2017.05.16 投稿者:土部 直樹

ESnet & Open Networking 2017 Summitでのライブデモ!!

ESnet & Open Networking 2017 Summitでのライブデモ!!

今回は4月の海外、SDN関連での社外活動を中心にご案内します!

一つ目! 昨年末にFaucet開発者によるEnterpriseSDNの記事 をご紹介しました。
(”Faucet: Deploying SDN in the Enterprise”; Josh Bailey and Stephen Stuart, November 7th, 2016, in ACM Queue)

今回さらに進んだ検証が、ESnet(米国エネルギー省の構築したネットワーク機構)のBarkley研究所で実施されました。

#トップバナーにも掲載されていますね!(2017年5月11日) 記事直リンクはコチラです。記事タイトル(Berkeley Lab, Google Host Multi-vendor Interoperability Demo of FAUCET SDN Software)の通り、マルチベンダで構成されたネットワークを、Faucetコントローラを通じて統合運用できることが証明されました。

記事の最後、Vendors participatingの頭に弊社が記載されています。弊社名だけではなく、記事全体を読んで頂き内容確認をお願いします。

 

二つ目!アライドテレシスでは4月、アメリカ・サンタクララで開催されたOpen Networking 2017 Summitで、弊社開発のSDN Controller、Secure Enterprise Solution (SES)によるライブデモを行いました。

アライドテレシスグループのATI(Allied Telesis Inc.) Senior Vice President Global DevOps担当役員のPhilip Yimがその模様を紹介しております。

SESでは様々なベンダアプリケーションとの連動ができることはもちろんですが、その管理下に入る有線スイッチでは、新バージョンのAlliedWarePlus OSに実装されるハイブリッドOpenFlowを用いることで、段階を踏んだ、費用を抑えながらネットワーク更新の手法も案内しました。また本デモで利用されている機器は全てAMF (Automated Management Framework)対応のため管理・運用が簡単、スムーズになっていることをご案内しました!!

さて5月からは日本国内でも展示会・セミナが活発に始まります。詳しくはコチラを。

進化するAMF、SES、このBlogでは紹介しきれませんが、弊社のご案内する展示会やセミナ、デモンストレーション、講演等を通じ、ネットワークが変わる!こんな効果も得られる!と体験頂ければと思います。

土部も会場に居ることあります。お会いした方、SDNトークしましょう!では!!

法的免責事項
本WEBマガジンへ情報の掲載をする個人(管理人を含む)は、アライドテレシスの社員である場合がございます。本WEBサイト上のコメント及び意見については、あくまで投稿者の個人的な意見であり、当社の意見ではありません。本WEBマガジンは情報の提供のみを目的としており、アライドテレシスや他の関係者による推奨や表明を目的としてはおりません。各利用者は、本WEBマガジンの利用に関するあらゆる責任から、アライドテレシスを免責することに同意したものとします。