製品
製品一覧
スイッチ
無線LAN
拡張モジュール
ルーター
一覧
仕様一覧
動作検証
価格表
ネットワークマネージ
メント・ソフトウェア
バーチャルAMFアプライ
アンス
Software-Defined Networking(SDN)/
OpenFlowコントローラー
メディアコンバーター/WDM
LANアダプター/HUB/
VDSL/ソフトウェア
アクセサリー
 
コレガ
 
TREND MICRO
Soliton Systems
Fortinet
Juniper Networks
Pulse Secure
アイビーシー
SightLine Systems
Milestone Systems
F5 Networks
Schneider Electric
GS YUASA
Raritan
NITTO
アイビーソリューション
IBM Aspera
Polycom
Apricorn
SRS
サンコーシヤ
動作検証
価格表
各種検索
データシート  
ルーター
価格表

ブロードバンドルーター

CentreCOM
A R 2 2 0 E

CentreCOM AR220EはCATVやADSL、FTTHなどのブロードバンド(広帯域)・ネットワークに対応したブロードバンド・ルーターです。
サービス会社が提供する1つのIPアドレスを複数台のPCで共有できるNAT/ENAT(アドレス/ポート変換)機能、IPアドレスの管理を容易にするDHCP Server/Client機能を搭載。高速なブロードバンド・ネットワークを介した安全なインターネット接続環境を、容易に構築することができます。
CATVを利用したインターネット接続には別途ケーブルモデムが必要となります。ADSLの場合にはADSLモデムが必要となります。
AR220E
CentreCOM AR220E
コード:------ 販売終了
FAQ ファームウェア マニュアル
特長 外観図 構成図

特長
NAT/ENAT(アドレス/ポート変換)機能
IP(Internet Protocol)アドレスとは
DHCP Server/Client
DHCPとは
PPPoE (PPP over Ethern et)
PPPoEとは
Packet Filtering
バーチャルサーバー
DMZ
Webブラウザによる簡単設定
10/100BASE-TX4ポートスイッチ
NAT/ENAT(アドレス/ポート変換)機能
アドレス/ポート変換により、1つのグローバルアドレスを有効利用することができ、複数のパソコンから同時にインターネットへのアクセスが可能になります。
IP(Internet Protocol)アドレスとは
インターネットやイントラネットなどのネットワークに接続されている端末1台1台に割り振られる識別番号です。
通常サービス会社から提供されるIPアドレスは1つなので、このアドレスが流出すると外部からの不正アクセス(盗聴・なりすましなど)の原因となります。NAT/ENAT機能を使用すると、外部から内部へのアクセスは行えなくなるため、セキュリティ上もこの機能でアドレス変換することが有効です。
インターネット接続サービスは会社によってNATを使った複数台のPC接続を禁止している場合があります。
NAT機能を使用する場合には事前にサービスの契約内容をご確認ください。
DHCP Server/Client
CATV局などから割り当てられるIPアドレスをDHCPクライアント機能で取得し、LAN側ネットワークにはDHCPサーバー機能で各PCに割り振ることが可能ですので頻雑な社内ネットワーク端末の設定/管理をAR220Eが行うことで省力化することができます。
DHCPとは
TCP/IPネットワークに接続するコンピュータに対して、IPアドレスなど必要な情報を自動的に割り当てるプロトコルです。使用期限が終了したIPアドレスは回収され、他のコンピュータに割り当てることができます。
PPPoE(PPP over Ethernet)
PPPoE Clientとして動作することによりADSL回線などのPPPoEに対応したサービスへの接続が可能です。
PPPoEとは
PPPは本来、電話回線やISDN回線などダイヤルアップ環境でのネットワーク接続のために開発されましたが、これをLANやブロードバンドなどのイーサネット接続環境でも利用できるようにしたものをPPPoEと呼びます。
PPPoEを利用すると、ADSLやCATV、光ファイバーなどのブロードバンド常時接続環境からでもユーザー認証や、IPCPによるIPアドレスの割り当てなどが可能になります。
Packet Filtering
宛先IPアドレスまたは宛先ポートに基づき、アクセス制限を行うことが可能になります。
バーチャルサーバー
通常はNAT/ENAT機能を使用しているため、LAN側の端末は保護されており外部からの通信はできませんが、バーチャルサーバーの対応によりWebサーバーなど各種サーバーを公開することが可能になります。
DMZ
AR220Eに接続されているLAN側の1台のパソコンが、ADSL回線やCATV回線に直接接続して使用しているように見せかけるDMZ機能を搭載しています。NAT/ENATの接続制限を受けることなくインターネットに接続することが可能になります。
Webブラウザによる簡単設定
全ての設定をWebブラウザから視覚的に行うことができるので、初心者でも簡単に設定することが可能です。
10/100BASE-TX 4ポートスイッチ
4個の10/100BASE-TX自動認識スイッチ・ポートを搭載。LAN側にHUBを増設することなく高速に通信することが可能です。
家庭やSOHO環境でのLAN構築について
LANを構築するためには、PCと同じ数のLANアダプター(PCに標準でついていれば必要ありません)とUTPケーブルが必要です。


外観図
外観図

構成図
構成図
2001年11月 現在


PAGE TOP