製品
製品一覧
スイッチ
一覧
QoSについて
トランキング相互接続可能機種リスト
価格表
無線LAN
拡張モジュール
ルーター
ネットワークマネージ
メント・ソフトウェア
バーチャルAMFアプライ
アンス
Software-Defined Networking(SDN)/
OpenFlowコントローラー
メディアコンバーター/WDM
LANアダプター/HUB/
VDSL/ソフトウェア
アクセサリー
 
アライドテレシスアカデミー
 
有償トレーニングサービス
 
コレガ
 
TREND MICRO
Soliton Systems
Fortinet
Pulse Secure
アイビーシー
SightLine Systems
Schneider Electric
GS YUASA
NITTO
アイビーソリューション
IBM Aspera
Polycom
SRS
サンコーシヤ
動作検証
価格表
各種検索
スイッチ | コア・スイッチ x900シリーズ概要
コア・スイッチ x900シリーズ概要
x900シリーズ開発の背景
米国市場における冗長化の認識は、CPUや電源、インターフェイスをユニット内で二重化する「システム冗長」が中心であり、外資系ベンダーはこうした需要に応えるために高価なシャーシ型スイッチをワールドワイドで販売しています。一方、国内エンタープライズ市場における冗長化は、回線や経路、ゲートウェイを二重化し、ネットワーク全体を冗長化する「ネットワーク冗長」の需要が高く、これを前述のシャーシ型スイッチで実現しようとすると、非常にコストが高くなるうえに、現在主流の冗長化プロトコルを複数組み合わせる必要があり、構築・運用とも大変複雑化してしまいます。そこで、国内メーカーであるアライドテレシスでは、国内エンタープライズ市場の需要を完全に満たす新しいコア・スイッチとして、x900シリーズを開発しました。


アメリカの
マーケット

従来の
シャーシ

従来の
ボックス

日本の
マーケット

AT-x900

SBx908

 CPU二重化
×××
 PSU二重化
 ポートのフレキシビリティー×
 経路/回線冗長
 負荷分散
 設定の容易性×
 価格×
 サイズ××
特長・製品概要
複数のスイッチを同期させ仮想的に1台のスイッチとして扱える<VCS機能>により、ポート密度を向上させるとともに負荷を分散。ゲートウェイの二重化も実現。
<VCS(Virtual Chassis Stacking)>
VCS詳細へ
レイヤー2のループ防止・冗長化機能である<EPSR機能>。スイッチを無制限に接続した大規模なリングネットワークにも対応し、障害検出や経路の切り替えを迅速に実行。
<EPSR(Ethernet Protected Switched Ring)>
EPSR詳細へ
高度なセキュリティーと高い信頼性を誇る新OS「AlliedWare Plus(アライドウェアプラス)」を搭載。
業界標準のCLI(Command Line Interface)を採用。運用管理が容易。 AlliedWare Plus(アライドウェアプラス)
x900ネットワークソリューション」で構築例/設定例を公開しています。
<新OS AlliedWare Plus>
x900シリーズから搭載される「AlliedWare Plus」は、開発期間の短縮とソフトウェアの耐久性向上を実現するために、モジュラー構造を採用。さらにマルチタスク処理による<Single-point of Failure>といったソフトウェア保護機能や、業界標準のCLI(Command Line Interface)を採用することで、可用性、復旧力を格段に高めた新しいOSです。
新OS AlliedWare Plus
インデックスへ


PAGE TOP