製品
製品一覧
スイッチ
一覧
QoSについて
トランキング相互接続
価格表
無線LAN
拡張モジュール
ルーター
ネットワークマネージ
メント・ソフトウェア
バーチャルAMFアプライ
アンス
Software-Defined Networking(SDN)/
OpenFlowコントローラー
メディアコンバーター/WDM
LANアダプター/HUB/
VDSL/ソフトウェア
アクセサリー
 
コレガ
 
TREND MICRO
Soliton Systems
Fortinet
Juniper Networks
Pulse Secure
アイビーシー
SightLine Systems
Milestone Systems
F5 Networks
Schneider Electric
GS YUASA
Raritan
NITTO
アイビーソリューション
IBM Aspera
Polycom
Apricorn
SRS
サンコーシヤ
動作検証
価格表
各種検索
スイッチ | コア・スイッチ x900シリーズ概要
コア・スイッチ x900シリーズ概要
x900シリーズ開発の背景
米国市場における冗長化の認識は、CPUや電源、インターフェイスをユニット内で二重化する「システム冗長」が中心であり、外資系ベンダーはこうした需要に応えるために高価なシャーシ型スイッチをワールドワイドで販売しています。一方、国内エンタープライズ市場における冗長化は、回線や経路、ゲートウェイを二重化し、ネットワーク全体を冗長化する「ネットワーク冗長」の需要が高く、これを前述のシャーシ型スイッチで実現しようとすると、非常にコストが高くなるうえに、現在主流の冗長化プロトコルを複数組み合わせる必要があり、構築・運用とも大変複雑化してしまいます。そこで、国内メーカーであるアライドテレシスでは、国内エンタープライズ市場の需要を完全に満たす新しいコア・スイッチとして、x900シリーズを開発しました。


アメリカの
マーケット

従来の
シャーシ

従来の
ボックス

日本の
マーケット

AT-x900

SBx908

 CPU二重化
×××
 PSU二重化
 ポートのフレキシビリティー×
 経路/回線冗長
 負荷分散
 設定の容易性×
 価格×
 サイズ××
特長・製品概要
複数のスイッチを同期させ仮想的に1台のスイッチとして扱える<VCS機能>により、ポート密度を向上させるとともに負荷を分散。ゲートウェイの二重化も実現。
<VCS(Virtual Chassis Stacking)>
VCS詳細へ
レイヤー2のループ防止・冗長化機能である<EPSR機能>。スイッチを無制限に接続した大規模なリングネットワークにも対応し、障害検出や経路の切り替えを迅速に実行。
<EPSR(Ethernet Protected Switched Ring)>
EPSR詳細へ
高度なセキュリティーと高い信頼性を誇る新OS「AlliedWare Plus(アライドウェアプラス)」を搭載。
業界標準のCLI(Command Line Interface)を採用。運用管理が容易。 AlliedWare Plus(アライドウェアプラス)
x900ネットワークソリューション」で構築例/設定例を公開しています。
<新OS AlliedWare Plus>
x900シリーズから搭載される「AlliedWare Plus」は、開発期間の短縮とソフトウェアの耐久性向上を実現するために、モジュラー構造を採用。さらにマルチタスク処理による<Single-point of Failure>といったソフトウェア保護機能や、業界標準のCLI(Command Line Interface)を採用することで、可用性、復旧力を格段に高めた新しいOSです。
新OS AlliedWare Plus
インデックスへ


PAGE TOP