Solution - ソリューション -

SDN/ネットワーク統合管理リューション
あらゆるネットワーク機器を一元管理し、設計導入保守コストを大幅に削減

アライドテレシスは「エンタープライズ・ネットワークに最適なSDN(Software-Defined Networking)」に着目し、ネットワーク管理・運用に掛かるコストやネットワーク管理に必要となる技術スキルを大幅に下げることを実現するAMF(Allied Telesis Management Framework)を開発しました。従来方式では個別にスイッチ、ルーター、無線LANアクセスポイントを設定しなければなりませんでしたが、AMF(Allied Telesis Management Framework)は、あらゆる種類のネットワーク機器を一元化、自動化、簡素化し、アライドテレシス独自のSDN(Software-Defined Networking)により、高効率ユニファイドマネージメントシステムをご提供します。

AMF(Allied Telesis Management Framework)映像ライブラリー

セントライズドマネージメント

一元管理
  • AMFネットワークを構成するデバイス(AMFノード)はAMFマスターとAMFメンバーの2種類に分けられ、AMFマスターがAMFメンバーを一元管理します。
  • AMFネットワーク構成後は、AMFネットワーク全体をAMFマスターを中心とした1台の仮想的なシャーシスイッチのように扱う事ができます。
一元管理
  • AMFマスターの操作のみで、AMFメンバーの設定変更や情報参照が可能です。
  • 複数のAMFメンバーをグループ化し、グループに対する設定変更や情報参照ができます。
各AMFメンバーの一元管理
映像ライブラリー

1台ずつ行っていた設定変更や状態監視をまとめて運用管理するAMFの統合コンソールについて、映像でわかりやすくご紹介いたします。

 音声がございますので、再生の際には、お気を付けください。
関連映像ライブラリー

オートレジリエントコネクション

自動構築
  • AMFネットワークではAMF制御用の通信を行うコントロールプレーンと、通常のデータ転送を行うデータプレーンに分けられます。
  • コントロールプレーンはオートレジリエントコネクションにより自動形成されます。
自動構築

スマートプロビジョニング

自動復旧 〜オートリカバリー〜
  • AMFメンバー故障時の復旧は、工場出荷状態の機器に交換するだけで完了します。
  • 交換機のファームウェアバージョン変更、設定の復元など事前準備は不要です。
故障時の作業を簡略化!オートリカバリー
映像ライブラリー

ネットワークに接続するだけで機器交換が完了するAMFのオートリカバリーについて、映像でわかりやすくご紹介いたします。

 音声がございますので、再生の際には、お気を付けください。
自動復旧 〜ゼロタッチインストレーション〜
  • AMFネットワークにAMFメンバーを追加時、AMFマスターにあらかじめ投入しておいたファームウェアや設定ファイルを自動適用できます。
  • ローカルサイト側で、追加機器に対する事前準備が不要となるため、専門の技術者がいなくとも、迅速かつ正確なインストール作業を実現できます。
自動復旧 〜ゼロタッチインストレーション〜
映像ライブラリー

新規に追加する機器をネットワークに接続するだけで自動設定が完了するAMFのゼロタッチインストレーションについて、映像でわかりやすくご紹介いたします。

 音声がございますので、再生の際には、お気を付けください。

ワイドエリアバーチャルリンク

非AMF装置対応
  • AMFノード間に仮想的なトンネル(ワイドエリアバーチャルリンク)を生成、AMF制御フレームをトンネル経由で転送します。
  • 他社のAMF非対応機器や、WANを経由したAMFネットワークの構築を可能とし、大規模ネットワークや、遠隔拠点の管理を可能とします。
  • ワイドエリアバーチャルリンクで接続されているAMFノードは、隣接AMFメンバーの補助により自動復旧できます(ネイバーリカバリー)。
非AMF装置対応
映像ライブラリー

仮想トンネルによるWANを越えたAMFネットワークの構築、管理ができる、AMFの仮想リンクについて、映像でわかりやすくご紹介いたします。

 音声がございますので、再生の際には、お気を付けください。

AMFコントローラー

分散マスター処理

AMFコントローラーが複数のマスターを統合的に管理することで、より大規模なAMFネットワークを構成できます。

  • CFC960のオプションまたはAMF Cloudの機能として、AMFマスターを統括するAMFコントローラーが提供されます。
  • 1台のAMFコントローラーは最大60台のAMFマスターを管理でき、1台のAMFマスターが最大300台のAMFメンバーを管理できるため、60台×300台で最大18,000台のAMFメンバーをAMFコントローラーより一元管理できます。
分散マスター処理

ユニファイドマネジメントネットワーク

AMF CloudとVista Manager、SES連携で実現する、IoT時代のユニファイドマネジメントネットワーク
ネットワークインフラの完全ユニファイド化を目指して

3つの新しい要素でネットワークのユニファイド化を促進、IoT時代にも対応するネットワークインフラの構築を可能とします。

  • AMF Cloudにより、AMFコントローラー/マスター機能をハードウェアから分離。大規模ネットワークに対応する拡張性を提供
  • AMFアプリケーションプロキシーにより、SESとAMFが連携。AMFでネットワークセキュリティもマネジメント
  • Vista ManagerでAMFネットワークだけでなく無線LANも見える化。GUIでの統合管理を推進
ネットワークインフラの完全ユニファイド化を目指して
AMF Cloud

バーチャルAMFアプライアンス AMF Cloudにより、仮想マシン上からAMFマスター/コントローラー機能を提供。AMF機能をハードウェアから分離する事で、拡張性・汎用性を飛躍的に向上します。ファームウェアバージョン5.4.7からは最大60のAMFマスターが1つの仮想マシン上で動作可能となり、複数のユーザーにAMFサービスを提供するマルチテナント構成にも対応します。

AMF Cloud
関連ページ
AMFアプリケーションプロキシ―

AMFアプリケーションプロキシー機能により、AMFネットワークを通じたSESでのネットワークデバイスのアクセス制御が可能となります。これまでSESでのアクセス制御はOpenFlow/SES Ready対応スイッチに対してのみ可能でしたが、本機能を使用することでAMFメンバーに対するアクセス制御が可能となり、構成可能なネットワークデバイスの幅が広がります。

AMFアプリケーションプロキシ―
本機能はAMFマスター機器でAMFアプリケーションプロキシー機能を有効にし、AMFメンバーでDHCPスヌーピングを有効にする必要があります。
AR4050SのAMFマスター機能はAMFアプリケーションプロキシー機能に対応しません。またx930とDC2552XSは本機能用のライセンスが必要となります。
ARシリーズ(AR4050S/3050S/2050V/2010V)はDHCPスヌーピングに対応しないため、本機能用のAMFメンバーとして使用できません。
関連ページ

AMF対応機器
AMFコントローラー&マスター

大規模環境から小規模ネットワークまで、お客様の要件に対応する幅広いラインアップ

製品 AR4050S x900 DC2552XS x930 SBx908 SBx8100 AMF Cloud
AR4050S x900-12XT/S x900-12XT/S x900-24XT x900-24XT 20メンバー標準対応 DC2552XS x930 SBx908 20メンバー標準対応 SBx8100 AMF Cloud
コントローラー
管理マスター数
60
CFC960のみ
60
マスター
管理メンバー数
20 20 40/80/120 40/80/120 20/40 80/120/300 120
SBx908およびx900シリーズを除き、AMFコントローラーおよびAMFマスター(2メンバー以上管理)機能にはライセンスが必要となります。
SBx908およびx900シリーズスイッチは20メンバー管理までのAMFマスター機能がライセンス不要でお使い頂けます。
AMFメンバー

現行の全AW+(Allied Ware Plus)OS搭載製品でAMFメンバー機能に対応します。

IEシリーズ ARシリーズ Secure HUBシリーズ xシリーズ
IEシリーズ ARシリーズ SHシリーズ xシリーズ
Secure HUBシリーズはワイドエリアバーチャルリンクに対応せず、AMFリンク1本のみ接続可能な、AMFエッジメンバー機能に対応します。
x600シリーズはIPアドレスと接続状態の取得が可能なAMFエージェント機能に対応します。

Vista Manager

Vista ManagerはAMF・無線LANの可視化および統合管理を実現するネットワーク管理ソフトウェアです。AMF・無線LANのトポロジ表示やデバイスの一元管理、無線LAN APの電波出力・チャンネルの自動調整を可能にするAWC(Autonomous Wave Control)に対応。AMFと無線LANに対する投資効果を最大限に高めます。

Vista Manager
Vista Managerの機能(AWC)

AWCは配下の無線LAN AP全体の電波出力/チャンネル状態を一定間隔で収集・分析し、最適な値を適用する事で、安定した無線LAN環境を実現するVista Managerの機能です。AWCにより、IoTデバイスに最適な広いカバレッジと安定した高パフォーマンスを両立する、次世代の無線LANインフラが実現可能となります。

Vista Managerの機能(AWC)
関連ページ
Vista Managerの機能 (AMFゲストノード)

AMFゲストノード機能により、デバイスがAMFメンバーに接続されると、AMFを通じてデバイス情報をVista Managerに送り、ネットワークデバイスとIoTデバイスの両方を統合されたマップ上で表示することで、ネットワーク上のすべてのデバイスの死活監視、およびロケーション管理に最適な可視化を実現します。

Vista Managerの機能 (AMFゲストノード)

資料ダウンロード

AMF(Allied Telesis Management Framework)ソリューションをさらに詳しく説明した資料をダウンロードいただけます。

  • Allied Telesis Management Framework資料
  • 資料ダウンロード
    ダウンロードいただく際には、お客様情報を
    ご記入いただく必要がございます。

ネットワーク構築のご質問などお気軽にご相談ください。

アライドテレシスの"旬"な情報をお届けします。

関連リンク
イベント・セミナー

PAGE TOP