製品
製品一覧
スイッチ
無線LAN
一覧
基礎知識
アクセスポイント製品比較
無線LANネットワーク統合管理
動作検証
価格表
拡張モジュール
ルーター
ネットワークマネージ
メント・ソフトウェア
バーチャルAMFアプライ
アンス
Software-Defined Networking(SDN)/
OpenFlowコントローラー
メディアコンバーター/WDM
LANアダプター/HUB/
VDSL/ソフトウェア
アクセサリー
 
コレガ
 
TREND MICRO
Soliton Systems
Fortinet
Juniper Networks
Pulse Secure
アイビーシー
SightLine Systems
Milestone Systems
F5 Networks
Schneider Electric
GS YUASA
Raritan
NITTO
アイビーソリューション
IBM Aspera
Polycom
Apricorn
SRS
サンコーシヤ
動作検証
価格表
各種検索
データシート
無線LAN
価格表

チャンネルブランケット無線LANシステム

L S - 3 0 0 0
M S - 5 0 0
M S - 1 0 0 0
M S - 1 0 0 0 - C
R P - 2 2 n
R P - 3 2 n
R P - 2 2 E n

エクストリコム無線LANシステムは、単一フロアの中小規模の企業から複数のビルを持つ大規模の企業にまで幅広く対応した企業向けワイヤレスインフラストラクチャーです。チャンネルブランケットという独自の技術によって、エクストリコム無線LANスイッチに接続された複数のエクストリコム無線LANアクセスポイント(AP)を干渉させずに同一チャンネルで運用します。無線クライアントは個々の無線LAN APではなくスイッチにアソシエートし、すべての無線LANアクセスポイントが同一チャンネルを使用するため、ブランケット内で無線クライアントが移動してもローミングが発生しません。

無線LANスイッチMS-500は2個のアップリンクギガビットイーサネットポートと無線LAN APを接続する8個のPoEポートを持ちます。MS-1000/MS-1000-Cは2個のアップリンクギガビットイーサネットポートと無線LAN APを接続する16個のPoEポートを持ちます。また、MS-1000-Cは、MS-1000の機能に加えて、2台までのカスケード機能およびレジリエンシー機能をサポートしており、最大32台の無線LAN APを同一ブランケット上で動作させることができます。

アンテナ内蔵の無線LAN AP RP-22n/RP-32n、オプション(別売)の外部アンテナ対応の無線LAN AP RP-22Enにより、柔軟な設置が可能です。RP-22n/RP-22Enは最大2つのブランケットを、RP-32nは最大3つのブランケットを同時に利用できます※1

無線LANスイッチハードウェアプラットフォームLS-3000は2個のアップリンクギガビットイーサネットポートと8個の無線LANスイッチ専用ポートを搭載し、LS-3000を使うことで、複数の無線LANスイッチを同一ブランケットに集約できます。

既存の有線ネットワークインフラストラクチャーとシームレスに連携することにより、将来的にデータ、音声などが混在するネットワークにも柔軟に対応可能です。エクストリコムの無線LANシステムは、IEEE 802.11に準拠したチャンネルブランケットによってIT管理者とワイヤレスユーザーに革新的な無線LAN環境をもたらすソリューションを提供します。


旧エクスリコム製品

本製品をご購入の際には、有償サポートサービスのご契約が必須です。
受注生産品のため、納期につきましてはお問い合わせください。


※1 無線LANスイッチ(MS-500/MS-1000/MS-1000-C)と無線LANアクセスポイント(RP-22n/RP-32n/RP-22En)と組み合わせて利用する必要があります。その際、1つの無線LANスイッチに接続する無線LANアクセスポイントにはRP-22n/RP-32n/RP-22Enを混在させることが可能ですが、RP-22n/RP-22EnとRP-32nが混在する場合は使用可能なブランケットが2つまでとなります。


WiFi
MS-500 MS-1000 MS-1000-c
LS-3000 RP_22n RP_32n RP_32n ※AT-xANT-DB-RPSMAを装着した状態
 
MS-500
コード: ----- 販売終了
MS-1000
コード: ----- 販売終了
MS-1000-C
コード: ----- 販売終了
RP-32n
コード: ----- 販売終了
RP-22n
コード: ----- 販売終了
RP-22En
コード: ----- 販売終了
AT-xANT-DB-RPSMA
コード: ----- 販売終了
LS-3000
コード: ----- 販売終了
ファームウェア マニュアル
特長 仕様 外観図 データシートPDF

特長
チャンネルブランケットアーキテクチャー
エクストリコム無線LAN システムの最大の特長は、「チャンネルブランケット」アーキテクチャーです。
チャンネルブランケットは、同一チャンネルの複数のアクセスポイント(AP)をサービスエリアに配置することにより、サービスエリア全体を同一チャンネルで覆う技術です。無線LANスイッチで複数のAPを集中管理することにより、見かけ上、システム全体が多数のアンテナを持つ巨大なAPとして機能します。

オプション製品
シンプルな配置設計とメンテナンス
無線LANスイッチが全APを集中制御するため、同一チャンネルで動作するAPでの干渉を防ぎます。干渉を気にせずに必要な場所にAPを設置するだけで最適なカバレッジが得られます。これによってエクストリコム無線LANシリーズは煩雑なRFサーベイとセル設計の作業を軽減できます。
卓越したワイヤレスコネクティビティー
スイッチはそれぞれの無線クライアントから送信されたパケットを同じチャンネルで動作する複数のAPで受け取り、その中から 最良のAPを選択して応答します。このため、電波干渉に対する システムの柔軟性は高く、最大のスループットが得られます。
途切れないモビリティー
無線クライアントがチャンネルブランケット内を移動してもAP間のローミング、再認証、遅延が発生しないため、企業向け無線LANに理想的な途切れないモビリティーをもたらします。
802.11n対応
IEEE 802.11n に対応しており、従来の無線LAN規格(IEEE 802.11a/b/g)と比較して高速な通信(理論値)が可能です。
集中アクセス管理
エクストリコム無線LANスイッチは接続されているすべてのAPのメディアアクセスを集中制御します。同一チャンネル干渉が発生しないため、高負荷状態でもより高いパフォーマンスと、より安定した動作が可能です。
標準PoE 対応
エクストリコム無線LANスイッチは接続されているすべてのAPのメディアアクセスを集中制御します。同一チャンネル干渉が発生しないため、高負荷状態でもより高いパフォーマンスと、より安定した動作が可能です。
ブランケットの多層化
AP内の無線モジュールごとに別々のチャンネルを割り当てることで、チャンネルブランケットを重ね合わせることができます。こ れにより、性質の異なる無線クライアント(802.11b と802.11n など)やアプリケーション(音声とデータなど)の無線通信をチャ ンネルブランケットで分離することができます
※1
MIMO のカバレッジの変動に対応
RP-22n/RP-32n/RP-22En は、エクストリコム独自の特許技術でMIMOによる送信距離拡大の影響を受けることなく安定したスループットを実現し、またMIMOの予測できないカバレッジホールを解消します。エクストリコムのブランケットアーキテクチャー は複数のAPが同一のトラフィックを受信し、最適なAPより応答します。これにより無線クライアントは常に最適なAPと通信できるため、低レイテンシーで高スループットのアップリンクパスダイバーシティーを提供します。
大規模ブランケットへの拡張性
アップリンク側にLS-3000 を導入することで、最大8台までの無線LAN スイッチを同一のブランケットとして一元管理することができます。
※1 RP-22n/RP-22Enは最大2 つのブランケットを、RP-32nは最大3つのブランケットを同時に利用できます。1つの無線LAN スイッチに接続する無線LAN アクセスポイントにはRP-22n/RP-32n/RP-22Enを混在させることが可能ですが、RP-22n/RP-22EnとRP-32nが混在する場合は使用可能なブランケットが2つまでとなります。

仕様
           [ MS-500/MS-1000/MS-1000-C/LS-3000 ]
適合規格
安全規格 EN 60950-1
EMC規格 VCCIクラスB
準拠規格
無線部
IEEE 802.11a/b/g/n
IEEE 802.11d(Regulatory domains)
IEEE 802.11e/wmm
IEEE 802.11i
有線部
IEEE 802.3ab 1000BASE-T
IEEE 802.3x Flow Control
IEEE 802.3af Power over Ethernet
IEEE 802.1Q VLAN Tagging
IEEE 802.1X Port Based Network Access Control
IEEE 802.1p Class of Service, priority protocol
Inter AP protocol based on IEEE 802.11f
RFC 1305 Network Time Protocol (NTP)
RFC 2013 SNMPv2
RFC 2865 RADIUS
インターフェース
  MS-500 MS-1000 MS-1000-C LS-3000
WLAN ポート※1
(MS-500/MS-1000/MS-1000-C)

無線LANスイッチポート※1(LS-3000)
1000BASE-T
(PoE-OUT、RJ-45コネクター)
× 8 × 16 × 8
LAN ポート
(有線LANへのアップリンク)
1000BASE-T
(RJ-45 コネクター)
オートネゴシエーション
MDI/MDI-X自動認識
× 2※2 × 2※2 × 2※2
SFP スロット × 2※2 × 2※2 × 2※2
使用ケーブル  UTP エンハンスド・カテゴリー5 以上
サポート機能
無線LAN 同一スイッチに接続したAP間のハンドオフ:ゼロmsec
(各チャンネルにシングルBSSIDブランケットを構築)
スマートマルチキャスト:マルチキャスト送信の効率化
ブランケットロードバランシング
バンドステアリング
不正AP 検出(不正AP 検出用に1Radio 使用)
U-APSD(パワーセーブ)
wmmによるアクセスカテゴリ(AC)アサインメント
Selective RF kil(l 特定APの特定のRadioを無効化)
セキュリティー 802.11 WPA-PSK
802.11 WPA-EAP: TLS/TTLS/AKA/SIM/FAST
同一BSSID 上でWPA-PSKおよびWPA-EAP の併用
802.11 WPA2/RSN
802.11 WPA2 pre authentication(スイッチ間のfast handoff)
Proactive key caching; pre authentication(FHO)
Rogue AP 検出
Disassociationごとまたは設定したインターバル値によるGroup key更新
Bad MIC(Forgery)検出およびアラート
Web GUI(ユーザー名/ パスワード、TLS 暗号化)
PAP/CHAP によるCaptive Portal
MAC ACL スケジューラー
RADIUSサーバーと連携したMAC認証
WPA/AES(CCMP)
WPA2/AES(CCMP)
WEP 40 bit key(deprecated)
WEP 104 bit key(deprecated)
TKIP(deprecated)
Webコンフィグレーション /監視 AP port ネーミング
クイックインストレーションウィザード
レポート機能:接続端末数、Radioごと、全Radioのスループット情報を表示
有線LAN Dynamic VLAN assignment RFC 3580
RADIUS冗長化
RADIUSアカウンティング
ARP キャッシング
Lobby Ambassador(ゲスト用アカウント作成)
ネットワークマネージメント Syslog
サポート機能
【MS-1000-C】
カスケード機能 カスケード、レジリエンシー
サポート機能
【LS-3000】
無線LAN スイッチ(MS-1000/MS-1000-C)8 台、無線LAN AP(RP-22n/
RP-32n/RP-22En)128台のチャンネルブランケット集約
LED
電源LED
   Power (緑) 待機/起動中に点灯、
無線LANスイッチロード中に点滅
  (赤) 読み込みエラー時に点灯
  (緑/橙) RF localizationエラー時に交互に点滅
WLANポート LED(MS-500/MS-1000/MS-1000-C)
無線LANスイッチポート LED(LS-3000)
   Link (緑) リンク確立時に点灯、データ転送時に点滅
1000Mbpsでリンク確立時に点灯
   Status (橙) 読み込みエラー時に点灯
LANポート LED
   Act/Link
(1000BASE-T)
(緑) 1000Mbpsでリンク確立時に点灯、
データ転送時に点滅
   Status(SFP) (緑) 1000Mbpsでリンク確立時に点灯
電源部
定格入力電圧 AC100-240V
定格周波数 50/60Hz
最大入力 5A
無線LAN ポート:IEEE 802.3af インジェクター内蔵
環境条件
動作時温度 0 〜 45ºC
動作時湿度 0 〜 90%(結露なきこと)
保管時温度 -20 〜 70ºC
保管時湿度 0 〜 90%(結露なきこと)
外形寸法 441(W)× 371(D)× 44(H)mm(突起部含まず)
質量 3.6kg
パッケージ内容 本体、電源ケーブル※3、フェライトコア、19インチラックマウントキット(1式)、ゴム足(4個)、本製品をお使いの前に、サポートサービスに関するご案 内、製品保証書(90日間)
オプション(別売)
SFPモジュール  
   AT-SPSX 1000BASE-SX(2連LCコネクター)
   AT-SPSX2※4 1000M MMF(2km)(2連LCコネクター)
   AT-SPLX10 1000BASE-LX(2連LCコネクター)
※1 ダウンリンクには、LS-3000 は無線LAN スイッチ(MS-1000/MS-1000-C)と、MS-500/MS-1000/
MS-1000-Cは無線LAN AP(RP-22n/RP-32n/RP-22En)とのみ接続可能です。
※2 LANポートの1000BASE-TポートはSFPスロットとのコンボ(共用)ポート
※3 同梱の電源ケーブルは本製品専用です。他の電気機器では使用できませんので、ご注意ください。
※4 MS-1000-Cのカスケード接続にお使いの場合は、接続距離に制限があります。詳細は、ユーザーガイドをご覧ください。
           [ RP-22n/RP-32n/RP-22En ]
適合規格
安全規格 EN 60950-1
EMC規格 VCCIクラスB
電波法に基づく
技術基準
003-130182
準拠規格
無線部
IEEE 802.11a(5GHz)
IEEE 802.11b(2.4GHz、ショート/ロングプリアンブル)
IEEE 802.11g(2.4GHz、ピュアモード、ミックスモード)
IEEE 802.11n(2.4GHzおよび5GHz)
有線部
IEEE 802.3ab 1000BASE-T
IEEE 802.3x Flow Control
IEEE 802.3af Power over Ethernet
インターフェース
LANポート
 (スイッチへのアップリンク)
1000BASE-T(RJ-45コネクター)
  PoE受電対応
×1
使用ケーブル  UTP エンハンスド・カテゴリー5 以上
スペクトラム 
最大同時利用
チャンネル数
※1
RP-22n/RP-22En 2チャンネル
RP-32n               3チャンネル
動作周波数 2.412-2.484 GHz
  5.180-5.825 GHz
サポートレート
(Mbps)
802.11a 6, 9, 12, 18, 24, 36, 48, 54
802.11b/g 1, 2, 5.5, 6, 9, 11, 12, 18, 24, 36, 48, 54
802.11n(2.4GHzおよび5GHz)
   20MHz(GI=800ns) MCS 0-7:   6.5, 13, 19.5, 26, 39, 52, 58.5, 65
  MCS 8-15: 13, 26, 39, 52, 78, 104, 117, 130
   20MHz(GI=400ns) MCS 0-7:   7.2, 14.4, 21.7, 28.9, 43.3, 57.8, 65, 72.2
  MCS 8-15: 14.4, 28.9, 43.3, 57.8, 86.7, 115.6, 130, 144.4
   40MHz(GI=800ns) MCS 0-7:  13.5, 27, 40.5, 54, 81, 108, 121.5, 135
 
MCS 8-15: 27, 54, 81, 108, 162, 216, 243, 270
   40MHz(GI=400ns)
MCS 0-7:  15, 30, 45, 60, 90, 120, 135, 150
 
MCS 8-15: 30, 60, 90, 120, 180, 240, 270, 300
空中線電力
10mW/MHz 以下
アンテナ特性
アンテナ数 各Radio×2  
  RP-22n/RP-32n 本体内蔵(デュアルバンド無指向性内蔵アンテナ)
  RP-22En オプション(別売)の外部アンテナが必要
LED
LANポートLED
   左 (緑) 正常動作時に点滅
   右 (橙) 1 つ以上のRadio にてエラー発生時に点灯
電源部
PoE
環境条件
動作時温度 -5 〜 45ºC
動作時湿度 0 〜 95%(結露なきこと)
保管時温度 -20 〜 70ºC
保管時湿度 0 〜 90%(結露なきこと)
外形寸法
RP-22n/RP-32n 192(W)× 125(D)× 42(H)mm(突起部含まず)
RP-22En 232(W)× 125(D)× 41(H)mm(突起部含まず)
質量
RP-22n
0.273kg
RP-32n 0.282kg
RP-22En 0.573kg
パッケージ内容 本体、壁設置用ブラケットキット(1式)※2、設置工事用寸法シート※3、本製品をお使いの前に、サポートサービスに関するご案内、製品保証書(90日間)
オプション(別売)
RP-22n/RP-32n 用  
  AT-xBRKT-01 壁設置ブラケット
RP-22En 用  
  AT-xANT-DB-RPSMA RP-22En用 外部アンテナ
※1 802.11a/b/g/nチャンネルの任意の組み合わせ
※2 RP-22En のみ
※3 RP-22n/RP-32nのみ

外観図
  MS-500/MS-1000/MS-1000-C/LS-3000
AT-x930


AT-x930

 

RP-22n/RP-32n


外観図
 

RP-22En


外観図

2016年4月 現在


PAGE TOP