製品
製品一覧
スイッチ
無線LAN
拡張モジュール
ルーター
ネットワークマネージ
メント・ソフトウェア
一覧
価格表
バーチャルAMFアプライ
アンス
Software-Defined Networking(SDN)/
OpenFlowコントローラー
メディアコンバーター/WDM
LANアダプター/HUB/
VDSL/ソフトウェア
アクセサリー
 
コレガ
 
TREND MICRO
Soliton Systems
Fortinet
Juniper Networks
Pulse Secure
アイビーシー
SightLine Systems
Milestone Systems
F5 Networks
Schneider Electric
GS YUASA
Raritan
NITTO
アイビーソリューション
IBM Aspera
Polycom
Apricorn
SRS
サンコーシヤ
動作検証
価格表
各種検索
データシート  
価格表

ネットワーク・マネージメント・ソフトウェア

CentreNET
S S S S S S S
/ J - H p O V - 4 5 1 . 0


CentreNET AT-View /J シリーズ は、弊社インテリジェントHUB CentreCOM 3600 シリーズと セキュリティー HUB CentreCOM 3100 シリーズ用 SNMP 対応のネットワークマネージメント・ソフトウェアです。
CentreNET AT-View /J -HPOV-45は、HP-OpenView上で動作し、画面上でCentreCOM 3600 シリーズやCentreCOM 3100 シリーズなどを、 GUI を使ったポップアップメニュー形式で簡単に管理することができます。
大規模ネットワークのマネージメントに最適です。
AT-View/J-HPOV-45 Ver.1.0

AT-View/J-HPOV-45 Ver.1.0
コード:----- 販売終了
特長 仕様 構成図 データシートPDF

特長
パネルのGUI表示
  ハブのパネルやポートの管理状態、リンク状態、スタック構成をグラフィカルに表示することが可能であり、状況を一目で把握できます。
管理情報の表示
  ハブ全体/グループ単位/ポート単位で管理情報を表示することができます。
統計情報の表示
  ハブ全体/グループ単位/ポート単位でトラフィックやエラーパケットなどの統計情報をスナップショット/折れ線グラフ/表形式で表示可能です。
ポート制御
  各ポートのEnable/Disable、リンクパルス検出、極性校正、再接続アルゴリズムについて設定を行うことが可能です。ポート制御は、パネルのGUI画面上のポートアイコンからも行うことができます。
telnetによる接続
  telnetコマンドを使用してハブに直接telnet接続することができます。

仕様
正式名称、バージョン CentreNET AT-View /J -HPOV-45 Ver.1.0
動作環境
対応機種 HP-UXが動作するマシン
対応OS 日本語HP-UX 10.10,10.20
グラフィックスハードウェア カラー(256色)
ウィンドウシステム X11R5
GUI Motif Motif 1.2
必須ソフトウェア 日本語HP OpenView Network Node Manager 4.0,4.1
推奨メモリー容量 40MB以上
必要ディスク容量 2MB以上
Swapディスク容量 64MB以上
供給メディア CD-ROM
管理対象製品 CentreCOM 3624TR、3612TR、3612T、3606F、3608、3624TRS※1
CentreCOM 3148TR、3124TR ※2
機能
(1) パネルのGUI表示
ハブのパネルやポートの管理状態、リンク状態、スタック構成をグラフィカルに表示することが可能であり、状況を一目で把握できます。
(2) 管理情報の表示
  ハブ全体/グループ単位/ポート単位で管理情報を表示することができます。
  1. ハブ管理項目:名前、状態、 設定可能グループ数、ポート総数、IPアドレス、サブネットマスク、 ルータアドレス、SNMPマネージャアドレス、ソフトウェアプロダクト名、バージョン、設置場所、連絡先
  2 グループ管理項目:名前、グループ番号、 状態、ポート数、 sysUpTime値、ObjectID、機種
  3 ポート管理項目:機種、ハブ名、 グループ名、ポート番号、ポート名、MACアドレス(3100)、状態、リンク状態、極性、再接続アルゴリズム
(3) 統計情報の表示
ハブ全体/グループ単位/ポート単位でトラフィックやエラーパケットなどの統計情報をスナップショット/折れ線グラフ/表形式で表示可能です。
1. ハブトラフィック情報
- 表示形式:スナップショット、折れ線グラフ、表
- 表示項目:CRCエラー数、アラインメントエラー数、ロングフレーム数、ラントフレーム数、シュートイベント数、ポートコリジョン数、送信コリジョン数、レートコリジョン数、ジャバーロックアップ数、データレートミスマッチ数、自動分割回数、Goodフレーム数、Badフレーム数、総合フレーム数、受信オクテット数
2 グループトラフィック情報
- 表示形式:スナップショット、折れ線グラフ、表
- 表示項目:CRCエラー数、アラインメントエラー数、ロングフレーム数、ラントフレーム数、シュートイベント数、ポートコリジョン数、送信コリジョン数、レートコリジョン数、ジャバーロックアップ数、データレートミスマッチ数、自動分割回数、Goodフレーム数、Badフレーム数、総合フレーム数、受信オクテット数
3 ポートトラフィック情報
- 表示形式:スナップショット、折れ線グラフ、表
- 表示項目:CRCエラー数、アラインメントエラー数、ロングフレーム数、ラントフレーム数、シュートイベント数、ポートコリジョン数 、送信コリジョン数、レートコリジョン数、ジャバーロックアップ数、データレートミスマッチ数、自動分割回数 、Goodフレーム数、Badフレーム数、総合フレーム数、受信オクテット数
(4) ポート制御
各ポートのEnable/Disable、リンクパルス検出、極性校正、再接続アルゴリズムについて設定を行うことが可能です。ポート制御は、パネルのGUI画面上のポートアイコンからも行うことができます。
(5) telnetによる接続
telnetコマンドを使用してハブに直接telnet接続することができます。
※1  CentreCOM3624TRSを管理する場合、他の3600シリーズがSNMPマスターとして必要です。
※2    CentreCOM3101 SNMPマスターカードモジュールが必要です。
構成図


PAGE TOP