製品
製品一覧
スイッチ
無線LAN
拡張モジュール
ルーター
一覧
仕様一覧
動作検証
価格表
ネットワークマネージ
メント・ソフトウェア
バーチャルAMFアプライ
アンス
Software-Defined Networking(SDN)/
OpenFlowコントローラー
メディアコンバーター/WDM
LANアダプター/HUB/
VDSL/ソフトウェア
アクセサリー
 
コレガ
 
TREND MICRO
Soliton Systems
Fortinet
Juniper Networks
Pulse Secure
アイビーシー
SightLine Systems
Milestone Systems
F5 Networks
Schneider Electric
GS YUASA
Raritan
NITTO
アイビーソリューション
IBM Aspera
Polycom
Apricorn
SRS
サンコーシヤ
動作検証
価格表
各種検索
データシート  
ルーター
特長
IPv6 (Internet Protocol version 6)
対応機能は製品によって異なりますので詳細は仕様一覧をご確認ください。
次世代プロトコルとして標準化されたIPv6に対応。
IPv6を用いた「ネイティブ」「デュアルスタック」「トンネリング」などの各種サービスをご利用いただけます。
IPv6(Internet Protocol version 6)
現在最も多く使用されているプロトコル「IPv4」は、1980年に研究目的で標準化されたプロトコルであり、商業用途で使用することを前提に作られていないため、昨今のインターネットの爆発的な成長に伴うIPアドレスの枯渇問題などが浮上してきました。そこで、こうした問題の解決方法として次世代インターネット・プロトコル「IPv6(Internet Protocol version 6)」が1998年から1999年にかけてIPv6関連の仕様が大幅に改定され実用化がスタートしました。
ARファミリではこのIPv6に対応し、「ネイティブ」はもちろんのこと、IPv4とIPv6ネットワークへ同時に接続する「デュアルスタック」、IPv4ネットワークにIPv6のパケットをトンネリングする「トンネリング」にも対応し、IPv4からIPv6環境への移行もスムーズに行えます。
AR700シリーズでファームウェアVer.2.2.2以前をご購入されたお客様のみ、アップグレードライセンスとして別途AT-FL-07(IPv6ライセンス)が必要。その他は標準添付。
IPv6の特徴
IPv6は、IPv4での問題事項を解決するために開発された次世代インターネット・プロトコルで、その主な特徴は、使用可能なIPアドレス数が232個から2128個へと大幅に増加されることです。IPv4では世界中の全人口に1人1個ずつ割り当てることができなかったIPアドレスが、IPv6では世界中の人に1人当り1兆個割り振っても、さらに膨大な数が余るほどの計算になります。これまでのIPv4環境では、NATなどを介在させる片方向通信だけでしたが、IPv6環境では世界中のあらゆる端末と双方向通信が可能になり、画像や音声などを用いたマルチメディア・アプリケーションを容易に使用することができるようになります。その他セキュリティーの向上やプラグ&プレイへの対応などで、よりユーザー・オリエンテッドな通信環境の構築が可能になります。
128ビットの広大なアドレス空間
IPv4アドレス : 32ビット(4,294,967,296個)
IPv6アドレス : 128ビット
 : 340,282,366,920,938,463,463,374,607,431,768,211,456個
計画に基づく階層的なアドレス割り当てによる経路情報の集約
アドレス自動設定によるプラグ&プレイを実現
パケットヘッダーの簡素化。ヘッダーを固定長にしたことで、ルーターの内部処理が容易になります。
パケットの優先度を示すトラフィッククラスフィールドや、一連のパケットを「フロー」としてとらえるフローラベルフィールドの導入。
IPv6ネイティブ
全ての端末がIPv6対応になった次世代ネットワークの構成です。LAN側の端末をはじめ、インターネットから接続される端末全てがIPv6化されたネットワークです。
IPv6ネイティブ
IPv4/IPv6デュアルスタック
IPv4とIPv6ネットワークへ同時に接続するタイプ。全ての端末を一斉にIPv6化することはコスト面・作業面ともに大きな負担を強いられます。本サービスを使用することによりIPv4からIPv6への移行を無理なくスムーズに行うことが可能です。
IPv4/IPv6デュアルスタック
トンネリング
IPv4ネットワークを介してIPv6パケットを中継するタイプ。既存のIPv4ネットワークに変更を加えることなくIPv6ネットワークを構築することが可能です。IPv6-over-IPv4トンネリング(固定設定トンネル)と6to4トンネリング(自動設定トンネル)をサポートしています。

:6to4はAR450Sのみサポート
IPv6 over IPv4トンネリング
ARファミリの主なIPv6機能
対応ネットワーク
1. IPv6ネイティブ
2. トンネリング
 -IPv6 over IPv4トンネリング
 -6to4トンネリング(AR450Sのみサポート)
3. IPv6/IPv4デュアルスタック
4. IPv6ローカル・ルーター
ルーティング方式
-スタティック
-RIPng(RIPv6)
セキュリティー
-IPv6フィルター(FirewallはIPv4パケットのみに適応されます。)

-トラフィック・フィルター


Source/Destination IPアドレスやプロトコル、Source/Destinationポートなどに基づきパケットの振り分けが可能
プライオリティ・フィルター 選別されたパケットに対して8段階の優先順位を付け送出することが可能
その他サポート機能
-RA(ルーター通知)(AR450SはRAのプレフィックス通知も対応)
-ND(近隣探索)
-経路MTU探索/MTU変更(AR450Sのみサポート)
-HOST(名前解決)
-IPv6 Telnetサーバー/クライアント
-Ping/Trace route
サポート規格

-

RFC2080, RIPng for IPv6
- RFC2373, IP Version 6 Addressing Architecture
- RFC2375, IPv6 Multicast Address Assignments
- RFC2460, Internet Protocol, Version 6 (IPv6)Specification
- RFC2461, Neighbor Discovery for IP Version 6(IPv6)
- RFC2462, IPv6 Stateless Address Autoconfiguration
- RFC2463, Internet Control Message Protocol(ICMPv6)for the Internet Protocol Version 6(IPv6)Specification
- RFC2464, A Method for the Transmission of IPv6 Packets over Ethernet Networks
- RFC2472, IP version6 over PPP
- RFC2893, Transition Mechanisms for IPv6 Hosts and Routers
- Internet Draft IPv6 Scoped Address Architecture
- RFC3056, Connection of IPv6 via IPv4 Clouds


PAGE TOP