製品
製品一覧
スイッチ
無線LAN
拡張モジュール
ルーター
ネットワークマネージ
メント・ソフトウェア
バーチャルAMFアプライ
アンス
Software-Defined Networking(SDN)/
OpenFlowコントローラー
メディアコンバーター/WDM
LANアダプター/HUB/
VDSL/ソフトウェア
アクセサリー
 
コレガ
 
TREND MICRO
Soliton Systems
製品概要
構成例
価格表
Fortinet
Juniper Networks
Pulse Secure
アイビーシー
SightLine Systems
Milestone Systems
F5 Networks
Schneider Electric
GS YUASA
Raritan
NITTO
アイビーソリューション
IBM Aspera
Polycom
Apricorn
SRS
サンコーシヤ
動作検証
価格表
各種検索
Soliton Systems|構成例 Soliton Systems
IEEE802.1X認証&PKIソリューション
構成図
本社
2台のNet'Attest EPS-DX3(最大100000ユーザー)をPrimary、Secondary RADIUSサーバーとして利用します。
2台のNet'Attest EPS-DX3は冗長化機能により、ユーザーDBの同期を行ないます。
支社
Net'Attest EPS-ST04をPrimary、本社Net'Attest EPS-DX3をSecondary RADIUSサーバーとして利用します。
Net'Attest EPS-ST04に登録されていないユーザーは、本社Net'Attest EPS-DX3への再問い合わせにより認証を行ないます。
Net'Attest EPS-ST04を支店に置くことで、Internet接続障害など本社に接続できない場合にも支店ネットワークへログインすることが可能です。
ユーザー登録数が200ユーザー未満の場合でRADIUSクライアント数が20クライアント未満の場合は、Net' Attest EPS-SX03もご利用いただけます。
親子連携を使った冗長化
親子連携を使った冗長化モデル
親子連携を使った冗長化モデル
親子連携構成でのユーザーアカウントの同期イメージ
親子連携構成でのユーザーアカウントの同期イメージ
本社・支社
Net'Attest EPS-DX3を本社サイトに、Net'Attest EPS-ST04を支店に配置する「親子連携」の構成をとることが可能です。
ユーザー情報は、DX3にのみ登録すれば、ST04側に一部を移行して利用でき、大規模サイトにおいても、柔軟で、信頼性・処理能力の高い認証システムを構築することができます。
持ち込み端末制御
クライアント証明書による認証
クライアント証明書による認証
クライアント証明書を適用した端末だけがネットワークに参加可能
証明書を適用したパソコンの紛失時など、証明書を失効させることで不正な利用を阻止
証明書の発行、有効期限の設定など、Net'Attest EPSの管理画面から簡単操作
証明書は市販のUSBトークン、ICカード等に格納して認証に利用可能(証明書の形式が対応していることが必要です)
MACアドレスによる認証
MACアドレスによる認証
端末のMACアドレスをNet'Attest EPSに登録することで端末を簡単制御
パソコン以外の端末でも、MACアドレスを持つ端末であれば制御可能
ユーザーID、パスワードと組み合わせて制御可能(認証方法が右の構成とは異なります)
注) Net'Attest EPSで許可端末のMACアドレスを保持し認証に利用するためには、認証スイッチなどからNet'Attest EPSへのお問い合わせの方式が『Net'Attest EPSが理解できる認証方式』で行われる必要があります。


PAGE TOP