製品
製品一覧
スイッチ
一覧
QoSについて
トランキング相互接続
価格表
無線LAN
拡張モジュール
ルーター
ネットワークマネージ
メント・ソフトウェア
バーチャルAMFアプライ
アンス
Software-Defined Networking(SDN)/
OpenFlowコントローラー
メディアコンバーター/WDM
LANアダプター/HUB/
VDSL/ソフトウェア
アクセサリー
 
コレガ
 
TREND MICRO
Soliton Systems
Fortinet
Juniper Networks
Pulse Secure
アイビーシー
SightLine Systems
Milestone Systems
F5 Networks
Schneider Electric
GS YUASA
Raritan
NITTO
アイビーソリューション
IBM Aspera
Polycom
Apricorn
SRS
サンコーシヤ
動作検証
価格表
各種検索
 
 
エクストリコム | 機能紹介 エクストリコム
セルプランニングが不要な同一チャンネル設計
エクストリコムの無線LANスイッチは、従来の無線LANシステムに必ず必要だったRFセルプランニングやRFチャネルを考慮する必要はありません。アクセスポイントごとの設定作業も全く必要なく設置できます。
従来の無線LANシステム
従来の無線LANシステム
アクセスポイント間の電波干渉
隣接APを同一チャネルで配置すると電波干渉が起こり  相互の性能が低下する。
設計、設置にかかるコスト、時間
既存無線LANシステムではアクセスポイント設計のため、綿密なサイトサーベイ、チャンネル設計が必要。
エクストリコムの無線LANシステム
エクストリコムの無線LANシステム
1つのチャンネルですべてのエリアをカバー
セル計画、設計の時間・労力コストを大幅に削減
希望する箇所にAP設置が可能(天井設置も可)
ネットワーク配置の変更およびAPの追加が迅速かつ容易
 
スムーズなローミング/ゼロハンドオフ
エクストリコム無線LANシステムにおいて、ワイヤレス・デバイスはチャンネル・ブランケット内のあらゆる場所で同一チャンネルでの接続を実現することができます。
クライアントが各アクセスポイント間を移動するときに、通信の遅延またはパケットの喪失が発生しません。
従来の無線LANシステム
隣接AP間で異なるチャネルを使用すると、端末が移動中に“ ローミング ”が発生する。
「ローミング」発生時に無線LANシステムでは以下の処理が必要
AP間でのチャネルの切替
ESS-IDの再認証
DHCPサーバを使用時、新規IPアドレスの配布等が発生し、大幅な遅延や呼の切断が発生する。
エクストリコムの無線LANシステム
エクストリコムの無線LANシステム
端末が移動するときアップリンクは常に近隣のアクセスポイントとリンクを張っており、スムーズなローミングが可能です。
 
アップリンクダイバーシティ
すべてのアクセスポイントは同一チャネルで動作しており、端末から発信するパケットは複数のアクセスポイントで受信されます。そのため、外部からの電波干渉、人や機器の動きに伴う電波環境の変化の影響を受けにくく、信頼性の高い システムを構築できます。
アップリンクダイバーシティ
アップリンクダイバーシティ


PAGE TOP