製品
製品一覧
スイッチ
一覧
QoSについて
トランキング相互接続
価格表
無線LAN
拡張モジュール
ルーター
ネットワークマネージ
メント・ソフトウェア
バーチャルAMFアプライ
アンス
Software-Defined Networking(SDN)/
OpenFlowコントローラー
メディアコンバーター/WDM
LANアダプター/HUB/
VDSL/ソフトウェア
アクセサリー
 
コレガ
 
TREND MICRO
Soliton Systems
Fortinet
Juniper Networks
Pulse Secure
アイビーシー
SightLine Systems
Milestone Systems
F5 Networks
Schneider Electric
GS YUASA
Raritan
NITTO
アイビーソリューション
IBM Aspera
Polycom
Apricorn
SRS
サンコーシヤ
動作検証
価格表
各種検索
データシート  
スイッチ
  価格表

ギガビットイーサネット対応レイヤー2/3スイッチ

space 9 1 0 0 / 8 5 0 0 space Series

CentreCOM 9100/8500シリーズは、ギガビットイーサネット対応レイヤー2/3スイッチです。既存のイーサネット/ファーストイーサネット環境の資産を活かしたままスムーズにギガビット環境を構築できます。 ワイヤースピードでのスイッチング、ルーティング(L3モデルのみ)や、ギガビットイーサネットの使用により高速で柔軟なネットワーク構築が可能です。また、ウェブ・ベース管理ソフトウェアにより、システムマネージメントが容易です。 全ポートにギガビットイーサネットを装備したCentreCOM 9100シリーズ、10BASE-T/100BASE-TX(自動認識)とギガビットイーサネットを装備したCentreCOM 8500シリーズと多種類をラインナップ。LXモデルは1000BASE-LXを装備し、シングルモード光ファイバーケーブルを使用した長距離接続を実現できます。その上、CentreCOM 8525/8550は、オプションのL3key-85を使用することにより、レイヤー2モデルをレイヤー3モデルにアップグレードすることができます。 また、CentreCOM RPS1000との併用によりCentreCOM 9100/8500シリーズの電源二重化が可能となり、ネットワークの安全性を高めます。
8525/8550
9108/8518
CentreCOM 9108SX
コード:----- 販売終了
CentreCOM 9108LX
コード:----- 販売終了
CentreCOM 8518SX
コード:----- 販売終了
CentreCOM 8518LX
コード:----- 販売終了
CentreCOM 8525SX
コード:----- 販売終了
CentreCOM 8525LX
コード:----- 販売終了
CentreCOM 8550SX
コード:----- 販売終了
CentreCOM 8550LX
コード:----- 販売終了
ファームウェア マニュアル
特長仕様外観図 データシートPDF

< 上写真 >
ギガビットイーサネット・レイヤー2/3スイッチ
上段: 「CentreCOM 8525SX/LX」
下段: 「CentreCOM 8550SX/LX」

< 下写真 >
上段: ギガビットイーサネット・レイヤー3スイッチ
「CentreCOM 9108SX/LX」
中段: リダンダント・パワーサプライ
「CentreCOM RPS1000」
下段: ギガビットイーサネット・アップリンク付レイヤー3スイッチ
「CentreCOM 8518SX/LX」
製品ラインナップ
 
SX Model
LX Model
製品名
ポート
製品名
ポート
9100
シリーズ
9108SX 1000BASE-SX ×8 9108LX 1000BASE-SX ×6
1000BASE-LX ×2
8500
シリーズ
CentreCOM
8518SX
1000BASE-SX ×2
100BASE-TX/10BASE-T
×16
Redandunt GBICスロット ×1
8518LX 1000BASE-LX ×2
100BASE-TX/10BASE-T ×16
Redandunt GBICスロット ×1
8525SX-L2*
8525SX-L3*
1000BASE-SX ×1
10BASE-T/100BASE-TX ×24
Redundant GBICスロット ×1
8525LX-L2*
8525LX-L3*
1000BASE-LX ×1
10BASE-T/100BASE-TX ×24
Redundant GBIC スロット ×1
8550SX-L2*
8550SX-L3*
1000BASE-SX ×2
10BASE-T/100BASE-TX ×48
Redundant GBICスロット ×2
8550LX-L2*
8550LX-L3*
1000BASE-LX ×2
10BASE-T/100BASE-TX ×48
Redundant GBIC スロット ×2
L3Key-85
8550/8525のL2モデルをL3モデルにアップグレード
GBIC
モジュール
GBIC-SX 1000BASE-SX GBIC-LX 1000BASE-LX(SMF/MMF)
RPS1000
RPSポート(8500/9100シリーズ全機種に使用可能)×2
*L2モデルはレイヤー2スイッチ対応、L3モデルは、レイヤー3スイッチ対応
特長
[9100/8500 特長]
ギガビットイーサネット・ポートを装備
ギガビットイーサネット・ポートにより、バックボーンやサーバーへ1000Mbpsのビッグパイプを提供いたします。また、モジュラーポートではGBIC-LX/SXを交換使用できます。
ノンブロッキングアーキテクチャ
8550/9108は17.5Gbps、8518/8525は8.5Gbpsのバックプレーン容量を持ち、全ポートに対してノンブロッキングなワイヤースピードスイッチングを実現します。
レイヤー3スイッチング機能搭載(8525/8550はL3モデルのみ)
・ASICによるワイヤースピードレイヤー3スイッチングを実現します。
・レイヤー3スイッチング機能により、VLAN間のIPルー ティングが可能となり、ネットワークのトラフィックを最適に構成・制御することができます。
・ダイナミック・ルーティング(RIP v1・RIP v2, OSPF)、スタティックルーティングもサポートしています。
VLANサポート
バ−チャルLANを最大256個まで構築できます。 ポートベースVLAN、プロトコルベースVLANに加えて、IEEE802.1Q VLAN Tagging 準拠により、複数の筐体をまたがったVLAN構築を実現します。 さらに、GVRPがTAG情報を配信し、複数スイッチ間 のVLAN構成を自動化します。
設定が容易  
ウェブ・ベース管理ソフトウェアにより、Webブラウザから容易に設定が行えます。
IP multinetting 機能
物理ポートに対して異なるIPインターフェース(アドレス)を持ったVLANを重ねあわせることにより、最大4つまでのIPネットワークアドレスを同一セグメント内で使用することができます。
ルーティングプロトコル(RIP v1/v2, OSPF)
スタティックルーティングに加え、ルーティングプロトコルとしてRIPv1/v2とOSPFをサポートしています。OSPFを使用すれば、大規模ネットワークを効率的に運用できます。 RIPのようにネットワークを点と線として扱うのではなくネットワーク全体を平面的に管理しており、障害時の迂回路の確立が高速化されるなどの特長があります。
ロードシェアリング機能搭載
ロードシェアリング機能は、2本または4本の物理リンクを1本に束ねる機能です。Full Duplex機能と併用すれば、最大8Gbpsの超高速リンクが作成可能です。  また、1本のリンクが断絶した場合でも、残りの帯域で通信を保持できます。
リダンダント・ギガビットポート※1  
リダンダント・ギ ガ ビットポート機能は、1 つ のギガビットポートの物理インターフェースを2つに分け、プライマリポートとセカンダリポートとして運用することができます。 プライマリポートの接続が切断されると待機していたセカンダリポートがアクティブになり、ネットワークの軸となるバックボーン/サーバーへのアクセス不能によるトラブルを回避することができます。
L3key-85
ルーティング機能を省いたL2モデルの8525/8550は、オプションのL3key-85を使用することにより、L3モデルへのアップグレードが可能です。
 
OSPF with load-shared equal Multipath
スイッチ間に複数のリダンダントアクティブ・マルチパスを設定することが可能となり、帯域を効率的に使用することができます。
※1 8500シリーズのみサポート、別途GBICモジュールが必要
IPマルチキャスト(8525/8550はL3モデルのみ)
IGMP/DVMRPのサポートによりIP Multicastを使用したトラフィックを効率よくワイヤースピードにて配信可能で、マルチメディアデータの配信などに適しています。以下のマルチキャストプロトコルをサポートしています。

・IGMP
マルチキャストのトラフィックを管理するプロトコル。 サブネット内のルーターとホストは、IGMPによってマルチキャストデータの配信を制御・制限することにより不要なデータを取り除きます。また、IGMP Snooping機能によりLayer2レベルでの管理を行うことで、マルチキャストのデータを必要とするポートにのみデータ配信を行うことが可能です。これにより、無駄な帯域の消費を防ぎます。

・DVMRP
マルチキャストのルーティングを管理するプロトコル。ホップ数を基に最短経路を選定するディスタンスベクター型であり、配信元を起点として配信ツリーを構成し、ツリーからの不要なルートを取除くことで無駄なトラフィックを制限します。
QoS(Quality of Service:サービス保証)
ポート毎又はVLAN毎、IPアドレス(レイヤー3)、 UDP/TCPポート(レイヤー4)等に優先順位、帯域確保の設定が可能です。これにより、例えばVideoサーバーへの画像リクエストに対し、必要な帯域を確保することで再生画像のコマ落ちを防ぐことが可能になります。
QoS設定例
[RPS1000特長]
 
9100/8500用リダンダントパワーサプライ
9100と8500の電源を二重化し電源ケーブルの断絶、停電、電源ユニットの故障時などによる9100と8500の機能停止を防止します。
最大2台までの9100/8500を外部DC電源を通じて接続可能
電源のロードバランシングによって電源の寿命を延長可能
SNMPトラップ機能により、温度異常やファン異常を通知
[光ケーブル伝送距離]
 
光ケーブルによる長距離通信
ギガビットイーサネット・ポートは、電磁誘導の影響がない光ファイバーを用いて長距離通信を行えます。 また、LXモデルは、SXモデルよりも長距離の通信が可能です。シングルモードの光ケーブルを使用した場合最長5km*の接続ができます。
  伝送距離
 
タイプ
コア/
クラッド径
(μm)
モード帯域
(MHz・km)
伝送距離(m)
最短 最長
1000BASE-SX MM
(マルチモード)
62.5/125 200 2 275
MM
(マルチモード)
50/125 500 2 550
1000BASE-LX MM
(マルチモード)
62.5/125 500 2 550
MM
(マルチモード)
50/125 500 2 550
SM
(シングルモード)
10/125 2 5000*
 
上記表は、IEEE802.3zを基にアライドテレシスで発売中の光ケーブル使用時の伝送距離の最短値と最長値を示しています。
* IEEE802.3z clause38.11の規格を満たすものに関しては、10kmまで延長可能。

仕様
 
[9100/8500 仕様]
サポート規格 IEEE802.3, IEEE802.3u, IEEE802.3z, IEEE802.3x, IEEE802.1D, IEEE802.1Q, IEEE802.1p
取得承認

EMI規格

FCC Class A ,VCCI Class A, VCCI Class B(9108/8518のみ)
安全規格 UL , CSA , EN 60950 , TUV GS
データ転送速度 1000Mbps/100Mbps#1/10Mbps#1
マネージメント
SNMP (Bridge MIB, MIB-II, Forwarding MIB, RIP v2 MIB,
802.3 MAU MIB, Interface MIB, Entity MIB, Private MIB),
Telnet, HTMLマネージメント, ターミナル, BOOTP
RMON (Ether Statistics , Ethernet History , Alarm , Event)
ポート
9108 1000BASE-SXスイッチポート(固定) ×6
GBICモジュラーポート (GBICモジュール装着済)*1 ×2
コンソールポート(RS232C 9ピン オス) ×1
RPSポート ×1
8518 10BASE-T/100BASE-TXスイッチポート*2 ×16
GBICモジュラーポート(GBICモジュール装着済) *1 ×2
リダンダントポート(GBICモジュール増設可能) ×1
コンソールポート(RS232C 9ピン オス) ×1
RPSポート ×1
8550 10BASE-T/100BASE-TXスイッチポート*2 ×48
GBICモジュラーポート(GBICモジュール装着済) *1 ×2
リダンダントポート(GBICモジュール増設可能) ×2
コンソールポート(RS232C 9ピン オス) ×1
RPSポート ×1
8525 10BASE-T/100BASE-TXスイッチポート*2 ×24
GBICモジュラーポート(GBICモジュール装着済) *1 ×1
リダンダントポート(GBICモジュール増設可能) ×1
コンソールポート(RS232C 9ピン オス) ×1
RPSポート ×1
GBIC-SX 1000BASE-SXスイッチポート ×1
GBIC-LX2 1000BASE-LXスイッチポート(SMF/MMF) ×1
*1 SXモデルはGBIC-SX、LXモデルはGBIC-LX2標準装備 (交換可能)
*2 10Mbps/100M、Full/Half Duplex自動認識
使用ケーブル
1000BASE-SX/LX* 62.5/125μm MMF
50/125μm MMF
1000BASE-LX* 9.5/125μm SMF
10BASE-T/100BASE-TX : UTP(カテゴリー5)
シールド付きカテゴリー5ケーブル
パフォーマンス
(基本性能)
スイッチングモ−ド : ストア&フォワ−ド
内部バス帯域 : 9108/8550:17.5Gbps
8518/8525:8.5Gbps
バッファメモリ容量 : 9108/8550:4MByte
8518/8525:2MByte
スイッチング遅延
Layer3 1000M⇔1000M : 5.0μs
100M⇔100M#1:13.0μs
Layer2 1000M⇔1000M : 5.0μs
100M⇔100M#1:13.0μs
スループット(パケット長64bytes時)
Layer3 1000M⇔1000M : 1488100pps/Port
100M⇔100M#1 : 148810pps/Port
Layer2 1000M⇔1000M :1488100pps/Port
100M⇔100M#1 : 148810pps/Port
VLAN @IEEE802.1Q VLAN Tagging 
Aポートベース VLAN
BプロトコルベースVLAN
VLAN登録数 : 256個
VLAN登録プロトコル : : GVRP(GARP)
MACアドレス登録数 : : 32K:(MAX)
スパニングツリ− : IEEE802.3D準拠
フロー・コントロール: IEEE802.3x準拠
サービス保証 : QoS(IPアドレス / UDP,TCPポート/ Blackhole)
ロードシェアリング(2 / 4ports per Trunk)
ポートミラーリング
  @MACアドレスフィルタ
A物理ポートフィルタ
BVLANフィルタ
CVLAN/特定ポートフィルタ
フィルタ設定=最大8個まで
パフォーマンス
(IP Layer3 Switching/Router)
ル−ティング機能 : RIPv1, RIPv2, スタティック OSPF
IPフローテーブル数 : 32000(MAX)
ルーティングテーブルサイズ : 10000エントリ
スタティックルーティング登録数 : 64エントリ
ARPテーブルサイズ : 1000エントリ
IPマルチキャスト(IGMPv2 / IGMP Snooping)
IPマルチキャスト(DVMRPv3)
DHCPリレーエージェント
Proxy ARP
LED
●1000BASE-SXスイッチポート
  ACTIVITY (橙色) : データ送受信時に点滅
LINK (緑色) : LINK確立時に点灯
●10BASE-T/100BASE-TXスイッチポート#1
LINK/ACTIVITY : データ送受信時に橙点滅、 (橙/緑色) LINK確立時に緑点灯。
●システム/マネージメント
POWER (緑色) : 電源が正常に供給時に点灯
DIAG (橙/緑色): 運用時に緑点滅(1Hz)。 立ち上げのセルフテスト時に緑点滅(0.5Hz)。Fail時に橙点滅。
電源部
入力電圧  AC 100 V-AC240V
同梱のACケーブルはAC100V用です。
周波数   50/60Hz 最大入力電流 3.0A
平均消費電力   8518:100W(最大 110W)
9108:110W(最大 125W)
8525: 90W(最大 100W)
8550:145W(最大 160W)
平均発熱量    8518:86kcal/h(最大 95kcal/h)
9108:95kcal/h(最大 108kcal/h)
8525:77kcal/h(最大 86kcal/h)
8550:125kcal/h(最大 138kcal/h)
環境条件
動作時 温度0℃ 〜 40℃ 湿度 80%以下(結露なきこと)
保管時   温度-20℃ 〜 60℃ 湿度 95%以下(結露なきこと)
外形寸法約440(W)×432(D)×89 (H) mm(突起部は含まず)
重量
9108:約8.2kg 8518:約8.3kg 8525:約8.1kg 8550:約8.5kg
パッケージ内容
本体、AC100V用電源ケーブル、RS232Cケーブル (9ピンメス⇔9ピンメス)、19インチラックマウントキット、 マニュアル、保証書(AIA用)、登録カード(AIA用)
#1:8500シリーズのみサポート
 
[RPS1000仕様]
取得承認
EMI規格 VCCI Class B, FCC Class A, EN55022 Class B,
EN50082-1 Class B
安全規格 UL1950, CSA C22.2 No950, TUV EN60950
ポート
RPSポート×2
LED
RPS1(橙色) :
  RPS1正常出力時に点灯、RPSケーブル未接続時に点滅
RPS2(緑色) :
RPS2正常出力時に点灯、 RPSケーブル未接続時に点滅
OVER TEMP(黄色) :
製品内部温度異常時に点灯、正常温度時に消灯
FAN FAIL(黄色) :
FAN回転数低下時に点灯、 正常時に消灯
電源部
(2ユニット内蔵)
入力電圧  AC 100V-AC 250V
同梱のACケーブル(2本)はAC100V用です。
周波数   50/60Hz 最大入力電流 4.0A
平均消費電力   145W (最大 160W)
平均発熱量    125kcal/h(最大 138kcal/h )
環境条件
動作時 温度 0℃〜40℃ 湿度 80%以下
保管時   温度 -10℃〜70℃ 湿度 95%以下(結露なきこと)
外形寸法 約440(W)×432(D)×89(H) mm(突起部は含まず)
重量 約7.7kg
パッケージ内容
本体、AC100V用電源ケーブル×2、RPSケーブル×2、 設置マニュアル、19インチラックマウントキット、 保証書(AIA用)、登録カード(AIA用)

外観図
  外観図

2000年2月 現在


PAGE TOP