製品
製品一覧
スイッチ
一覧
QoSについて
トランキング相互接続
価格表
無線LAN
拡張モジュール
ルーター
ネットワークマネージ
メント・ソフトウェア
バーチャルAMFアプライ
アンス
Software-Defined Networking(SDN)/
OpenFlowコントローラー
メディアコンバーター/WDM
LANアダプター/HUB/
VDSL/ソフトウェア
アクセサリー
 
コレガ
 
TREND MICRO
Soliton Systems
Fortinet
Juniper Networks
Pulse Secure
アイビーシー
SightLine Systems
Milestone Systems
F5 Networks
Schneider Electric
GS YUASA
Raritan
NITTO
アイビーソリューション
IBM Aspera
Polycom
Apricorn
SRS
サンコーシヤ
動作検証
価格表
各種検索
データシート  
ソフトウェア
価格表

インターネットメールサーバー

CentreNET
A t - M a i l S e r v e r
Ver 1 . 3

CentreNET AT-Mail Server Ver.1.3は、インターネット標準プロトコルであるIMAP4/POP3/SMTPに対応しています。セキュリティ強化のための迷惑メール(スパム)撃退機能やポート番号変更機能のほか、操作性の高いGUI(グラフィック・ユーザー・インターフェース)による設定パネルなど、UNIX環境と比べ大幅に習得、運用しやすく設計されています。さらに、Webブラウザを利用してメールの送受信ができるMailOnWEBが付属しています。
AT-Mail Server Ver.1.3
CentreNET AT-Mail Server Ver.1.3 基本パッケージ(100user)
コード:------ 販売終了
FAQ ダウンロード マニュアル
特長 仕様 構成図 データシートPDF

特長
ユーザーの一括登録/削除
表計算ソフトウェアを利用したユーザーの一括管理による、運用コストの削減が可能です。表計算ソフトウェアによる一覧表を利用し、まとめてユーザーの登録/削除ができますので、初回システム導入時や年次単位の多数のユーザー更新もスムーズに行えます。
MailOnWEB
MailOnWEBを利用して、Webブラウザが使用できる任意のコンピュータからのメール送受信ができます。コンピュータの初心者から熟練者まで、習熟度に応じたWeb画面を用意できますので、1台のコンピュータを複数のユーザーで利用するようなアカデミックユースの環境に最適です。
迷惑メール撃退機能(アンチスパム)
迷惑メール(スパムメール)の発信者名、ホスト名、ドメイン名、リレーサーバー名を登録しておきマッチした場合、メールの受信を拒否できます。
迷惑メール撃退機能(アンチスパム) 迷惑メール撃退機能(アンチスパム)
ディスク管理機能/共有メールボックス設定機能※1
メールサーバー全体やユーザーごとにメールボックスの容量を制限することができます。また、サーバー上のメールボックスを複数のIMAP4ユーザーで共有することができます。
IMAP4 / POP3 / SMTPに対応
インターネット標準プロトコルであるIMAP4rev1/POP3/SMTPに対応していますので、インターネットメールサーバーとして最適です。
SMTP / IMAP4 / POP3 ポート番号変更機能
メーリングリスト機能(登録ユーザー数は無制限)
複数の仮想ドメインを実現
自動転送機能
特定ユーザー宛のメールを他のアドレスに転送
自動返信機能
特定ユーザー宛のメールに対し、自動的に返信
詳細なログ情報の取得
詳細なログ情報の取得
※1 この機能を実現するにはメールクライアントもIMAP4rev1に対応している必要があります。IMAP4rev1対応メールクライアントソフトウェア「CentreNET AT-承認メール」「CentreNET AT-承認メール Jr.」をご用意しております。

仕様
仕様
正式名称、バージョン CentreNET AT-Mail Server Ver.1.3
動作環境
対応 PC
NEC PC98 シリ−ズまたは98互換機、NEC PC98-NXシリーズ
OADG 準拠PC-AT互換機(DOS/V パソコン)
対応 OS 日本語MS WindowsNT 3.51 Server / Workstation、ServicePack5以上(Intelプロセッサのみ)
日本語MS WindowsNT 4.0 Server / Workstation、ServicePack6a以上
日本語MS Window 2000 Professional / Server / Advanced Server、ServicePack1以上
MailOnWEBが動作するためには、IIS(Internet Information Server)3.0以上、またはPeer Web Server 3.0以上が必要
対応 ネットワーク環境 Windows Sockets Version 1.1(32bit版)以上
ネットワークプロトコルにTCP/IPを使用していること
DNS(Domain Name Server)がネットワーク上で動作していること
CPU i486 100MHz 以上(Pentium 166MHz以上を推奨)
必要メモリーサイズ 32MB 以上(64MB以上を推奨)
必要ディスク容量 10MB以上(1ユーザーあたり最低2MBの空きディスク容量が必要です)
製品ラインナップ
AT-Mail Server Ver.1.3 基本パッケージ(ユーザー数 100) CD-ROM
AT-Mail Server Ver.1.3 無制限パッケージ(ユーザー数 無制限) CD-ROM
AT-Mail Server Ver.1.3 Shool Edition(ユーザー数 無制限)+(AT-承認メールJr. 50ユーザーライセンス) CD-ROM
AT-Mail Server Ver.1.3 ユーザー追加ライセンス(ユーザー数 10) ライセンス
AT-Mail Server Ver.1.3 ユーザー追加ライセンス(ユーザー数 50) ライセンス
AT-Mail Server Ver.1.3 ユーザー追加ライセンス(ユーザー数 無制限) ライセンス
コンフィグレーション
サーバーの設定 個別または一括によるSMTP/POP3/IMAP4rev1サーバーの起動と停止、各サーバーごとのポート番号の変更
メールユーザー登録 WindowsNTの登録ユーザーの取込/解除
AT-Mail Server独自のユーザー登録/削除、CSVファイルを使った多数ユーザーの一括登録
ドメイン管理 仮想ドメインを設定することにより複数のドメインが設定可能(DNSの登録が必要)
受信メール1通あたりの最大のバイト数が設定可能
送信不可となったメールを管理者に通知可能
メーリングリスト
WindowsNTでの登録グループの取込による設定
通常のメーリングリストでの設定
・テキストファイルからメーリングリストの取込/保存が可能
・ユーザーごとのメーリングリストへの設定/削除が可能
ドメインの設定:仮想ドメインへのブロードキャスト設定可能
不配達通知:管理者、発信者、特定の宛先
メーリングリストの管理:モデレータの指定が可能
・メールクライアントからの加入脱退:SUBSCRIBE(加入要求)UNSUBSCRIBE(脱退要求)
メッセージの投稿管理:「誰でも」「メンバーのみ」「モデレータのみ」の選択が可能
返信先をメールリスト宛に設定することが可能
メーリングリストに付加する文字列、連番の設定
宛先の別名設定
別名によるメール宛先の設定が可能 テキストファイルから別名の取込・保存が可能
ログファイルの設定
ログファイルの切替時期の設定:毎日、毎週、毎月
ログファイルの自動削除期間の設定
サーバーログ
・サーバーの起動・停止ログ取得の可否
・再送信ログ取得の可否
・設定情報の変更ログ取得の可否
操作ログ
・プロトコルコマンドログの取得の可否
・受信メール本文/送信メール本文取得の可否
・受信状況/送信状況取得の可否
・ネットワークの接続情報ログ取得の可否
・DNSでの参照ログ取得の可否
エラーログ
・プロトコルコマンドエラー
・ログインエラー
・ネットワーク通信エラー
・ファイル読み書きエラー
・DNSでの参照不可
ルーティングの設定
ルート先の設定および優先順位の選定  
再送信条件の設定
再送信間隔の設定
送信不可のメールの中止日程の設定
送信不可の警告通知日程の設定
セキュリティー
(アンチスパム)
DNSを利用した通信相手の確認
特定の発信者、ホスト、ドメインからのメール拒否
メールのリレー動作の制限
ディスク管理
メールサーバー全体、各ユーザーごとのメールボックス容量の制限 過去のメールの自動削除
共有メールボックス
特定のメールボックス共有設定
(IMAP4rev1対応クライアントにて参照)
 
構成図
構成図
2003年4月 現在


PAGE TOP