ライブラリー
導入事例
WEBカタログ
プレゼンテーション素材集
製品写真
製品外観図
メール配信サービス
バックボーンネットワーク構築編
バックボーンネットワークとは
ファーストイーサネットによるバックボーン構築
ファーストイーサネットバックボーン構築例
ギガネットイーサネットバックボーン構築
ギガビットイーサネットバックボーン構築例
バックボーンネットワークとは
バックボーンネットワーク(以降バックボーンと呼ぶ)とは、ビルのフロア間やキャンパス内の棟間を結ぶ基幹ネットワークです。バックボーンの配下には、複数のワークグループネットワ ーク(以降ワークグループと呼ぶ)がフロア単位や学部棟単位に構成されています。バックボーンは、ワークグループ同士を結ぶ共有経路であり、またインターネットへの出口としても利用されるため、基本的にワークグループよりも高速で広帯域なネットワークとして位置付けられます。

バックボーンの構築は、これまで10BASE5(同軸ケーブル、イエローケーブルとも呼ぶ)を 利用するバス型(一本の幹線に複数端末を接続する配線形態)が主流でしたが、最近では高速なスイッチ(スイッチングHUB)自身をバックボーンに見立てて、スター型(HUBを中心に複数端末を接続する配線形態)に配線することが多くなっています。
この理由としては、以下の3点によるところが大きいと考えられます
(1) 高速技術を取り入れたスイッチをバックボーンとするため、スイッチの入れ替えで高速化、広帯域化を図ることができる。
(2) ケーブル配線が容易なツイストペアケーブルを用いることができ、柔軟で拡張性の高いネットワークを構築できる。
(3) スイッチに装備されたネットワーク管理機能を利用することで、バックボーンのリモート管理やメンテナンスを容易に行うことができる。
 
ファーストイーサーネットによるバックボーンの構築
スイッチでバックボーンを構成すれば、ある程度のパフォーマンス向上は図れますが、10Mbpsに対応したスイッチではいずれ限界がきます。そこで、バックボーンに高速性を持たせるためにファーストイーサネットを導入します。このファーストイーサネットは、現在の高速テクノロジーの中でも導入方法が簡単で、かつコストメリットにも優れています。10Mイーサネット機器の10倍の帯域(100Mbps)を数倍のコストで得ることができ、加えてスイッチング技術を利用した全二重通信(Full Duplex)では、1つのポートで200Mbpsの帯域を実現できます。また、従来の10Mイーサネットのフレーム形式、通信方式を継承しているため、既に構築、運用されているネットワーク資産(ハードウェア、ソフトウェア)を有効に利用することが可能です。

実際は、100Mbps対応スイッチをバックボーンとして導入するわけですが、最近のほとんどの製品は、スイッチのポート単位で10/100M自動認識(オートネゴシエーション機能とも呼 ぶ)の機能を装備しています。これにより、既存10Mbps環境から100Mbps環境への移行が容易に実現できるのです。
ファーストイーサネットのケーブルタイプ
ファーストイーサネットには、ツイストペアケーブル(UTPケーブルとも呼ぶ)のカテゴリ5を利用する100BASE−TXと、光ファイバーケーブルを利用する100BASE−FXがあります。
規格 100BASE-TX 100BASE-FX
帯域幅(Mbps) 100(全二重の時: 200)
ケーブル UTPカテゴリ5 シングルモードファイバー(SMF)
マルチモードファイバー(MMF)
最長距離(m) 100 412(半二重の時)※
2000(全二重の時)※
接続形態 スター型
標準化委員会 IEEE 802.3u
  ※スイッチ間接続、 マルチモードファイバー使用時
従来の10Mbps環境では、ツイストペアケーブルのカテゴリ3(10Mbps対応)で配線し、高速な100Mbps通信を必要とするバックボーン配線に高品質なカテゴリ5(10Mbps、100M bps両方に対応)を利用するのが主流でした。しかし最近では、近い将来の高速化を想定し て、バックボーンに限らずワークグループにおいても、10Mbps環境にはじめからカテゴリ5 を配線する傾向が強くなっています。また、光ファイバーケーブルは、主にバックボーンとの接続など、ツイストペアケーブルでは不可能な長距離配線に多く利用されます。ケーブルにはシングルモードとマルチモードの2タイプがあり、シングルモードはマルチモードよりもコストが高い分、配線距離が長くなります。(全二重通信でシングルモードは10Km以上、マルチモードは2Km)。一般的に普及しているのは、安価なマルチモードの方です。
100Mスイッチによる配線メリット
100Mスイッチと100MHUBでのケーブル配線の比較をします。バックボーンをポート数の拡張、トラフィックの分散を考慮して、HUBまたはスイッチを2台並列に配置させ、その配下にワークグループを収容する構成を例にした場合、100MHUBでは、HUBとHUB間のカスケード接続に5mの制約を受けます。一方、100Mスイッチはカスケード接続の段数制限をクリアするため(スイッチは通信パケットを内部メモリにバッファリングするのでカスケードの制約を受けません)、100Mスイッチからの接続距離は全てのノードに対してツイストペアケーブルの最長距離=100mが適用されます。従って、100Mスイッチでは、スイッチとスイッチ間は100mまでの接続が可能です。
100MB HUB/スイッチによる配線
また、別棟などへ長距離配線する場合も同様です。光ファイバーケーブルを用いて配線を行いますが、100MHUBの場合、HUBとHUB間、HUBと端末間、全て光ファイバーケーブルで接続したとしても228mまでとなります。100Mスイッチの場合は、全二重通信が可能なので、スイッチ間で2kmまでの接続が可能です。しかも通信帯域は200Mbpsとなるので、100MHUB以上に棟間の通信を高速化することが可能です。
100Mスイッチによる光ファイバー配線
配線以外での100Mスイッチのメリットとしては、ポート配下のワークグループ内トラフィックを他ポートに流出させないことや、各ワークグループ間を100Mbps 通信できること、また既存10Mbpsとの接続が可能であることなどが考えられます。100MHUBは100Mポート付10Mスイッチ同様に、ワークグループの高速化に利用し、100Mスイッチの配下に構成するのがよいでしょう。ファーストイーサネット技術をバックボーンに取り込む場合、スイッチング技術も同時に取り込むことが導入時の必須条件と言えます。
ネットワークを柔軟に分割できるバーチャルLAN
スイッチは不要なパケットを他のポートに流さないので、ネットワークの負荷を軽減させること ができます。但し、パケットの流出を防ぐことができるのは、宛先が決まっている通信パケット (ユニキャストパケットと呼ぶ)のみです。宛先が不特定な通信パケット(ブロードキャストパケ ットと呼ぶ)は、他の全てのポートに流出させてしまいます。このブロードキャストパケットが届 く範囲は通信が可能な範囲で、逆にブロードキャストパケットが流れない範囲とは通信ができないことになります。スイッチには、このブロードキャストパケットの届く範囲を制限し、通信可能な範囲を論理的に分割できるバーチャルLAN(以降VLANと呼ぶ)という機能を持っているものが有ります。VLANの設定にはポートベース、アドレスベース、プロトコルベースなどいくつかの方法がありますが、最も利用頻度の高いポートベースVLANについて簡単に説明します。

ポートベースVLANとは、スイッチの接続ポートをグルーピングすることで、そのグループ単位にネットワークが分割されます。もちろん、ポートひとつひとつを別々のネットワークとして分割することも可能なので、16ポート装備スイッチの場合、最大16個のネットワークに分割することができるわけです。この場合のVLAN分割は全てスイッチのポート単位で一元的に管理されるので、VLAN分割を変更する時はスイッチの設定のみで対応することが可能です。

(VLANの詳細についてはネットワーク機器講座スイッチ編をご覧下さい)

このVLAN構成では、フロア内の端末同士の通信は可能ですが、フロア間を流れる不必要な パケットは完全に遮断されます。フロア間(VLAN間)を通信させる場合は、スイッチのルーティング機能を利用し、該当するポートのみに必要なパケットを流します(VLAN間ルーティング機能)。これ らの機能を持つスイッチは、ブロードキャストパケットを必要と思われるVLANにのみ高速転送するので、これまでのスイッチ(ユニキャストパケットのみ制御するスイッチ)以上に高効率なネットワーク環境が構築できます。バックボーン構築には、高速性に加えて、ワークグループトラフィックをより局所化できるVLAN機能(VLAN間ルーティング機能)も重要なファクターと言えます。
  バーチャルLAN
ファーストイーサネットバックボーンの構築例
以上の構築のポイントを踏まえた上で、ファーストイーサネットバックボーンの構築例を紹介しましょう。 前提となる構築環境は各フロア毎に100台以上の端末が接続され、各フロア内の端末は、別フロアに集中配置されたワークグループサーバーへバックボーン経由でアクセスを行なっています。フロア内端末は、基本的に同一サーバーへのアクセスが殆どですが、他のワークグループサーバーへのアクセスも定期的に行われています。各フロア内(ワークグループ内)は低トラフィックですが、バックボーンは各フロア内端末からのサーバーアクセスが頻繁に発生するため、高トラフィックになっています。また、別棟にもワークグループネットワークがあり、各フロア端末同様、ワークグループサーバーにアクセスを行なっています。
ファーストイーサネット・バーチャルLANバックボーン
構築のポイントは、各フロアと別棟毎に100MスイッチでVLANを構成することです。各VLAN内には、100Mポート付き10Mスイッチを設置してワークグループを構成します。別棟へは光ファイバーで長距離配線を行い、全二重通信の200Mbpsで棟間を高速化します。ワークグループとワークグループサーバーを同一VLANとすることで、これらの間は高速なスイッチング処理を行ないます。また他のワークグループや共有サーバー間とは高速なルーティング処理を行なうことで帯域分割、トラフィックの制御が可能となります。バックボーンにVLAN間ルーティング機能を装備した100Mスイッチを利用することで、複数ポートを持つ高価なルーターを外付けする必要がなく、またワークグループサーバーを一個所に設置することでサーバーの集中管理が実現できます。
ギガビットイーサネットバックボーンの構築
ギガビットイーサネットは、これまでの10Mイーサネット、100Mファーストイーサネットと同様のフレームフォーマット、フレームサイズ、CSMA/CDアクセス方式を用いた1000Mbps(1Gbps)の帯域を実現する高速技術です。基本的な技術は従来のイーサネットと変わらないため、既存イーサネットとの相互接続、拡張が容易で、構築に伴う新たな技術トレーニングや管理ツールを入れ替える必要もありません。ギガビット技術をネットワークのバックボーンに用いることで、アップグレード時の投資コストを最小限に抑えながら超広帯域なバックボーンネットワークが実現可能です。最近注目を浴びているレイヤー3スイッチ(ネットワークアドレ スを元に高速ルーティング処理を行なうスイッチ)にもこのギガビット技術が用いられています。 これは、VLAN間の通信をルーティング処理させるもので、従来はルーターと呼ばれる機器でソフトウェア的にCPU処理していましたが、その処理をASIC(Application Specific IC)化することで高速ルーティング処理をハードウェア的に実現します。これまでルーターが担っていたルーティング処理を、ギガビットスイッチで実現することができます。高速バックボーンの構成として多いのが、社内LANの中心に100Mスイッチもしくはギガビットスイッチを用い、インターネットアクセスなどWAN側の部分にルーターを導入するケースです。今後、数百台の端末で利用する大規模ネットワーク環境や、ボイス、静止画、動画などのデータを取り扱うマルチメディア通信環境では、特にギガビットスイッチの導入が増加すると考えられます。
光ファイバーケーブルによる配線距離
ギガビットイーサネットで利用するケーブルには大きく分けて光ファイバーケーブルとUTPケーブルの2つがありますが、現在主流となっているのは光ファイバーケーブルです。 光ファイバーケーブルには、マルチモードファイバー向けに波長850nmの短波長レーザーを用いる短波長方式(1000BASE−SX)とマルチモードとシングルモードファイバー向けに波長1300nmの長波長レーザーを用いる長波長方式(1000BASE−LX)があります。ギガビットイーサネット規格のIEEE802.3Zでは、使用する光ファイバー毎に伝送距離が規定されています。
ファイバタイプ コア径 帯域(MHz・km) 伝送距離(m)
(短波/長波) 1000BASE-SX 1000BASE-LX
マルチモード 62.5μm 160/500
200/500
2 to 220
2 to 275
2 to 550
2 to 550
50μm 400/400
500/500
2 to 500
2 to 550
2 to 550
2 to 550
シングルモード 9μm 2 to 5000
配線距離が550m以内であれば1000BASE−SX、それ以上(5Km以内)の配線距離の場合は1000BASE−LXを利用することになります。また、マルチモード光ファイバーを使用する場合、周波数帯域毎に距離が規定されていることにも注意をする必要があります。ギガビットでネットワークを構築するには、このように光ケーブルのタイプやコア径、周波数帯域により伝送距離が異なるため、実環境の配線距離を十分考慮した上で、最適なケーブルを選定する必要があります。また、配線距離に応じてギガビットスイッチにも選択肢があり、1000BASE−SX、1000BASE−LXの2タイプが用意されています。長距離配線用のLXタイプはSXタイプよりも価格が高くなります。
 
ノンストップバックボーンを実現するギガビットスイッチの耐障害性機能
バックボーンを構築する際には、高速化を図ることは言うまでもありませんが、もう一つ十分検討しなければならないのが耐障害性です。バックボーンはワークグループ同士を結ぶ共有経路であるため、バックボーンで発生する障害が及ぼす影響は計り知れません。バックボーンのリンクダウンによって部門間アクセスやバックボーンサーバーアクセス、インターネットアクセスが途絶えると、部門内だけでなく、全社業務が停止してしまう恐れが多分にあります。ギガビットスイッチは、企業LANの中核を成すバックボーンスイッチとして位置付けられる為、多くの機器でこの耐障害性を意識した機能が装備されています。
(1) ロードシェアリング機能
スイッチ間で複数の物理リンクを束ねて一本の論理的なリンクとして扱うことで、スイッチ間の帯域幅をこれまで以上に広帯域化することができます。例えば、ギガビットで言えばスイッチ間は1本のリンクで1Gbpsですが、2本まとめて2Gbpsの帯域を実現することが可能です。万一、この束ねたリンクのどれかが断線したとしても、残りの物理リンクで運用を継続できるので障害対策として有効です。この機能を利用すれば、バックボーンスイッチ間の高速化を図りながら、リンクダウン対策も兼ねることができます。
  ロードシェアリング機能
(2) デュアルホーミング機能
  スイッチの物理インターフェースとして、メインポート(通常使用するポート)とリダンダントポート(バックアップ用のポート)が装備されており、接続先をそれぞれ異なるスイッチに接続することで、冗長アップリンクの形態をとります。論理的には、メインポートがアクティブリンクとして送受信を行い、ケーブルの断線や対向スイッチの障害によってリンクダウンが発生すると、もう片方のリダンダントポートがスタンバイからアクティブに切り替わってアップリンク接続を継続します。スイッチは電気的な瞬断を検知して瞬時にリンクパスを切り替えます。これによって、障害に非常に強いバックボーンネットワークが構築できます。
  デュアルホーミング機能
(3) スパニング・ツリー・プロトコル(STP)機能
STP機能に対応したスイッチでループを構成することにより、通信経路の二重化を図ること ができます。物理的にはループ構成となる為、任意の端末からは経路が2つに見えますが、論理的にはスイッチ間で接続されたポートのいずれか1つがブロッキング状態となっているため、経路は1つとなります。ループを構成したスイッチがダウンしたり、通信不能になると、今までブロッキングされていたポートがフォワーディング状態に切り替わり、別経路で通信を継続できるようにします。主にこの機能は、100Mスイッチやギガビットスイッチなどに標準装備 されており、ワークグループからバックボーンスイッチに対しての経路の二重化で多く利用されています。
  スパンニング・ツリープロトコル機能/ダイナミック・ルーティングプロトコル機能
(4) ダイナミックルーティング・プロトコル機能
ルーティングプロトコルと呼ばれる機能(主にRIP)によってスイッチ(ルーティング機能装備)間で経路情報の交換を行い、スイッチ内部のルーティングテーブル(経路情報テーブル)を自動的に更新します。ルーティングプロトコルは、定期的またはネットワーク構成の変化をきっかけにスイッチ間で情報交換を行ないます。これによってネットワーク障害による経路の閉鎖に対して有効な迂回経路を見つけることができるので、通信を継続することが可能です。バックボーンスイッチのトライアングル構成時に多く利用される機能です。
VLAN構築を容易にさせるタギングVLAN
VLANとは通信可能な範囲を論理的に分割する機能です。その中で、さらにVLANの構成に柔軟性をもたせ、ケーブル配線の流用度を高めた「タギングVLAN(IEEE802.1Q VLAN)」と呼ばれる設定方法があります。このタギングVLANとは、イーサネットフレームにVLANを識別する“VLAN ID”のタグを付け、そのタグ情報をスイッチが認識し適切な同一VLANに転送するものです。タギングVLANに対応したスイッチ2台を1本のケーブルで接続し、スイッチ2台を挟んでVLAN-AとVLAN-Bがそれぞれのスイッチ配下に設定されている場合、左側スイッチのVLAN-Aから右側スイッチの同じVLAN-Aに通信することを想定してみます。 左側スイッチがVLAN-Aからのフレームを受信した時点でVLAN-AのVLAN IDがフレームに付加されて、右側スイッチに転送されます。それを受け取った右側スイッチは、フレームのタグ情報を見て、VLAN-Aからきたフレームとして認識し、タグを外した上で配下のVLAN-Aに転送します。スイッチ間の接続ポートはVLAN-A、VLAN-Bの共通ポートとして設定、認識されます。
  タギングVLANのネットワーク構成
ポートベースVLANを例に比較をすると、ポートベースVLANは、スイッチのポートをグルーピングしてそのグループ毎にネットワークを分割しますが、スイッチ間で複数のVLANを共有する場合、スイッチ間にVLANの数だけリンクを張らなければなりません。これをタギングVLANで行なうと、VLAN IDで識別される異なるVLANのフレームがスイッチ間の1本のリンクを共有するため、リンクを複数張る必要がなくなります。タギングVLANのメリットには、VLANの設定をする際に、必要とするVLAN数やスイッチ間のリンク数を意識することなく設定できること、またVLAN分割の変更に伴う配線の引き直しが無くなることがあります。タギングVL ANはIEEEの標準規格であるので、基本的に他メーカー同士でのVLAN間接続も実現されています。
トラフィックに優先度を与えるQoS機能
ギガビットスイッチにはネットワーク上を流れるデータに優先度を与え、また帯域の割り当てを行えるQoS(Quality of Service)機能というものがあります。これを利用すると、マルチメディアデータなどの大容量で瞬間的な転送が要求されるトラフィック処理を飛躍的に向上させることができます。具体的には、VLAN、宛先MACアドレス、受信ポートなどのトラフィックタイプに応じてQoSを設定しますが、これらのタイプに優先度と帯域幅(例:最小帯域幅 30%、最大帯域幅 80%)を割り当てます。ギガビットスイッチは、このQoS設定に従い、受信したトラフィックが使用できる帯域を制限し、優先度付けするとともに、優先度に基づいて転送処理を行います。優先度の低いトラフィックも取り残されることなく割り当てられた最低限の帯域を使用することができます。バックボーンネットワークを構築する上で、広帯域化はもとより、定常的な帯域幅の確保やデータの優先度なども、快適なネットワークシステムを運用する一要素として必要不可欠であると言えます。
ギガビットバックボーンの構成パターン
ギガビットスイッチは、全てギガポートを持つタイプ(以降マルチギガスイッチと呼ぶ)と10/100Mポートをべースにアップリンクとして少数のギガポートを持つタイプ(以降10/100Mスイッチと呼ぶ)とに大きく分けられます。ギガビットスイッチを利用してファーストイーサネットまたはイーサネットによる既存バックボーンをギガビットバックボーンへアップグレードするための構成には、次の3パターンが挙げられます。
(1) デイジーチェーン構成
この構成は2台の10/100Mスイッチを利用します。既存環境とは10/100Mポートで接続し、アップリンクのギガポートはスイッチ間を対向接続します。 また、現状ギガビットの必要 性がない場合は、まずUTPケーブルで100Mbps(全二重で200Mbps)で接続し、ギガビットが必要となった段階で光配線をスイッチ間に敷設してギガ接続します。 さらにトラフィックが増大し、スイッチ間処理が1Gbpsでは間に合わない場合は、ロードシェアリング機能を利用して2Gbps以上の超広帯域化を図ることも可能です。スイッチ間を段階的に広帯域化しボトルネックを解消できるため、トラフィック状況に応じた帯域の割り当てができます。
  デイジーチェーン構成
(2) トライアングル構成
この構成は3台の10/100Mスイッチを利用します。アップリンクのギガポートを2ポート利用してループ状に相互に接続します。残ったギガポートにギガビットサーバーを接続することで、サーバーの分散配置によるトラフィックの分散化が図れます。また、3台のスイッチの10/100Mポートには既存ワークグループを接続し、ワークグループとバックボーンの相互接続を行います。ループ状に構成されたスイッチ間では、スパニングツリーやダイナミックルーティング(RIP)を利用し、リンク障害に対応したノンストップバックボーンを実現できます。
  トライアングル構成
(3) スター(ツリー)構成
この構成は1台のマルチポートギガスイッチと複数台の10/100Mスイッチを利用します。スター型の頂点にマルチポートギガスイッチを配置し、各フロア、部門ごとのワークグループに10/100Mスイッチを置き10/100Mスイッチ配下で既存環境と相互接続を行います。マルチポートギガスイッチと10/100Mスイッチ間はギガビット接続を行い、複数のリンクを束ねるロードシェアリング機能の活用によって、スイッチ間の帯域拡大と信頼性向上を図ることが可能です。ギガビットサーバーはトラフィック要件に応じてどちらのスイッチにも配置できますが、全社サーバーやイントラネットサーバーは広帯域なマルチポートギガスイッチに、部門サーバは10/100Mスイッチ配下に配置してトラフィックの分散化を図るのが基本となります。
  スター構成
ギガビットイーサネットバックボーンの構築例
以上のポイントを踏まえた上で、ギガビットバックボーンの構築例を紹介しましょう。
構築例1〜研究機関におけるネットワークインフラの構築〜
前提となる構築環境は、実験棟と研究棟の2つの隣接した建屋に分かれた研究施設におけるネットワークです。研究テーマは大きく3つに区分けされ、実験棟には実験設備や解析用コンピューターシステムなどをもつ実験室があり、研究棟にはテーマ毎に研究室があります。作業形態として、実験室内で研究実験と解析を行い、研究室では実験棟での解析結果の参照や分析情報の収集、再分析処理を行ないます。各テーマ毎の実験棟と研究棟間のトラフィック は頻繁ですが、テーマ間の情報交換は殆どありません。
研究機関におけるネットワークインフラの構築
ネットワーク構成は、実験棟と研究棟のバックボーンスイッチとして、マルチポートギガスイッチを1台ずつ配置します。両建屋間は光ファイバーケーブルで接続し、ロードシェアリング機能によって2Gbpsの超広帯域を確保します。実験棟は、マルチポートギガスイッチからUTPケ ーブルで各テーマ毎に配置したギガビットアップリンクの10/100Mスイッチに1Gbpsで接続します。実験棟の端末は、10/100Mbpsの自動認識ポートに直接接続して全二重通信の高効率な環境を実現し、研究棟では、さらにデスクトップスイッチを各部屋単位に配置します。VLANはテーマ単位にポートベースの3つのVLANを設定します。マルチポートギガスイッチ間は、タギングVLANで建屋を介した3つのVLANを1本に集約して(共有して)運用します。

ネットワーク上での実験室の端末は、情報源としてサーバー的な役割をもっています。バックボーンを介したアクセスが多発するのでボトルネックを作らないよう、10/100Mスイッチポートに直接接続します。一方研究棟は、ポート数を持たせるためにデスクトップスイッチをカスケード接続しますが、扱うデータが大容量であることから、デスクトップスイッチは100M対応のものを配置します。マルチポートギガスイッチ間の接続は、障害によって物理的なリンクが1本切れても他方のリンクが運用を継続できるよう、ロードシェアリング機能で耐障害対策を施します。
構築例2 〜広大な敷地に展開する企業の基幹ネットワークインフラの構築〜
前提となる構築環境は、広大な敷地に4つのサイトを展開する大規模なネットワークです。各サイトはそれぞれ独立しており、数階のオフィスビルに相当する規模があります。基本業務は各サイトで閉じますが、情報の流用が非常に多く行われるため、大容量の情報の交換も頻繁 にサイト間で発生します。基幹業務用に大型のメインフレームが設置され、全てのユーザーからのアクセスを処理します。また、全サイト共通して電子メールとボイスメールを利用しており、イントラネットサーバーも各サイトに数多く設置しています。
広大な敷地に展開する企業の基幹ネットワークインフラの構築
マルチポートギガスイッチを各サイト間を結ぶバックボーンに1台ずつ設置し(☆印)、ロードシェアリング機能を利用してメッシュでかつ複数の物理リンクを束ねて高速化を図り、サイト内はセクション単位にギガビットアップリンクを持つ10/100Mスイッチを設置して(△印)サブバックボーンとします。10/100Mスイッチは、デュアルホーミング機能で各サイトのギガスイッチにアップリ ンクし、かつアップリンク以外のサイトにもバックアップ接続して2重化を図ります。サブネットは各サブネットバックボーンの10/100MスイッチでVLANを区切り、内部でルーティングします。マルチポートギガスイッチ間も上位のルーティングとしてダイナミックルーティングを行ないます。バックボーンのマルチポートギガスイッチ間はロードシェアリング機能によって物理リンクの断線に対処し、さらにリンクの断絶に対してはダイナミックルーティングによる迂回ルートの選択が行われます。 10/100スイッチはデュアルホーミング機能でリンク断絶時にアップリンク変更が可能なため、ノンストップなバックボーン運用が実現されます。また、バックボーンはマルチポートギガビットスイッチによるメッシュ構成でルーティング処理を行うため、全てのリンクを使用したバランスのとれた負荷状態で効率的な運用が行われます。

ファーストイーサネットやギガビットイーサネットを利用したバックボーンネットワークの構築について解説してきましたが、ご理解いただけたでしょうか?アライドテレシスでは、ファーストイーサネットやギガビットイーサネットに対応した製品を数多くご用意しております。是非ご覧下さい。

アライドテレシスでは、ネットワーク構築のご相談や製品詳細に関してのご質問も承ります。
お気軽にお問い合わせ下さい。


PAGE TOP