製品
製品一覧
スイッチ
無線LAN
一覧
基礎知識
アクセスポイント製品比較
無線LANネットワーク統合管理
動作検証
価格表
拡張モジュール
ルーター
ネットワークマネージ
メント・ソフトウェア
バーチャルAMFアプライ
アンス
Software-Defined Networking(SDN)/
OpenFlowコントローラー
メディアコンバーター/WDM
LANアダプター/HUB/
VDSL/ソフトウェア
アクセサリー
 
コレガ
 
TREND MICRO
Soliton Systems
Fortinet
Juniper Networks
Pulse Secure
アイビーシー
SightLine Systems
Milestone Systems
F5 Networks
Schneider Electric
GS YUASA
Raritan
NITTO
アイビーソリューション
IBM Aspera
Polycom
Apricorn
SRS
サンコーシヤ
動作検証
価格表
各種検索
データシート
無線LAN
価格表

IEEE 802.11a/b/g/n/ac対応
無線LANアクセスポイント

A T - M W S space A P Series
 
A T - M W S 6 0 0 A P
A T - M W S 1 7 5 0 A P
A T - M W S2 5 3 3 A P

AT-MWS APシリーズはIEEE 802.11a/b/g/nまたはIEEE 802.11a/b/g/n/acに対応した無線LANアクセスポイントです。2.4GHzと5GHzの同時利用が可能で、自立型アクセスポイントとしてのご利用はもちろん、AT-Vista Manager EXおよびAT-MWS GPシリーズによる集中管理にも対応し、WLANの規模や用途に応じて柔軟に使い分けることができます。
AT-MWS600APはIEEE 802.11nの2空間ストリーム、AT-MWS1750APはIEEE 802.11nおよびIEEE 802.11acの3空間ストリームに対応しており、小規模の無線LANネットワークの構築に柔軟に対応します。
AT-MWS2533APはIEEE 802.11nおよびIEEE 802.11acの4空間ストリーム、IEEE 802.11ac Wave2のマルチユーザーMIMO(MU-MIMO)にも対応しており、IEEE 802.11ac Wave2をサポートする無線クライアントと組み合わせて利用することで、小規模の無線LANネットワークの構築に柔軟対応するだけでなく、効率的な無線通信環境を実現します。


本体にサポートサービス(デリバリースタンダード)の加入権をバンドルした型番をご用意しています。 デリバリー2、デリバリー6、またはオンサイトサービスをご希望の場合には、加入権がバンドルされていない型番にてご購入いただき、別途有償 サポートサービスをご契約ください。

キャンペーン実施中

アカデミック製品

5年間保証 WiFi
AT-MWS600/1750AP
AT-MWS2533AP
AT-MWS0091
AT-MWS600AP-Z1 (RoHS)
コード: 1950RZ1 価格:¥40,900
(税込¥44,172)
AT-MWS600AP-Z5 (RoHS)
コード: 1950RZ5 価格:¥45,500
(税込¥49,140)
AT-MWS600AP (RoHS)
コード: 1950R 価格:¥39,500
(税込¥42,660)
AT-MWS1750AP-Z1 (RoHS)
コード: 1952RZ1 価格:¥82,000
(税込¥88,560)
AT-MWS1750AP-Z5 (RoHS)
コード: 1952RZ5 価格:¥91,100
(税込¥98,388)
AT-MWS1750AP (RoHS)
コード: 1952R 価格:¥79,200
(税込¥85,536)
AT-MWS2533AP-Z1 (RoHS)
コード: 3697RZ1 価格:¥98,600
(税込¥106,488)
AT-MWS2533AP-Z5 (RoHS)
コード: 3697RZ5 価格:¥109,500
(税込¥118,260)
AT-MWS2533AP (RoHS)
コード: 3697R 価格:¥95,200
(税込¥102,816)
AT-MWS0091 (RoHS)
コード: 3665R 価格:¥7,700
(税込¥8,316)
ファームウェア マニュアル
特長 仕様 外観図 データシートPDF

特長
IEEE 802.11ac /IEEE 802.11n 対応
AT-MWS600APはIEEE 802.11nの2空間ストリーム、理論値最大2.4GHz 300Mbps+5GHz 300Mbpsのスループットに、AT-MWS1750APはIEEE 802.11nおよびIEEE 802.11acの3空間ストリーム、理論値最大2.4GHz 450Mbps(11n)+5GHz1.3Gbps(11ac)のスループットに、AT-MWS2533APはIEEE802.11nおよびIEEE 802.11acの4空間ストリーム、理論値最大2.4GHz 800Mbps(11n)※1+5GHz 1. 7Gbps(11ac)のスループットに対応しています。
※1 IEEE 802.11n(2.4GHz)で情報変調方式256QAM使用時の値です。なお、800Mbpsで通信する場合は、無線クライアントが256QAMに対応している必要があります。
AT-Vista Manager EXによる集中管理※2※3
AT-Vista Manager EX による集中管理時には、AWC(Autonomous Wave Control)に対応、管理対象の無線アクセスポイント周囲の電波出力、チャンネルを常に認識し、最適化する ことで、無線LANの運用コストを低減します。また、設置エリアごとにマップを作成して監視するなどの機能を備えるほか、共通の設定情報をテンプレート化して複数の無線アクセスポイントに適用できるため、導入や運用時の変更にかかる工数を削減できます。
※2 AT-Vista Manager EX バージョン2.2.0 以降が必要です。AT-MWS2533AP、AT-MWS1750APは、ファームウェアバージョン2.2.0 以降が、AT-MWS600APは、ファームウェアバージョン2.2.1以降が必要です。
※3 集中管理時のサポート機能などはAT-Vista Manager EXのマニュアルをご確認ください。
AT-MWS GPシリーズによる集中管理※4※5
AT-MWS GPシリーズによる集中管理時には、ステータス表示やフロアマップ表示はもちろん、Googleマップとの連携にも対応。さらにインタラクティブな統計情報も表示することができ、アクセスポイントごとやクライアントごとの通信量の把握に役立ちます。また、あらかじめ設定しておいたAPプロファイルに基づくコンフィグレーションを簡単操作で対象アクセスポイントに投入できます。
※4 AT-MWS APシリーズ ファームウェアバージョン2.2.0 では利用できません。また、AT-MWS2533APはAT-MWS5028GPからの管理のみ対応となり、ファームウェアバージョン2.1.1または2.2.1 が必要です。
※5 集中管理時のサポート機能などはAT-MWS GPシリーズのデータシートおよびマニュアルをご確認ください。
バンドステアリング
アクセスポイントへ接続するクライアントに対して、電波干渉や接続端末が多くなりがちな2.4GHz帯を避け優先して5GHz帯へのアソシエーションを促すことができます。2.4GHz帯の混雑緩和と安定して使用することができる5GHz帯への誘導によって負荷を分散させることができます。
ファストハンドオーバー
アクセスポイントへ接続するクライアントに対して、あらかじめ設定された受信電波強度を下回った場合に強制的に切断することができます。これによって、弱い電波強度における不安定な通信が継続されることを抑止し、より強い安定した電波を使用して通信することができる、他のアクセスポイントへのハンドオーバーを促します。※6
※6 強制切断された際、より強い電波で通信可能な他のアクセスポイントへ接続できるように、高密度でアクセスポイントが配置された環境設計が必要です。このような環境設計がなされていない場合、クライアントは強制切断されるだけで通信状況は改善されないことがあります。
スケジューリング
あらかじめ設定したスケジュールに従って自動的にアクセスポイントの再起動やSSIDを有効化/無効化させることができます。利用者がいなくなる夜間や週末などに、不要な電波を止めることでセキュリティー上の懸念を減少させることができます。

仕様
適合規格
EMI規格 VCCI クラスB
安全規格 UL60950-1、CSA-C22.2 No.60950-1
EU RoHS 指令
電波法に基づく
技術基準
003-140221(AT-MWS600AP)
003-150033(AT-MWS1750AP)
201-163166(AT-MWS2533AP)
相互接続認定 Wi-Fi(WPAパーソナル(WPA-PSK)、WPAエンタープライズ(WPA-EAP)、WPA2パーソナル(WPA2-PSK)、WPA2 エンタープライズ(WPA2-EAP)、WMM)
無線部
準拠規格
国際規格: IEEE 802.11, IEEE 802.11a※1,
IEEE 802.11b,IEEE 802.11g,
IEEE 802.11n※1, IEEE 802.11ac※2
IEEE 802.11k Radio Resource Measurement of Wireless LANs
IEEE 802.11r Fast Basic Service Set Transition
国内規格: ARIB STD-T66、ARIB STD-T71
周波数帯域 2.4GHz帯:2400〜2483.5MHz、
5GHz帯:5150〜5350MHz、5470〜5725MHz
変復調方式
802.11a/g/n/ac※2 OFDM
802.11b: DS-SS、CCK
情報変調方式
802.11ac※2 BPSK、QPSK、16QAM、64QAM、256QAM
802.11a/g/n: BPSK、QPSK、16QAM、64QAM、256QAM
802.11b: DQPSK、DBPSK
アクセス制御方式 CSMA/CA + Ack with RTS/CTS
アンテナ形式 内蔵
アンテナ本数
(2.4GHz/5GHz)
AT-MWS600AP:  2/2
AT-MWS1750AP:3/3
AT-MWS2533AP:4/4
ストリーム数 AT-MWS600AP:  2ストリームMIMO
AT-MWS1750AP:3ストリームMIMO
AT-MWS2533AP:4ストリームMIMO※3
データ通信速度※4
802.11b: 11/5.5/2/1Mbps 自動切替
802.11a/g: 54/48/36/24/18/12/9/6Mbps自動切替
802.11n: 最大300Mbps(AT-MWS600AP)
最大450Mbps(AT-MWS1750AP)
最大800Mbps※5(AT-MWS2533AP)
802.11ac※2 最大1300Mbps(AT-MWS1750AP)
最大1733.3Mbps(AT-MWS2533AP)
チャンネル数
802.11b/g: 13チャンネル
802.11a: 19チャンネル(W52/W53/W56)
802.11n(2.4GHz): 13チャンネル
802.11n(5GHz): 19チャンネル
802.11ac※2 19チャンネル
重複しない
チャンネル数
802.11b/g: 3チャンネル
802.11a: 19チャンネル
802.11n(2.4GHz): 20MHz:3チャンネル
40MHz:1チャンネル
802.11n(5GHz): 20MHz:19チャンネル
40MHz:9チャンネル
802.11ac※2 20MHz:19チャンネル
40MHz:9チャンネル
80MHz:4チャンネル
空中線電力 10mW/MHz以下
最大接続台数 127台※6
セキュリティー機能
認証方式 オープンシステム認証、共有キー認証、IEEE 802.1X
(802.1X/EAP認証: EAP-TLS、EAP-TTLS / MSCHAPv2、PEAPv0 / EAP-MSCHAPv2、 PEAPv1 / EAP-GTC、EAP-SIM、EAP-AKA、EAP-AKA Prime、EAP-FAST)、WPA(エンタープライズ、パーソナル)、WPA2(エンタープライズ、パーソナル)
暗号化 WEP:64/128/152 ビット(IEEE 802.11a/b/g使用時のみ)
WPA / WPA2:AES、TKIP
MACアドレス
フィルタリング数
Wireless Settings(SSID)ごとに32 個
隣接AP検出、SSID遮蔽(ANY接続拒否)、無線クライアント間通信禁止、L2アイソレーション
サポート機能※7
無線設定 自動チャンネル選択、電力設定、VAP(マルチプルSSIDとVLAN 関連付け)、ゲストネットワーク、 QoS(WMM)、SSIDごとのシェーピング、バンドステアリング、ファストローミング、ファストハンドオーバー
有線設定
(AT-MWS2533APのみ)
ポートトランキング(IEEE 802.3ad LACP)※8
スパニングツリー(IEEE 802.1D)※8
管理機能※9
Web GUIによる設定(HTTP/HTTPS)、設定のバックアップとリストア、ファームウェアの更新(HTTP)、IPv4、IPv6、SNMPv1/v2c/v3、スケジューリング(SSID オン/ オフ、AP 再起動)、emailアラート、syslog ノーティフィケーション、SNTP クライアント、タイムゾーン設定、Ping、Traceroute、速度測定、Eco LED(LED ごとのオン/ オフ設定)、 管理者ID/ パスワード設定、AT-Vista Manager EXによる集中一括管理、AT-MWS GPシリーズによる集中一括管理
有線部
準拠規格 IEEE 802.3 10BASE-T, IEEE 802.3u 100BASE-TX,
IEEE 802.3ab 1000BASE-T,
IEEE 802.3x Flow Control,
IEEE 802.3at Power over Ethernet+※10,
IEEE 802.1D-1998 Spanning Tree,
IEEE 802.1Q VLAN Tagging,
IEEE 802.1AX-2008 Link Aggregation(dynamic)※11
データ通信速度 10Mbps/100Mbps/1000Mbps
ポート
【AT-MWS600AP / AT-MWS1750AP】
10/100/1000BASE-T(PoE-IN、RJ-45 コネクター)× 1
オートネゴシエーション、MDI/MDI-X自動認識
【AT-MWS2533AP】
10/100/1000BASE-T(PoE-IN、RJ-45 コネクター)× 2
オートネゴシエーション、MDI/MDI-X自動認識
アクセス制御方式 CSMA/CD
使用ケーブル 非PoE PoE+※12
10BASE-T UTPカテゴリー3以上 UTPエンハンスド・カテゴリー5以上
100BASE-TX UTPカテゴリー5以上 UTPエンハンスド・カテゴリー5以上
1000BASE-T UTPエンハンスド・カテゴリー5 以上
LED※13
【AT-MWS600AP / AT-MWS1750AP】
LAN (青) リンク確立時に点灯、パケット送受信時に点滅
2.4 (青) 2.4GHz帯の無線設定有効時に点灯、データ送受信時に点滅
5 (緑) 5GHz帯の無線設定有効時に点灯、データ送受信時に点滅
POWER (橙) 電源供給時に点灯
【AT-MWS2533AP】
LAN 1/2 (緑) 1000Mbpsでリンク確立時に点灯、パケット送受信時に点滅
(橙) 10/100Mbpsでリンク確立時に点灯、パケット送受信時に点滅
2.4 (緑) 2.4GHz帯の無線設定有効時に点灯、データ送受信時に点滅
5 (緑) 5GHz帯の無線設定有効時に点灯、データ送受信時に点滅
POWER (緑) 電源供給時に点灯、システム起動中またはファームウェア更新中に点滅
電源部
ACアダプター使用時
【AT-MWS
600AP】
【AT-MWS
1750AP】
【AT-MWS
2533AP】
定格入力電圧 AC100-240V
入力電圧範囲 AC90-264V
定格周波数 50/60Hz
定格入力電流 0.30A 0.50A
最大入力電流
(実測値)
0.26A 0.26A 0.42A
平均消費電力 7.3W
(最大11W)
7.9W
(最大11W)
18W
(最大21W)
平均発熱量
26kJ/h
(最大39kJ/h)
28kJ/h
(最大40kJ/h)
68kJ/h
(最大76kJ/h)
PoE 受電時 IEEE 802.3at(クラス4)
環境条件
【AT-MWS600AP / AT-MWS1750AP】
動作時温度 0〜40℃
動作時湿度 10〜80%(結露なきこと)
保管時温度 -20〜60℃
保管時湿度 10〜95%(結露なきこと)
【AT-MWS2533AP】
動作時温度 PoE 受電時:0〜50℃
ACアダプター使用時:0〜45℃
動作時湿度 5〜90%(結露なきこと)
保管時温度 -40〜70℃
保管時湿度 5〜95%(結露なきこと)
外形寸法
【AT-MWS600AP / AT-MWS1750AP】
161.2(W)× 161.2(D)× 38(H)mm
【AT-MWS2533AP】
215(W)× 215(D)× 56(H)mm
質量
【AT-MWS600AP】 【AT-MWS1750AP】 【AT-MWS2533AP】
280g 340g 1.6kg
パッケージ内容
【AT-MWS600AP / AT-MWS1750AP】
本体、天井・壁設置ブラケットキット(1式)、
Tレールマウントキット(1式)、製品保証書(5年)、シリアル番号シール(2枚)、本製品をお使いの前に、梱包内容
【AT-MWS2533AP】
本体、製品保証書(5年)、シリアル番号シール(2枚)、本製品をお使いの前に、梱包内容
オプション
(別売)
「-Z1」はデリバリー
スタンダード 1年
加入権利付き※14
【AT-MWS600AP / AT-MWS1750AP】
レイヤー2plusギガビット・無線LANコントローラーPoE+スイッチ
AT-MWS2012GP-Z1:10/100/1000BASE-T(PoE-OUT)×8、
         10/100/1000BASE-T × 2、SFP スロット×2
AT-MWS5028GP-Z1:10/100/1000BASE-T(PoE-OUT)×24、
         SFP スロット× 4
AT-6101GP-Z1   :PoE+ インジェクター
AT-MWS0091     :ACアダプター
【AT-MWS2533AP】
レイヤー2plusギガビット・無線LAN コントローラー PoE+スイッチ
AT-MWS5028GP-Z1:10/100/1000BASE-T(PoE-OUT)× 24、
         SFP スロット× 4
AT-6101GP-Z1   :PoE+ インジェクター
AT-BRKT-MWS01   :天井・壁設置ブラケット
AT-MWS0091     :ACアダプター
  製品の設置方向について:
 AT-MWS600AP・AT-MWS1750AP
 AT-MWS2533AP
※1 5GHz帯のW52/W53チャンネル帯は電波法令により屋外での使用が禁止されています。屋外では、必ずW56チャンネル帯をご使用ください。 また、IEEE 802.11a は従来のチャンネル帯J52をサポートしておりません。J52のみを使用した無線LAN機器とは通信できませんのでご注意ください。
※2 AT-MWS1750AP / AT-MWS2533APのみ
※3 MU-MIMOでは、最大3台の無線クライアントとの同時通信が可能になります。ただし、アクセスポイントからクライアントへのダウンリンク方向のみ対応しています。
※4 表示の数値は、無線LAN規格上の最大値であり、実際のデータ転送速度を示すものではありません。
※5 IEEE 802.11n(2.4GHz)で情報変調方式256QAM使用時の値です。なお、800Mbpsで通信する場合は、無線クライアントが256QAMに対応している必要があります。また、IEEE 802.11n規格の最大値は600Mbps です。
※6 弊社テスト環境での実測値であり、すべての環境で保証するものではありません。無線クライアント40台接続時のダウンロード方向スループットは、AT-MWS600APの場合218Mbps、AT-MWS1750APの場合749.53Mbps、AT-MWS2533APの場合970.16Mbps(弊社テスト環境での実測値)です。最大接続台数はお客様が使用される設定、アプリケーションや環境によって変化しますので、ご利用環境を元にご検討をお願いいたします。
※7 サポート機能の詳細は、マニュアルをご確認ください。
※8 AT-MWS2533APで本機能を使用する場合は、LANポートを2ポートとも同一の無線LANコントローラーに接続するか、スイッチを中継させる場合は同一のスイッチに接続するようにしてください。
※9 トラップ情報は、こちらにてご確認ください。
※10 LLDP による電力ネゴシエーションは未サポート
※11 IEEE 802.3adと同等
※12 8線結線のストレートタイプのUTP ケーブルをお勧めします。
※13 Web GUIの設定によりすべてのLED の消灯が可能です。
※14 Zは「デリバリースタンダード」、下1桁目は提供年数を表します。
ACアダプター(別売) AT-MWS0091
外形寸法 32.6(W)× 57.5(D)× 69(H)mm(突起部含まず)
DCケーブル長 1.5m
質量 130g
パッケージ内容 本体、製品保証書(1年)、シリアル番号シール(2枚)、梱包内容

外観図
  外観図:前面
外観図:背面

外観図:前面
外観図:背面

2017年10月 現在


PAGE TOP