製品
製品一覧
スイッチ
無線LAN
拡張モジュール
ルーター
ネットワークマネージ
メント・ソフトウェア
一覧
価格表
バーチャルAMFアプライ
アンス
Software-Defined Networking(SDN)/
OpenFlowコントローラー
メディアコンバーター/WDM
LANアダプター/HUB/
VDSL/ソフトウェア
アクセサリー
 
コレガ
 
TREND MICRO
Soliton Systems
Fortinet
Juniper Networks
Pulse Secure
アイビーシー
SightLine Systems
Milestone Systems
F5 Networks
Schneider Electric
GS YUASA
Raritan
NITTO
アイビーソリューション
IBM Aspera
Polycom
Apricorn
SRS
サンコーシヤ
動作検証
価格表
各種検索
データシート  
価格表

CentreCOM 4016シリーズ用
ネットワーク・マネージメント・ソフトウェア

S S S S S S S S S S S S S S S S S
w w w
CentreNET AT-View for C4016 は、弊社インテリジェント・スイッチ CentreCOM 4016シリーズ用 SNMP ネットワークマネージメント・ソフトウェアです。 CentreNET AT-View for C4016 は、ネットワーク管理プラットフォーム上で動作し、画面上でCentreCOM 4016シリーズを、GUI を使ったポップアップメニュー形式で簡単に管理することができます。 広範囲に拡がるCentreCOM 4016シリーズを一元管理するのにも最適です。
AT-View for C4016 Ver.1.0

CentreNET AT-View for 4016 Ver.1.0
コード:------ 販売終了
特長 仕様 構成図 データシートPDF

特長
システム構成の設定
対象装置のシステム名、ポート名、ポートのイネーブル/ディセーブルなどの構成情報を設定することができます。
システム構成情報の退避、回復
対象装置の構成情報を収集し、アスキーファイルに退避・回復することができます。また、アスキーファイルを変更し、ロードすることにより、対象装置の構成を変更することができます。
統計情報の収集
装置全体、またはポート(Ethernet, ATM)毎の統計情報(Rcvd Good Bytes, Xmitted Total Bytes等)を表形式で指定した時間間隔(ポーリング間隔)毎にダイナミック表示することができます。また、ポーリング間隔毎に統計情報を収集し、アスキーファイル(CSV等形式指定可能)に格納する機能を搭載しています。
アラーム設定
装置全体、またはポート(Ethernet, ATM)毎に統計情報のしきい値を設定し、しきい値を越えたら、NMPにイベント報告します。
Emulated LAN情報表示
Emulated LANの状態をグラフィカルに表示。また、VCIやLES、LECS、BUSのATMアドレスなどの情報を表示します。
グラフ表示・印刷
装置全体、またはポート(Ethernet, ATM)毎の統計情報を折れ線、または棒グラフ化し、表示することができます。
また、同グラフをポストスクリプトファイルに出力、またはポストスクリプト・プリンタに印刷することができます。
Most Active port 
指定した統計情報について、Ethernetのポートの順位を表示する。
バックグラウンドでの監視。
統計情報のファイルへのキャプチャー、および、アラーム監視は、バックグラウンドで行われ、AT-Viewを終了した後も収集、監視が可能。
HP OpenViewまたは、SunNet Managerに対応

仕様
[ 動作環境(HP Open View )]
対応OS 日本語版 HP-UX ver.10.10、10.20
対応NMS 日本語版 HP OpenView ver.4.1/4.0
推奨メモリー容量 10MB以上
必要ディスク容量 25MB以上
供給メディア CD-ROM
[ 動作環境(SunNet Manager )]
対応OS 日本語版 Solaris ver.2.4/2.5
対応NMS 日本語版 SunNet Manager ver.2.2/2.2.2
推奨メモリー容量 10MB以上
必要ディスク容量 25MB以上
供給メディア CD-ROM
管理対象製品 CentreCOM 4016TR、CentreCOM 4016F/SC・ST(Soft、Ver:AT-S13、Rel.2.3.14以降)
※CentreCOM 4016F(SC)を表示した場合は、CentreCOM 4016F(ST)と表示されます。
設定/表示可能項目
C4016TRの管理・情報確認は、Top (Switch) Level Menu画面より派生する画面により全て行います。
(1) Menu Bar:プルダウン・メニューであり、主な以下のサブ・メニューを持っています。
  1. Control: AT-Viewのコントロールを行う
    - Set poll rate:SNMPのポーリング間隔を秒単位で設定
    - Set Community String:SNMPのコミュニティ名設定
    - Host Resolution:hostsファイルに似たデータベースの作成/読出が可能
  2. Configuration:Switchの構成情報情報を表示・設定
    - Save/Load Configuration:Switchの構成情報をASCIIファイルとしてファイル出力/入力可能
    - Switch Configuration:スイッチに対する表示・設定
    - ELAN Configuration:ELANをビットマップ・アイコンを表示
    - ELAN Configuration View:ELAN毎の状態や、LECS、LES、BUSのATMアドレス、VCI情報を表示
    - Display Bridge Forwarding Table:ELAN毎のブリッジ・フォワーディング・テーブルを表示
    - Display Bridge Forwarding Table:Switchのブリッジ・フォワーディング・テーブルを表示
  3. Statistics:スイッチの統計情報を表形式で表示、キャプチャすることが可能
    - Display Switch Statistics:Total/Current/Sinceを表示
    - Capturing Ethernet Statistics:各種統計情報をテキストファイルに出力
    - Ethernet Alarms:Ethernet Statisticsの値に対し、しきい値の設定/アラームを通知
    - Most Active Ports:Ethernet Statisticsの値のトラフィックが高い順にポートの状況を表示
    - VCI Statistics:VCIの統計情報を表示
    - Reset:統計情報をキャプチャ/アラーム設定している場合、それらを各々中止することが可能
  4. Graphs:Ethernet Statisticsの値のグラフ表示を行います。 Line / Barの形でグラフ表示可能
       
(2) Switch information:Switchに設定された下記の値を表示
(System Name、System Contact、System Location、IP address、Router / Gateway address)
(3) Front Panel view of the switch:C4016TRのビットマップが表示され、設定値や状態の確認・設定ができる。
  1. Port Level View:ビットマップ上でC4016TRのEthernetの各ポートの設定・接続状況を・色で表現。
  2. Port View - Ethernet:各ポートに対する表示・設定を行う。表示・設定可能なパラメータは以下の通りである。
   
- 表示のみ:Polarity、LAN Interface
- 設定可能:Port Name 、Port Status 、Port's ELAN ID、ELAN Member Type
  3. Port View - ATM:ATMポートに対する表示・設定を行う。表示・設定可能なパラメータは以下の通りである。
   
- 設定可能:UNI Signaling (UNI 3.0 / UNI 3.1)、ATM Framing (Sonet / SDH)、Clock Type (Internal / External)、Transmitter Idle (Unassigned Cells / Idle Cells)
構成図
 
1997年4月 現在


PAGE TOP