製品
製品一覧
スイッチ
無線LAN
一覧
基礎知識
アクセスポイント製品比較
無線LANネットワーク統合管理
動作検証
価格表
拡張モジュール
ルーター
ネットワークマネージ
メント・ソフトウェア
バーチャルAMFアプライ
アンス
Software-Defined Networking(SDN)/
OpenFlowコントローラー
メディアコンバーター/WDM
LANアダプター/HUB/
VDSL/ソフトウェア
アクセサリー
 
コレガ
 
TREND MICRO
Soliton Systems
Fortinet
Juniper Networks
Pulse Secure
アイビーシー
SightLine Systems
Milestone Systems
F5 Networks
Schneider Electric
GS YUASA
Raritan
NITTO
アイビーソリューション
IBM Aspera
Polycom
Apricorn
SRS
サンコーシヤ
動作検証
価格表
各種検索
データシート  
無線LAN

レイヤー2plus ギガビット・
無線LAN コントローラー PoE+スイッチ

A T - M W S space G P Series
A T - M W S 2 0 1 2 G P
A T - M W S 5 0 2 8 G P

AT-MWS GPシリーズは、無線LANアクセスポイントのAT-MWS APシリーズを集中管理する、無線LANコントローラー機能対応のレイヤー2plus ギガビット PoE+スイッチです。
同一セグメント内のAT-MWS APシリーズを最大50台まで一括管理可能で、中小規模の無線ネットワークの構築を安価で容易に実現します。
AT-MWS2012GPは、最大20台のAT-MWS600AP / AT-MWS1750APの集中管理に対応し、各アクセスポイントへのプロビジョニング(自動設定管理)およびステータス管理が可能です。最大130Wの 最大供給電力に対応しており、1ポートあたり15.4W PoE給電時においては最大8ポート、30W PoE給電時には最大4ポートまで電源供給を行います。
AT-MWS5028GPは最大50台のAT-MWS600AP / AT-MWS1750AP / AT-MWS2533AP※1の集中管理に対応し、各アクセスポイントへのプロビジョニング(自動設定管理)およびステータス管理が可能です。最大185Wの最大供給電力に対応しており、1ポートあたり15.4W PoE給電時においては最大12ポート、30W PoE給電時には最大6ポートまで電源供給を行います。

※1 AT-MWS2533APの管理には、AT-MWS5028GPのファームウェアバージョン2.1.0以降が必要です。また、ファームウェアバージョン2.1.0ではAT-MWS600AP / AT-MWS1750APの管理はできませんのでご注意ください。

本体にサポートサービス(デリバリースタンダード)の加入権をバンドルした型番をご用意しています。 デリバリー2、デリバリー6、またはオンサイトサービスをご希望の場合には、加入権がバンドルされていない型番にてご購入いただき、別途有償サポートサービスをご契約ください。

キャンペーン実施中

アカデミック製品

5年間保証
AT-MWS2012GP/AT-MWS5028GP
AT-MWS2012GP-Z1(RoHS)
コード: 1947RZ1 価格:¥135,100
(税込¥145,908)
AT-MWS2012GP-Z5(RoHS)
コード: 1947RZ5 価格:¥150,100
(税込¥162,108)
AT-MWS2012GP(RoHS)
コード: 1947R 価格:¥130,500
(税込¥140,940)
AT-MWS5028GP-Z1(RoHS)
コード: 1948RZ1 価格:¥226,500
(税込¥244,620)
AT-MWS5028GP-Z5(RoHS)
コード: 1948RZ5 価格:¥251,700
(税込¥271,836)
AT-MWS5028GP(RoHS)
コード: 1948R 価格:¥218,800
(税込¥236,304)
ファームウェアマニュアル
特長仕様外観図外観図データシートPDF

特長
プロビジョニング
AT-MWS APシリーズ無線LANアクセスポイントの一括管理に対応。
同一セグメント内で起動したAT-MWS APシリーズは自動的に検出され、あらかじめ設定しておいたAPプロファイルに基づくコンフィグレーションを簡単操作で対象アクセスポイントに投入できます。
アクセスポイント側は、事前設定を行うことなく無線LANサービスを開始することができる、「ゼロタッチ・コンフィグレーション」によるサービスインが可能です。

集中管理
Webブラウザーを使用した情報把握性に優れたユーザーインターフェースを実現しています。
ネットワーク・トポロジーの自動描画およびステータス表示やフロアマップ表示はもちろん、Googleマップとの連携にも対応。さらにインタラクティブな統計情報も表示することができ、アクセスポイントごとやクライアントごとの通信量の把握に役立ちます。
管理下のアクセスポイントについて、新機能への対応や不具合修正時のファームウェアアップグレードはAT-MWS GPシリーズのGUIから一括で実施でき、ストレスフリーなアクセスポイント管理を可能としています。
トラブルシューティング
管理下のアクセスポイントに対する診断機能やUTPケーブル診断、およびPing/Tracerouteのネットワーク診断用機能を サポート。障害発生時の速やかな一時切り分けに役立ちます。
バンドステアリング
管理下のアクセスポイントへ接続するクライアントに対して、電波干渉や接続端末が多くなりがちな2.4GHz帯を避け、優先して5GHz帯へのアソシエーションを促すことができます。
2.4GHz帯の混雑緩和と安定して使用することができる5GHz帯への誘導によって負荷を分散させることができます。
ファストハンドオーバー
管理下のアクセスポイントへ接続するクライアントに対して、あらかじめ設定された受信電波強度を下回った場合に 強制的に切断することができます。これによって弱い電波強度で不安定な通信が継続されることを抑止し、より強い安定した電波を使用して通信することが できる他のアクセスポイントへのハンドオーバーを促します。※1
※1 強制切断された際、より強い電波で通信可能な他のアクセスポイントへ接続できるように、高密度でアクセスポイントが配置された環境設計が必要です。このような環境設計がなされていない場合、クライアントは強制切断されるだけで通信状況は改善されないことがあります。
PoE+(IEEE 802.3at)
PoE(Power over Ethernet)規格であるIEEE 802.3atに準拠し、接続されたIEEE 802.3afまたはIEEE 802.3at準拠の 受電機器へ給電することができます。
レイヤー2 スイッチ機能
VLANやSTP/RSTP/MSTP、SNMPやIGMPスヌーピング、さらにIPv4/IPv6 ACLなど、レイヤー2plusスイッチの機能にも 対応。配下で管理するアクセスポイントと合わせてネットワークエッジに充実した機能を提供します。

仕様

準拠規格
IEEE 802.3 10BASE-T
IEEE 802.3u 100BASE-TX/FX※1
IEEE 802.3z 1000BASE-LX※1 /SX※1
IEEE 802.3ab 1000BASE-T
IEEE 802.3ah 1000BASE-BX10※1
IEEE 802.3x Flow Control
IEEE 802.3af Power over Ethernet
IEEE 802.3at Power over Ethernet+
IEEE 802.3az Energy-Efficient Ethernet
IEEE 802.1D-2004 Spanning Tree, Rapid Spanning Tree※2
IEEE 802.1Q-2005 VLAN Tagging, Multiple Spanning Tree※3
IEEE 802.1X Port Based Network Access Control
IEEE 802.1AB Link Layer Discovery Protocol
IEEE 802.1AX-2008 Link Aggregation(static and dynamic)※4
IEEE 802.1p Class of Service, priority protocol

適合規格
安全規格 UL60950-1, CSA-C22.2 No.60950-1
EMI 規格 VCCI クラスA
EU RoHS 指令

マネージメント
※5

SNMP


SNMPv1/v2c/v3
SNMP MIB MIB II(RFC1213),
Extended Interface MIB(RFC2863),
SNMPv3 MIB(RFC3411〜RFC3415),
SNMPv2 MIB(RFC3418),
Ethernet MIB(RFC3635),
Bridge MIB(RFC4188),
Extended Bridge MIB(RFC4363),
LLDP MIB(IEEE 802.1AB),
RMON 1,2,3,9 Group
ターミナル Webブラウザー設定(HTTP)
通信速度 10Mbps/100Mbps/1000Mbps

ポート

【AT-MWS2012GP】

【AT-MWS5028GP】
10/100/1000BASE-T
(PoE-OUT、RJ-45コネクター)
×8 ×24
10/100/1000BASE-T
(RJ-45 コネクター)
×2 -
オートネゴシエーション
10M/100M Full/Half 固定設定、1000M Full固定設定
MDI/MDI-X 自動認識
SFPスロット ×2 ×4
RS-232
(RJ-45コネクター)
×1※6 ×1※6

使用ケーブル
  非PoE PoE※7 PoE+※7
10BASE-T UTPカテゴリー3以上 UTPカテゴリー5以上 UTPエンハンスド・カテゴリー5以上
100BASE-TX UTPカテゴリー5以上 UTPカテゴリー5以上 UTPエンハンスド・カテゴリー5以上
1000BASE-T UTPエンハンスド・カテゴリー5以上

切替スイッチ

MODE LED 表示切替ボタン
10/100/1000BASE-T PoE ポートのMODE LED 表示切替。
LAN MODE(通信速度表示)かPOE MODE(PoE 電源の供給状態表示)かを選択。

リセットボタン
約2 秒間の押下でハードウェアリセット。約10 秒間の押下で工場出荷時設定へのリセット。
パフォーマンス
【AT-MWS2012GP】 【AT-MWS5028GP】
スイッチング方式
ストア&フォワード
最大パケット転送能力(装置全体/64Byte)
17.85Mpps 41.66Mpps
スイッチング・ファブリック
24Gbps 56Gbps
メモリー容量
 フラッシュメモリー
32MByte
 メインメモリー
256MByte
MACアドレス登録数
8K※8
VLAN登録数
4094個(VID=1〜4,094)
サポート機能
【スイッチ】
ハードウェアパケットフィルター、ポートセキュリティー、VLAN(ポートベース/IEEE 802.1Qタグベース/)、QoS(IEEE 802.1p/DSCP/シェーピング)、ポートトランキング(IEEE 802.3ad LACP/Manual Configuration)、スパニングツリー(IEEE 802.1D/IEEE 802.1w/IEEE 802.1s)、スパニングツリーポートファスト、ポート帯域制限、ポートミラーリング、フローコントロール、LLDP、Voice VLAN、パケットストームプロテクション、IEEE 802.1X認証モード(SingleHost)、RADIUSクライアント、IGMPv2/v3スヌーピング、Jumboフレーム対応※9、DHCPクライアント、IPv6、ARP、ログ、SNTPクライアント、HOLブロッキング防止、攻撃検出、ケーブル診断、HTTPによるソフトウェア/ 設定ファイルダウンロード
サポート機能
【APコントローラー】
無線ネットワーク管理:
【AT-MWS2012GP】
 AT-MWS600AP / AT-MWS1750APを最大20台管理
【AT-MWS5028GP】※10
 AT-MWS600AP / AT-MWS1750AP /AT-MWS2533APを
 最大50台管理
 AP自動検出、AP自動IP アドレス設定、
 APプロファイルによるプロビジョニング
無線設定:
リモートからのAP 再起動、AP 名設定、AP 無線設定、バンドステアリング、無線電波管理(2.4GHz/5GHzチャンネル自動調整および送信電力自動調整)※11、トラフィックシェーピング、クライアントリミット、ファストハンドオーバー、ファストローミング、ゲストネットワーク、セキュリティー(WPA/ WPA2エンタープライズ、WPA/WPA2-PSK、WEP)、VAP(マルチプルSSIDとVLAN 関連付け)
無線ネットワークモニター:
APステータス、無線クライアント、無線トラフィックおよび使用率統計表示、ネットワークトポロジービュー、フロアマップビュー、マップビュー
無線ネットワークセキュリティー:
セキュアコントロール、SSL証明書管理、隣接AP検出、SSID遮蔽(ANY接続拒否)、無線クライアント間通信禁止、L2アイソレーション、クライアントMACブロックリスト
管理:
設定インポート/エクスポート、インテリジェント診断、ファームウェア一括更新
LED
10/100/1000BASE-T POEポートLED

MODE/LAN

(緑)

1000Mbps でリンク確立時に点灯
(橙) 100Mbps でリンク確立時に点灯

MODE/POE

(緑)

受電機器へのPoE電源供給時に点灯
(橙) 受電機器の異常発生時に点灯

L/A

(緑)

リンク確立時に点灯、パケット送受信時に点滅
10/100/1000BASE-T ポートLED(AT-MWS2012GP のみ)

SPD

(緑)

1000Mbps でリンク確立時に点灯
(橙) 100Mbps でリンク確立時に点灯

L/A

(緑)

リンク確立時に点灯、パケット送受信時に点滅
SFP スロットLED

SPD

(緑)

1000Mbps でリンク確立時に点灯
(橙) 100Mbps でリンク確立時に点灯

L/A

(緑)

リンク確立時に点灯、パケット送受信時に点滅
ステータスLED

POWER

(緑)

電源供給時に点灯、本製品の起動中に点滅

FAULT

(橙)

本製品の異常発生時に点灯

POE MAX

(橙)

PoE電源の電力使用量が最大供給電力を上回ったときに点灯

LAN MODE

(緑)

MODE LED表示切替ボタンでLAN MODE 選択時に点灯

POE MODE

(緑)

MODE LED表示切替ボタンでPOE MODE 選択時に点灯
電源部

【AT-MWS2012GP】

【AT-MWS5028GP】
定格入力電圧
AC100-240V※12
入力電圧範囲
AC90-264V※12
定格周波数
50/60Hz
定格入力電流

2.5A

3.5A
最大入力電流
(実測値)

2.0A

3.0A
平均消費電力

92W(最大180W)※13

130W(最大270W)※13
平均発熱量

330kJ/h(最大650kJ/h)※13

480kJ/h(最大950kJ/h)※13
PoE

【AT-MWS2012GP】

【AT-MWS5028GP】
給電方式
オルタナティブA
最大供給電力

1ポートあたり:30W
装置全体:130W

1ポートあたり:30W
装置全体:185W
環境条件
動作時温度
0〜50℃※14
動作時湿度
90%以下(結露なきこと)
保管時温度
-20〜70℃
保管時湿度
95%以下(結露なきこと)
外形寸法
【AT-MWS2012GP】 【AT-MWS5028GP】
330(W)×230(D)×44(H)mm 440(W)×260(D)×44(H)mm
質量
【AT-MWS2012GP】 【AT-MWS5028GP】
2.0kg 3.6kg
パッケージ内容
本体、AC電源ケーブル※12、19インチラックマウントキット(1式)、 ゴム足(4個)、取扱説明書、ソフトウェア使用権許諾契約書、製品保証書(5年)、シリアル番号シール(2枚)
製品の設置方向について:
AT-MWS2012GP・AT-MWS5028GP
オプション(別売)
「-Z1」はデリバリースタンダード 1年加入権利付き※15
AT-PWRCBL-J01L/J01R L字型コネクター電源ケーブル(左/右)※16
AT-RTNR-01 電源ケーブル抜け防止金具※16
SFP モジュール
 AT-SPSX2-Z1 100BASE-FX(2km)(2連LCコネクター)
 AT-SPFX/15-Z1 100BASE-FX(15km)(2連LCコネクター)
 AT-SPFXBD-LC-13・15-Z1 100BASE-BX(15km)(LCコネクター)
 AT-MG8T-Z1 1000BASE-T(RJ-45コネクター)※17
 AT-SPTXa-Z1 1000BASE-T(RJ-45コネクター)※17
 AT-SPSX-Z1 1000BASE-SX(2連LCコネクター)
 AT-SPSX2-Z1 1000M MMF(2km)(2連LCコネクター)
 AT-SPLX10-Z1 1000BASE-LX(2連LCコネクター)
 AT-SPLX40-Z1 1000M SMF(40km)(2連LCコネクター)
 AT-SPZX80-Z1 1000M SMF(80km)(2連LCコネクター)
 AT-SPBDM-A・B-Z1 1000M MMF(550m)(LCコネクター)
 AT-SPBD10-13・14-Z1 1000BASE-BX10(LCコネクター)
 AT-SPBD40-13/I・14/I-Z1 1000M SMF(40km)(LCコネクター)
 AT-SPBD80-A・B-Z1 1000M SMF(80km)(LCコネクター)
※1 対応SFPモジュール装着時
※2 IEEE 802.1w Rapid Spanning Tree包含
※3 IEEE 802.1s Multiple Spanning Tree包含
※4 IEEE 802.3ad と同等
※5 トラップ情報は、こちらにてご確認ください。
※6 コンソールポートの使用は未サポートです。
※7 8線結線のストレートタイプのUTPケーブルをお勧めします。
※8 表中では、K=1024
※9 9216Byte以下
※10 AT-MWS2533APの管理には、AT-MWS5028GPのファームウェアバージョン2.1.0以降が必要です。また、ファームウェアバージョン2.1.0ではAT-MWS600AP / AT-MWS1750APの管理はできませんのでご注意ください。
※11 導入時は必ずサイトサーベイ試験を実施してください。実施されていない場合、サポートをお受けできない場合があります。
※12 同梱の電源ケーブルはAC100V用です。AC200Vでご使用の場合は、設置業者にご相談ください。
※13 AT-MG8T×2個使用時
※14 ただし、以下のSFP モジュール使用時の動作時温度は0〜45℃
AT-SPFX/2、AT-SPFX/15、AT-SPFXBD-LC-13・15、 AT-SPLX10、AT-SPLX40、AT-SPZX80、
AT-SPBD10-13・14、AT-SPBD80-A・B
※15 Z は「デリバリースタンダード」、下1 桁目は提供年数を表します。
※16 電源ケーブル抜け防止フックとの併用はできません。
※17 AT-MG8T、AT-SPTXaによる10/100Mbps通信は未サポートです。


外観図
AT-MWS2012GP・AT-MWS5028GP
構成図
AT-MWS2012GP・AT-MWS5028GP

2017年10月 現在


PAGE TOP