製品
製品一覧
スイッチ
無線LAN
一覧
基礎知識
アクセスポイント製品比較
無線LANネットワーク統合管理
動作検証
価格表
拡張モジュール
ルーター
ネットワークマネージ
メント・ソフトウェア
バーチャルAMFアプライ
アンス
Software-Defined Networking(SDN)/
OpenFlowコントローラー
メディアコンバーター/WDM
LANアダプター/HUB/
VDSL/ソフトウェア
アクセサリー
 
コレガ
 
TREND MICRO
Soliton Systems
Fortinet
Juniper Networks
Pulse Secure
アイビーシー
SightLine Systems
Milestone Systems
F5 Networks
Schneider Electric
GS YUASA
Raritan
NITTO
アイビーソリューション
IBM Aspera
Polycom
Apricorn
SRS
サンコーシヤ
動作検証
価格表
各種検索
データシート  
無線LAN
CentreCOM
W R 1 1 0 A P

使用上の注意点
WR110APと無線LANカードWR211PCM/WR211PCM plusで使用する場合

WR110AP

WR211PCM/
WR211PCM plus

可能な設定
SSIDの設定 allied
(デフォルト設定)
CentreCOM
WR211PCM
(デフォルト設定)
双方同じSSIDを設定して使用
("allied"または"CentreCOM WR211PCM"あるいは独自SSIDを設定)※1

WEP暗号化機能

64bit
●(工場出荷時の設定) WR110APの設定を64bit keyにして使用
128bit ×

暗号キーの認証方法

Open
× WR110APの設定をSharedまたは両方にして使用
Shared
両方 ● (工場出荷時の設定) ×
WR110APと無線LANアクセスポイントWR211APを混在環境で使用する場合

WEP暗号化機能

WR110AP工場出荷値

WR211AP工場出荷値

可能な設定
SSIDの設定 allied
(デフォルト設定)
CentreCOM
WR211PCM
(デフォルト設定)
双方異なるSSIDを設定して使用 ※1
(デフォルト設定のまま、あるいは個別に独自SSIDを設定)※2
※1 同一SSIDとしてのローミングは不可。なお、異なるSSIDでも、有線経由で別のアクセスポイントと通信が行えます。
※2 セキュリティ対策のため独自のSSIDを設定することををおすすめします。


PAGE TOP