製品
製品一覧
スイッチ
一覧
QoSについて
トランキング相互接続
価格表
無線LAN
拡張モジュール
ルーター
ネットワークマネージメント・
ソフトウェア
バーチャルAMFアプライアンス
Software-Defined Networking(SDN)/OpenFlowコントローラー
メディアコンバーター/WDM
トランシーバー/LANアダプター/HUB/VDSL/ソフトウェア
アクセサリー
 
TREND MICRO
Soliton Systems
Fortinet
Juniper Networks
Pulse Secure
アイビーシー
SightLine Systems
Milestone Systems
Axis Communications
Panasonic
F5 Networks
Riverbed
Schneider Electric
GS YUASA
Raritan
NITTO
Lenovo(旧IBMブランド)
NetApp
アイビーソリューション
StratusAvance
IBM Aspera
Polycom
Apricorn
SRS
動作検証
価格表
各種検索
データシート  
スイッチ

ギガビット・インテリジェント・スイッチ

CentreCOM
space G S 9 0 8 M space V 2 /
space G S 9 1 6 M space V 2 /
space G S 9 2 4 M space V 2

CentreCOM GS908M V2は10/100/1000BASE-Tポートを8ポートとSFPスロット1ポート装備、CentreCOM GS916M V2/GS924M V2は10/100/1000BASE-Tポートを16/24ポート装備しそのうち2/4ポートがSFPスロットとのコンボ(共有)ポートとなるギガビット・インテリジェント・スイッチです。
SFPスロットはオプション(別売)のSFPモジュールの追加によりギガビット光ポートの実装が可能です。GS908M V2は、ファンレス設計により静音で小型なため、設置場所を選びません。

*「省エネルギー法」に基づく表示についてはPDF版データシートでご確認ください。

 省エネ基準達成“エコ・フレンドリー製品”  RoHS指令対応製品 EPSRing
CentreCOM GS916M V2 (RoHS)
CentreCOM GS924M V2 (RoHS)
コード:0526R 価格:¥184,800
(税込¥199,584)
CentreCOM GS916M V2 (RoHS)
コード:0525R 価格:¥129,800
(税込¥140,184)
CentreCOM GS908M V2 (RoHS)
コード:0524R 価格:¥76,800
(税込¥82,944)
FAQファームウェアマニュアル
システム構成アシスト
特長仕様外観図データシートPDF

特長
充実したセキュリティー機能
Tri-Auth
同一ポート上でIEEE 802.1X認証/Web認証/MACアドレスベース認証の混在を可能とするTri-Auth(トライオーセンティケーション)に対応
マルチプルダイナミックVLAN
同一ポート上でユーザーごとに別々のVLANを動的に付与します。配下にスイッチがあってもユーザーごとにVLANの付与や検疫による隔離が可能になります。
DHCPスヌーピング
簡単な設定で不正な端末の侵入を防ぐことが可能なDHCPスヌーピング機能に対応
ポートセキュリティー
ポートに侵入するパケットをMACアドレスでフィルタリング
IGMP v3/MLD v2スヌーピング
IPv4/IPv6のマルチキャストグループへの参加/不参加を監視する機能です。グループごとにマルチキャストデータの転送を必要とするポートと必要としないポートを管理しますので、帯域の無駄な消費を抑えることができます。
IGMP v3/MLD v2スヌーピングのソースフィルタリング機能は未サポート
UDLD
接続されている機器間において、片方の機器とトラフィックを送信できるが、もう片方の機器では、そのトラフィックを受信できないといった状態になった際に、該当ポートのリンクをダウンさせることで、スパニングツリーループ等を回避することが可能です。
ポリシーベースQoS
帯域制御、輻輳制御などのQoS処理をポリシーベースで実現します。ポリシーは複数のトラフィッククラスで構成され、それぞれのクラスに応じたサービス品質を定義することが可能です。
EPSRアウェア
EPSR(RFC3619)リング内にトランジットノードとして接続することができます。障害検知/通知、経路の切り替えを瞬時に行うことができ、ネットワークのダウンタイムを最小限に抑えることができます。
ループガード
接続ミスなどで発生するネットワークのループを検出し、設定した動作(ポートディセーブルなど)を自動実行するループガードに対応しています。ループ検出したポート番号をログ/トラップで管理者に通知することにより、ループの原因特定/対策を容易にします。LDF検出では、特殊フレームの送受信によりループを検出します。受信レート検出では、受信レートしきい値監視によりループを検出し、2段階の通知/動作を実行することができます。
動作環境温度50℃ / ファンレス設計
動作時温度50℃に対応し、高温環境下への設置が可能です。GS908M V2はファンレス設計で、動作音が発生しないため、設置場所を選びません。
GS908M V2/GS924M V2でAT-SPLX40、AT-SPZX80、AT-SPBD80-A/ATSPBD80-B 使用時の動作時温度は45℃

SFP モジュール AT-SPTXa AT-SPFX/2 AT-SPFX/15 AT-SPSX/SPSX2/SPLX10/SPLX40/SPZX80  AT-SPBD10-13/14 AT-SPBD20-A/B AT-SPBD80-A/B

オートファンコントロール(GS916M V2/GS924M V2)
GS916M V2/GS924M V2では、ファームウェアバージョン2.1.0以降のファームウェア搭載時、外気温度が低温の場合にファンが自動的に停止します。ファン動作音によるノイズを抑制し快適なオフィスネットワーク構築を実現します。
起動時および内部温度上昇時にファンが自動的に回転します。また、ファンが回転し始める外気温度の目安は下記のとおりです。
条件GS916M V2GS924M V2
全標準ポート使用時(100%負荷)36℃30℃
全標準ポート+SFPポート使用時(100%負荷)35℃30℃

豊富な省エネ機能
通常運用時の消費電力を抑える省エネ機能をサポートしています。
エコトリガー
スイッチのLEDやポートのほか、スイッチの電源もユーザー任意の日時に強制的にシャットダウンすることができます。特にスイッチ電源シャットダウン時には大幅な省エネ効果を実現するほか、その時間でのネットワークへの侵入を完全に防ぐセキュリティー機能としても効果があります。またシャットダウン中でも本体前面のリセットボタンで強制的に復旧させることができます。
エコLED
本体前面の切替スイッチもしくは、ユーザーのトラフィック量に応じて、ポートLEDを消灯させることが可能です。ポートLEDのみの消灯になるため、ネットワーク設計や運用ポリシーへ影響がない範囲で、省エネを実現できます。
省電力モード
リンクダウン中のポートの電力消費を自動的に抑制します。機器単位で有効無効の設定が可能です。
エコトリガー動作時の電力削減率
エコトリガーでSLEEPモードに設定すると、指定日時にスイッチの電源をシャットダウンし、スタンバイ状態に移行させることができるため、大幅な省エネが可能です。

エコトリガー動作時の電力削減率

エコLED動作時の電力削減率

エコLED動作時の電力削減率
省電力モード動作時の電力削減率

省電力モード動作時の電力削減率


仕様
準拠規格 IEEE 802.3 10BASE-T,
IEEE 802.3u 100BASE-TX,100BASE-FX※1,
IEEE 802.3ah 100BASE-BX※1, 1000BASE-BX10※1,
IEEE 802.3z 1000BASE-SX/LX※1,
IEEE 802.3ab 1000BASE-T,
IEEE 802.3x Flow Control,
IEEE 802.3ad Link Aggregation(Manual Configuration),
IEEE 802.1D Spanning Tree(STP Compatible),
IEEE 802.1Q VLAN Tagging,
IEEE 802.1X Port Based Network Access Control,
IEEE 802.1p Class of Service, priority protocol,
IEEE 802.1s Multiple Spanning Tree,
IEEE 802.1w Rapid Spanning Tree
適合規格
EMI規格GS908M V2:VCCI クラスB
GS916M V2/GS924M V2:VCCI クラスA
安全規格UL60950-1, CSA-C22.2 No.60950-1
EU RoHS 指令
マネージメント※2
SNMPSNMP v1・SNMP v2c
SNMP MIBMIB II(RFC1213), Ethernet MIB(RFC2665),
Extended Interface MIB (RFC2863[if X Entry]),
Bridge MIB(RFC1493), Dot1q MIB(RFC2674)
Private MIB
ターミナルTelnet、
VT100互換端末(コンソールポート経由)、
Webブラウザー設定(HTTP)※3
通信速度 10Mbps/100Mbps/1000Mbps
ポート
10/100/1000BASE-T(RJ-45 コネクター)GS908M V2:×8
GS916M V2:×16※4
GS924M V2:×24※4
 オートネゴシエーション / MDI/MDI-X自動認識※5
 /MDI/MDI-X 手動切替
 Full Duplex 固定/Half Duplex 固定(10/100Mbps 設定時)
SFPスロットGS908M V2:×1
GS916M V2:×2※4
GS924M V2:×4※4
RS-232(RJ-45コネクター)×1※6
使用ケーブル
10BASE-TUTP カテゴリー3 以上
100BASE-TXUTP カテゴリー5 以上
1000BASE-TUTP エンハンスド・カテゴリー5 以上
切替スイッチ
SPD/DPX LED表示切替ボタン
SPD/DPX LEDの表示切替。SPEED表示、
DUPLEX 表示、ポートLED 消灯モード(エコLED)のいずれかを選択
パフォーマンス
【GS908M V2】【GS916M V2】【GS924M V2】
スイッチング方式ストア&フォワード
最大パケット転送能力
(装置全体/64Byte)
13.4Mpps23.8Mpps35.7Mpps
スイッチング・ファブリック24Gbps36Gbps48Gbps
メモリー容量
 フラッシュメモリー16MByte
 メインメモリー64MByte
MACアドレス登録数8K※17
VLAN登録数256個(VID=1 〜 4,094)
サポート機能 ポートベースVLAN、タグVLAN(IEEE 802.1Q)
マルチプルVLAN、スパニングツリー(IEEE 802.1D(STP
Compatible)/IEEE 802.1w/IEEE 802.1s)
QoS(IEEE 802.1p/DiffServ)、ポリシーベースQoS
IEEE 802.1X認証モード(Single Host/Multiple Host/Multiple Authentication)
802.1X 暗号方式(MD5/TLS/TTLS/PEAP)、ダイナミックVLAN
マルチプルダイナミックVLAN、MACアドレスベース認証
Web認証、Supplicant MAC透過、EPSRアウェア
ポートトランキング(IEEE 802.3ad(Manual Configuration))
ポートミラーリング、ポートセキュリティー
フローコントロール※7、パケットストームプロテクション
UDLD、ループガード(LDF検出/受信レート検出)
イングレスフィルタリング、HOLブロッキング防止
IGMP v3スヌーピング、MLD v2スヌーピング
BPDU/EAP透過、DHCPスヌーピング、アクセスフィルター
DHCPクライアント、RADIUSサーバーによる認証
Jumboフレーム対応※8、ログ、スクリプト、SNTP、統計情報表示
省エネ機能(エコトリガー、エコLED、省電力モード)
オートファンコントロール※9、TFTP/FTP/HTTPによるファームウェアおよび設定ファイルダウンロード
LED
ポートLED※10
 LINK/ACT(緑)リンク確立時に点灯、パケット送受信時に点滅
 SPD/DPX
 (SPEED)※11
(緑)1000Mbpsでリンク確立時に点灯
 SPD/DPX
 (DUPLEX)※11
(緑)Full Duplexでリンク確立時に点灯
SFPスロットLED※10
 LINK/ACT(緑)リンク確立時に点灯、パケット送受信時に点滅
ステータスLED
 POWER(緑)電源供給時に点灯
 FAULT(赤)本製品の異常発生時に点灯、本製品起動中、フラッシュメモリーへの書き込み中、ファン、電圧、内部温度の異常発生時に点滅
 STANDBY(緑)エコトリガーのSLEEPモード設定によりスタンバイ状態のときに点灯
電源部
【GS908M V2】【GS916M V2】【GS924M V2】
定格入力電圧AC100-240V※12AC100-240V※12AC100-240V※12
入力電圧範囲AC90-264V※12AC90-264V※12AC90-264V※12
定格周波数50/60Hz50/60Hz50/60Hz
定格入力電流0.3A0.5A0.6A
最大入力電流
(実測値)
0.2A0.4A0.53A
平均消費電力8.6W(最大12.0W)17W(最大22W)25W(最大30W)
平均発熱量30kJ/h
(最大44kJ/h)
63kJ/h
(最大80kJ/h)
90kJ/h
(最大110kJ/h)
環境条件
動作時温度0 〜 50℃※13
動作時湿度80%以下(結露なきこと)
保管時温度-20 〜 60℃
保管時湿度95%以下(結露なきこと)
外形寸法
(突起部含まず)
GS908M V2: 263(W)× 179(D)× 38(H)mm
GS916M V2: 341(W)× 210(D)× 44(H)mm
GS924M V2: 440(W)× 210(D)× 44(H)mm
質量
GS908M V2: 1.4 kg
GS916M V2: 2.0 kg
GS924M V2: 2.7 kg
パッケージ内容※6 本体、電源ケーブル※12、電源ケーブル抜け防止フック、
取扱説明書、製品仕様書(英文)※16、使用しているソフトウェアについて、
ソフトウェア使用権許諾契約書、製品保証書、
シリアル番号シール(2枚)、19インチラックマウントキット(1式)※9
オプション(別売)
GS908M V2/GS916M V2/GS924M V2共通オプション:
CentreCOM VT-Kit2 plus マネージメントケーブルキット※6
(コンソールケーブル3本セット:D-Sub 9ピン/RJ-45/USB変換)
CentreCOM VT-Kit2 RS-232ケーブル(RJ-45/D-Sub9ピン)※6
AT-PWRCBL-J01L/J01R L字型コネクター電源ケーブル(左/右)※14
SFPモジュール
 AT-SPSX 1000BASE-SX(2連LCコネクター)
 AT-SPSX2 1000M MMF(2km)(2連LCコネクター)
 AT-SPLX10 1000BASE-LX(2連LCコネクター)
 AT-SPLX40 1000M SMF(40km)(2連LCコネクター)
 AT-SPZX80 1000M SMF(80km)(2連LCコネクター)
 AT-SPBD10-13・14 1000BASE-BX10(LCコネクター)
 AT-SPBD40-13/I・14/I 1000M SMF(40km)(LCコネクター)
 AT-SPBD80-A・B 1000M SMF(80km)(LCコネクター)
 AT-SPBDM-A・B 1000M MMF(550m)(LCコネクター)

GS908M V2オプション:
SFPモジュール
 AT-SPTXa 1000BASE-T(RJ-45)
AT-RKMT-J05 19インチラックマウントキット
AT-BRKT-J23 壁設置ブラケット
マグネットKit M 壁設置用磁石
マグネットシートL 壁設置用磁石

GS916M/GS924M V2オプション:
SFPモジュール
 AT-SPFX/2 100BASE-FX(2km)(2連LCコネクター)※15
 AT-SPFX/15 100BASE-FX(15km)(2連LCコネクター)※15
 AT-SPFXBD-LC-13/15 100BASE-BX(15km)(LCコネクター)※15
AT-BRKT-J22 壁設置ブラケット
マグネットKit XS
壁設置用磁石
マグネットシートL
壁設置用磁石※18

製品の設置方向について: GS908M V2 / GS916M V2 / GS924M V2
※1 SFPモジュール使用時
※2 トラップ情報は、こちらにてご確認ください。
※3 本機能を使用する場合は、あらかじめコンソールターミナルからログインし、本製品にIPアドレスを設定しておく必要があります。
※4 10/100/1000BASE-Tポートのうち2/4ポートはSFPスロットとのコンボ(共用)ポート。コンボポートでは、10/100Mbps の通信モード、およびMDI/MDI-X 手動切替への設定変更はできません。
※5 オートネゴシエーション有効時
※6 本製品にはコンソールポート接続用ケーブルは同梱されておりません。別途、マネージメントケーブルキット「CentreCOM VT-Kit2 plus」またはRS-232ケーブル「CentreCOM VT-Kit2」をご用意ください。なお、USB使用時の対応OSは、こちらにてご確認ください。
※7 PAUSEフレームの受信(受信により送信を一時停止)のみをサポート
※8 9216Byte以下
※9 GS916M V2/GS924M V2のみ
※10 SPD/DPX LED表示切替ボタンまたはCLI/GUIの設定によって消灯可能(エコLED)
※11 SPD/DPX LEDはSPEEDまたはDUPLEXのどちらか一方をSPD/DPX LED表示切替ボタンまたはCLI/GUIで選択表示
※12 同梱の電源ケーブルはAC100V用です。AC200Vでご使用の場合は、設置業者にご相談ください。
※13 ただし、GS908M V2/GS924M V2でAT-SPLX40、AT-SPZX80、AT-SPBD80-A/AT-SPBD80-B使用時は0 〜 45℃
※14 電源ケーブル抜け防止フックとの併用はできません。
※15 ファームウェアバージョン2.1.0 以降のファームウェアでサポート
※16 日本語版マニュアルのみに従って、正しくご使用ください。
※17 表中では、K=1024
※18 GS916M V2のみ

外観図
 
CentreCOM GS916M V2 (RoHS)




2015年5月 現在


PAGE TOP