City」がジャカルタ市に開店した。インドネシアの首都ジャカルタ市は、人口1,000万人を超える同国最大の都市だ。東京23区とほぼ同じ面積のなかに約180か所ともいわれる多数のショッピングモールがあり、同国最大の消費地を形成している。「イオンモール Jakarta Garden City 」は、ジャカルタ中心部から東へ約20Kmに位置するジャカルチャクン地区で総合的開発が進む「Jakarta Garden City(JGC)」内に位置する。モールは、核店舗である総合スーパー「イオンJGC店」を中心に、サブ核店舗や専門店227店舗で構成されている。敷地面積約85,000u、延床面積約165,000u、地上4階地下1階の構造の同店は、グランドフロアと1階に70店舗のカフェ・レストラン、3階には約1,300席のフードコート「グルメガーデン」を設置。東ジャカルタNo.1の食の空間を提供している。また、地域の新たなランドマークとなっている大観覧車を屋上に設置するほか、同国で最大級の1,800uのアイススケートリンクや約200席のシネマなど、インドネシアNo.1が揃うエンターテインメントモールを標榜するショッピングモールだ。
Top
安全・安心、快適を支えるネットワーク基盤にアライドテレシスを採用
店内のデジタルサイネージ
▲店内のデジタルサイネージ
ピープルカウンター用監視カメラ
▲ピープルカウンター用監視カメラ
同モールのネットワークの構築にあたっては、映像監視カメラネットワークをはじめ、入口・通路などで訪問客の人数をカウントするピープルカウンターや、共用通路に設置された30台に及ぶデジタルサイネージシステム、ビルディングマネージメントシステム、パーキングシステムなど、モール内のほぼすべてのITシステムにわたるため、複数のベンダーの提案に対し慎重な検討が行われた。その結果採用されたのがアライドテレシスの製品、サービスだ。PT. AEON MALL IndonesiaのIT機器担当者は、採用理由について、「製品の信頼性、コストパフォーマンス、他国のAEON MALLでの実績、ネットワーク設計などの技術支援などを総合的に評価して選定しました」と語る。ネットワーク構成は、データLANシステムに、UTM&VPNルーター「AT-AR4050S」を2台導入し冗長構成を図っている。コア・スイッチにはギガビット・インテリジェント・スタッカブルスイッチ「AT-x510-28GSX」を2台導入し配下のギガビット・スイッチとVCS(Virtual Chassis Stacking:バーチャルシャーシスタック)によるスタック接続とリンクアグリゲーションで冗長化と広帯域化を図っている。VCSは複数台のスイッチを専用のスタックケーブルで接続することで、スイッチ間でコンフィグ・ファームウェア・FDB(Forwarding DataBase)・L2/L3テーブル情報などを同期し、複数台のスイッチが仮想的に一台のスイッチとして動作する機能だ。そのため、負荷分散型冗長ネットワークをシンプルに実現できる。VCSグループの各スイッチはすべてアクティブ状態で動作するため、負荷分散とともに効率化も実現することができる。また、映像監視ネットワーク、ピープルカウンターネットワークにも「AT-x510シリーズ」を導入しており、配下のアクセス・スイッチとの間でVCS接続による冗長化を図っている。さらに、今回の導入では、製品のみならず、機器の設置設定・試験・配線などの構築作業もアライドテレシスが行っている。
Top
高信頼の製品・ソリューション・サービスでネットワーク基盤をトータルにサポート
PT. AEON MALL Indonesia Supervisor IT Facility Ishak Thalib 氏
PT. AEON MALL Indonesia
Supervisor IT Facility
Ishak Thalib 氏
ネットワークの構築は、2017年1月から開始され9月に完了。9月30日の開店初日には約11万人が訪れたという。導入後、ネットワークシステムは安定稼働しており、盛況を呈するショッピングモールの運営を支えている。今回の導入について、PT. AEON MALL Indonesiaの IT機器担当者は、「導入してから現在まで、ネットワークの問題は発生していません。アライドテレシスの製品は安定稼働しています。また、技術支援についても、IT他社ベンダーからも信頼を得ており、その点でもアライドテレシスを評価しています」と語る。また、今後の展望について、「今後、東南アジアにおいて、新規モールの構築が複数決定しており、本案件のように技術支援を含めて、アライドテレシスの協力が必要になると思います。今後もサポートをお願いします」と語る。
アライドテレシスではこれからも、東南アジアにおけるイオンモールの顧客サービスを支えるネットワークを、高信頼の製品やソリューション、サービスの提供を通じて、積極的にサポートしていく。
Top
ネットワーク構成図
導入事例一覧へ


PAGE TOP