ライブラリー
導入事例
WEBカタログ
プレゼンテーション素材集
製品写真
製品外観図
メール配信サービス
導入事例
十日町市役所
地域イントラネットの大規模リング型ネットワークを支える、
SwitchBlade x908/CentreCOM x900シリーズ
十日町市役所
十日町市では、5つの庁舎と、十日町市内にあるサーバー設置施設を結ぶ地域イントラネットの大規模リング型ネットワークを再構築した。SwitchBlade x908/CentreCOM x900シリーズを導入し、シンプルでセキュア、高信頼なリング型ネットワークを実現している。
プロフィール
■新潟県十日町市役所
所在地:新潟県十日町市千歳町三丁目3番地
面 積:589.92ku
人 口:58,418人(平成25年4月末現在)

十日町市は、新潟県の南部に位置する。日本三大峡谷「清津峡」、美しく広がる棚田、日本三大薬湯「松之山温泉」など、自然豊かで、魚沼産コシヒカリの産地としても知られる。国宝「火焔型土器」も出土した。
http://www.city.tokamachi.lg.jp/
Top
芸術系イベントで注目を浴びる十日町市
リング型ネットワークによる大規模地域イントラネット
SBx908/x900シリーズのVCSとEPSRによるリング型ネットワークで地域イントラネットを再構築
情報系と教育系の統合と、2系統のネットワークの相乗りをセキュアに実現
マイナンバー制度への対応など、高度化する自治体の情報化を支えるネットワークソリューションに期待
芸術系イベントで注目を浴びる十日町市
十日町市役所 総務部総務課 情報システム係 係長 樋口正彰氏
十日町市役所
総務部総務課 情報システム係
係長 樋口正彰氏
魚沼産コシヒカリの産地として知名度が高い十日町市では、3年に一度「大地の芸術祭」が開催され、県内外から注目を集め、地域活性化として実績をあげている。十日町市役所の総務部総務課情報システム係樋口正彰係長は、「このイベントでは、街や山など市内のさまざまなところに作品を展示します。他に、『石彫シンポジウム』という取り組みもあります。10数年前から行っている活動で、石を削ってオブジェを作り、街中に飾るというものです」。また、十日町市はICTの利用にも積極的だ。自治体として国内初となる情報発信事業の「とおかまちナビ」は、スマートフォンを街や風景にかざすと、画面にその場所の説明などの情報が重なって見えるサービスである。「例えば、観光客が作品の前で、“Layar(レイヤー)”というスマートフォン向けのARアプリを使うと、作品の紹介がスマートフォンに表示される仕組みです」(樋口氏)。
Top
リング型ネットワークによる大規模地域イントラネット
十日町市は、2005(平成17)年4月1日に中魚沼郡川西町・中里村、東頸城郡松代町・松之山町の4町村と合併したが、地域イントラネットは合併後に構築された。樋口氏は、「合併までは、それぞれの市町村が独自にネットワークを組んでいました。合併時に一旦民間キャリアの回線を利用しネットワーク網を構築しましたが、合併以前から取り組んでいた十日町地域情報化基本プランのもと2006年3月に5つの庁舎と、十日町市内にあるサーバー設置施設の計6ヵ所の拠点を結んで、地域イントラネットを構築しました。安定性やセキュリティー、効率などの面から機能別に分けた結果、基幹系、情報系、教育系、防災系の4つの系統のネットワークとなりました」と語る。

基幹系ネットワークは、住民記録や税務処理、戸籍などの住民サービス提供用に使用している。情報系ネットワークは、職員が日常業務の中でサーバーにデータを保存したり、グループウェアなどで使用している。教育系ネットワークは、域内の小学校23校・中学校10校の合計33校の教職員や生徒の授業で使用している。防災系ネットワークは、地域消防組織(十日町地域消防本部)が主に利用するネットワークとなる。
Top
SBx908/x900シリーズのVCSとEPSRによるリング型ネットワークで地域イントラネットを再構築
ラック内のSBx908
ラック内のSBx908
2006年に構築された地域イントラネットだが、その後システムも老朽化してきたため、2012(平成23)年にレイヤー3スイッチを含めネットワークを更改することになった。更改の理由について樋口氏は、「当初のL3スイッチは9Uと非常に大きいもので、サーバーラックを半分近くも占めていました。老朽化で効率も悪く、もっと効率的でスリムな機器を導入し、ネットワークも見直すことにしました」と語る。

市では更改の要件について検討した結果、これまで物理的に独立していた情報系・教育系ネットワークを統合し、論理的に利用形態を分離することとした。その理由について樋口氏は、「現場の業務内容は、教育系業務と情報系業務が重複することが少なくないのです。従来のように物理的に独立していると、たとえば、情報系で管理業務をしている人が、教育系のサーバー側にアクセスして業務を行いたいなど、業務の内容によって端末を変えないと作業できないことがあり、効率の悪さが指摘されていたからです」と語る。
Top
情報系と教育系の統合と、2系統のネットワークの相乗りをセキュアに実現
ラック内のx900-24XT
ラック内のx900-24XT
構築、管理・運用を担当した株式会社オスポック ソリューション本部ICTサービス部 村山篤氏は、「基幹系のL3スイッチに採用したのは、アライドテレシスのx900-24XTです。基幹系は、個人情報を扱う非常に重要なネットワークなので、万一のトラブルが起きても対応できるように機器の冗長化をご提案しました。情報系・教育系にはSBx908を採用、ポート数の柔軟性等を確保しつつふたつのネットワークを統合し、VLANにより情報系・教育系のネットワークを分割しました。これによりセキュリティーを確保しながら、情報系と教育系のネットワークを超えての相互乗り入れを実現しました。また、両系統の回線を統合することにより、経路の冗長化と2Gbpsの広帯域を確保するネットワークをご提案しました。帯域は情報系・教育系で共有して、柔軟で効率のよい使い方ができるように設計しています」と語る。また、村山氏は、「SBx908シリーズのポリシーベースルーティング機能により、IPアドレス、TCP/UDPポートなどの条件に基づいて、パケットの転送先を振り分けることができます。例えば、インターネット接続は送信元が情報系であれば情報系のファイアウォールを経由し、教育系であれば教育系のファイアウォールを経由するという形で、送信元に応じてネットワークの振り分けが可能です。一方、ネットワーク間の通信については、ハードウェアI Pフィルタを設定することで、VLANで分けたネットワーク間で、安全に通信することが可能です」と語る。

新システムの運用状況について樋口氏は、「問題なく稼動しています。ネットワーク機器は、サーバーと違って目立たないものです。動いて当たり前で誰も意識しません。しかし、血管と同じように一度切れるとその影響は非常に広範囲に及びます。今回のシステム更新についていえば、トラブルもそれほど起こらず、ユーザーが意識しないで使えているということは、良いシステムを入れていただいたと自治体側としては感謝しています」と語る。
Top
マイナンバー制度への対応など、高度化する自治体の情報化を支えるネットワークソリューションに期待
地域イントラネットの今後の展望について樋口氏は、「情報系と教育系の相互乗り入れのような、ネットワークを越えたやり取りは、今後ますます増えていくと考えられます。例えば、マイナンバー制度の導入への対応や、LGWANの利用の増加です」と語る。マイナンバー(共通番号)制度は、2016(平成28)年からの利用が予定されている。また、LGWAN(総合行政ネットワーク:地方自治体を相互接続する広域ネットワーク)は電子メール、電子掲示板などの基本的サービスのほか、電子文書の安全なやり取りを実現したり、行政用のASPサービスが提供されている。十日町市では公的個人認証業務等で個人情報を扱う性質から基幹系ネットワークに接続しているが、自治体職員同士の情報交換や地方税ポータルシステム「eLTAX」など行政向けサービスでのLGWAN利用が拡大している。樋口氏は、「市職員は3年ほど前からメールアカウントを市独自のものから、LGWANの『lg.jp』ドメインに切り替えました。市職員が他自治体にメールを送る場合には、必然的にLGWAN経由となり、基幹系ネットワークを経由する必要が出てきました。基幹系と情報系を物理的に分けている十日町市では、この状態をキープしつつセキュアにつなぎこまなければならないというケースが今後も増えていくと思われますので、弾力的に運用することが必要です」と語る。

また、樋口氏は「防災系ネットワークについても、現在、全国瞬時警報システム「J-ALERT」とつながっていますが、要援護世帯や避難ができない人がどこにどのくらいいるのかという住民情報は、基幹系から持ってこないとわからないのです。そうなると、防災系も独立のままでは非効率になる可能性もあります。自治体のネットワークを取り巻く環境、世間の動きは、その設計当初に比べて大きく変わってきていると思われます。時代に合わせた新しい技術で、セキュアな環境を保ちつつ共存できるような形ができれば、自治体としてもありがたいと思います」と語る。

十日町市の地域イントラネットを支えるアライドテレシスのネットワークソリューションが期待されている。(取材:2013年5月)
Top
ネットワーク構成図
パートナー様プロフィール
株式会社オスポック ソリューション本部ICTサービス部 部長 村山 篤氏
株式会社オスポック
ソリューション本部
ICTサービス部
部長 村山 篤氏
■株式会社オスポック

所在地::新潟県十日町市馬場癸1536-157

自治体向け業務(特に基幹系業務、内部情報系業務) において高い技術力を有し、システム導入における提案 から開発・構築、アフターサポートまでのトータルサポートを提供している。

http://www.osppoc.com/
導入事例一覧へ


PAGE TOP