製品
製品一覧
スイッチ
無線LAN
一覧
基礎知識
無線LANネットワーク統合管理
動作検証
価格表
拡張モジュール
ルーター
ネットワークマネージ
メント・ソフトウェア
バーチャルAMFアプライ
アンス
Software-Defined Networking(SDN)/
OpenFlowコントローラー
メディアコンバーター/WDM
LANアダプター/HUB/
VDSL/ソフトウェア
アクセサリー
 
アライドテレシスアカデミー
 
有償トレーニングサービス
 
コレガ
 
TREND MICRO
Soliton Systems
Fortinet
Pulse Secure
アイビーシー
SightLine Systems
Schneider Electric
GS YUASA
NITTO
アイビーソリューション
IBM Aspera
Polycom
SRS
サンコーシヤ
動作検証
価格表
各種検索
無線LAN | 専用装置によるAP集中管理
AT-UWC
概要
AT-TQシリーズを最大210台まで一括管理可能な無線コントローラーです。
1台のAPやひとつのSSIDだけではなく、無線ネットワーク全体を一括管理することで、無線の状況を把握しやすくします。
AT-UWC
特長
無線アクセスポイント自動検出
Localネットワーク上の無線APを自動検出して、コントローラーから管理できるようにします。
無線アクセスポイント自動検出
無線電波の管理
無線構成内の電波干渉を定期的に確認し、全体の自動でチャンネルを再構築します。
無線構成内のAP障害や端末通信状況を確認し、自動で出力を調整します。
無線電波の管理
自動調整された電波出力は原因が解決できたら、10%単位で調整されて、元の出力に戻ります。
電波の自動管理はお客様の無線環境により、期待通りの動作を行わない可能性がございます。
無線ネットワークの可視化
実際のフロアマップを活用し、無線ネットワークを可視化します。
無線端末のおおよその位置を表示します。
APの稼動状況やチャンネル状況が把握できます。
無線ネットワークの可視化
設定ファイルの一括管理
最大128のAP設定ファイルを作成して、無線APに適用します。
作成した設定ファイルは複数のAPに適用して管理することが可能です。
設定ファイルの一括管理
Web認証(Captive Portal)
Wi-Fiスポットに有効
認証によるセキュリティの強化、またはアクセスユーザーに対し利用規約の表示
無線クライアントがHTTP/HTTPSの通信を開始すると強制的に認証ページにリダイレクトさせます。
認証が成立するまで、無線クライアントのネットワークへのアクセスをブロックする機能できます。
Web認証 (Captive Portal)
ファームウェアの一括更新
ファームウェアの一括更新
複数のAPのファームウェアをコントローラー上で一括更新することで、メンテナンスコスト削減を実現します。
複数のAPを機種単位で更新することもできます。
サーバのリソースや無線状況にあわせて、同時にファームウェア更新を行う台数を指定できます。
ファームウェアの一括更新
ファームウェアの一括更新には、別途TFTPサーバが必要となります。
コントローラーの冗長構成
AT-TQシリーズはコントローラーでの一括管理する管理モード(Managed Mode)とAP毎に管理する独立モード(Standalone Mode)をサポートします。
コントローラーとの接続が切断された場合でも、既存反映されたスタンドアローンモードに切り替え、無線LANサービスを継続できます。
コントローラーの冗長構成
コントローラー接続切断時にスタンドアローン動作への切り替えはAT-UWCバージョン2.0.0以上
必要です。
AT-UWCは複数のコントローラーとクラスター構成を構築します。
クラスター構成ができたら、クラスターマスターから無線全体のAPの状況や接続端末情報など一括監視することができます。
APの設定を他のAT-UWCに配信して、クラスター内で210以上のAPを管理できます。
コントローラーの冗長構成
AMF ワイヤレスマネージャー機能
2015年4月リリースのファームウェアにAMFマスターにUWCと同等の機能を有するAMFワイヤレスマネージャー機能が実装されました。
無線・有線ネットワークの統合管理を実現
最大240台の統合管理(無線AP:120台、スイッチ/ルーター120台に対応
規模に応じた無線・有線ネットワークのシームレスな管理を実現
AMF ワイヤレスマネージャー機能
ワイヤレスマネージャー機能についてはこちらをご参照ください。
AT-MWS GPシリーズ
製品概要
AT-MWS GPシリーズは同一セグメント内のAT-MWS APシリーズを一括管理できます。
RouterやL3スイッチを超えるAT-MWS APを管理することはできません。
AT-MWS GPシリーズ
特長
イニシャルコスト削減
小中規模のネットワークに適した低価格設定です。
AT-MWS2012GPは20APまで、AT-MWS5028GPは最大50APを1台のスイッチで追加ライセンス不要で一括管理できます。
イニシャルコスト削減
シンプル操作
同一セグメント内で起動したAT-MWS APシリーズを自動検出し、簡単に管理
アクセスポイントに事前設定を行うことなく無線LANサービスを開始
シンプル操作
プロビジョニング
あらかじめ作成したAPの設定情報(プロファイル)をAT-MWS GPシリーズから一括してAPに投入できます。
ファームウェアのバージョンアップも一括して行うことができます。
プロビジョニング
使いやすいシンプルなユーザーインターフェース設計
直感的な操作でAPの管理・監視が可能
ユーザーインターフェース設計
無線LANコントローラーの機能比較
カテゴリ 無線LANコントローラー
製品名 AT-MWS
シリーズ
AT-TQ/AT-UWC
シリーズ
ソフト
ウェア版
アプライアンス版
アクセスポイントのスタンドアローンでの運用
コントローラー(無線スイッチ)でのアクセスポイント管理
コント
ローラー
の機能
1台のコントローラーで管理可能なAPの最大数
50 210
設定の容易性
AP障害時の自動出力調整 -
AP交換時の設定自動復旧 - -
シングルチャンネル設計 - -
ローミングレス環境の構築 - -
無線のセル設計の容易性
他セグメント上のAPの管理 -
コントローラーの仮想化環境での利用 - -
コントローラーからのPoE給電 -
コントローラーの冗長 -


PAGE TOP