Solutions ソリューション

自律型無線LANソリューション

Solutions TOPへ

無線環境に最適なIoTインフラ「AWC (Autonomous Wave Control)」

アライドテレシスは、京都大学との共同研究の成果に基づき当社が開発した無線LANアクセスポイント(AP)の自律型無線LANソリューション AWCをVista Managerに搭載しました。これにより、IoTデバイスに最適な広いカバレッジと安定した高パフォーマンスを両立する、次世代の無線LANインフラが実現可能となります。

ゲーム理論による自律型無線LANソリューション

AWCは、京都大学大学院情報学研究科 守倉研究室との共同研究の成果に基づきアライドテレシスが開発した、ゲーム理論を用いた無線LAN APの自律制御技術により実現されます。ゲーム理論とは、複数の要素を考慮して最適化するアルゴリズムであり、さまざまな環境要素が影響する無線LANに適用することで、他社では実現できない最適化環境を自動構築します。

概要

AWC(Autonomous Wave Control)とは

AWCは、無線の利用状態を収集して各端末が隣接のAPへ接続できるように電波出力とチャネルを分析してAPへ適用します。
この動作を継続的に運用することで、利用環境に最適な自律型無線LANを実現します。

無線LANの課題を克服

AWCで、無線LANの接続、通信速度、外来波の影響、機器の増設、運用管理工数の課題を克服します。

テクノロジー

セントライズドマネージメント

AWCは、AT-Vista Managerにコントローラー機能が搭載され、当該ソフトウェアとAWC対応ファームウェアを搭載したTQシリーズとの組み合わせにより実現します。AT-Vista Managerに管理するTQシリーズの登録等の実施後には、コントローラーとなるAT-Vista ManagerよりTQシリーズへの設定適用やファームウェアバージョンアップなどの一元管理、AWCによる電波出力・チャネルの自動調整が行えますので、最適な無線LANエリアの形成だけでなく、コストを抑制しながらも、快適な無線LAN環境の導入が可能です。

設定イメージは、以下の流れで行い、管理APに管理グループ/共通設定(プロファイル)を紐づけていきます(同じ共通設定を、複数の管理グループで共有することも可能です。)。
■管理グループの作成
■共通設定(プロファイル)の作成
■無線APの登録・設定
■電波出力とチャネルの適用スケジュール
■フロアマップの作成

オートパワー、オートチャネル

■AWCは無線LAN環境を設計する上で必要な、周囲の“電波出力”と“チャネル”の二つ
 の要素を常に収集します。
■データ収集と分析を続ける事で、最新の環境に最適なパラメータを決定します。
■導き出した最適値の即時適用はもちろん、変更時の通信断を避けるために、例えば
 利用者のいない、深夜帯に適用することも可能です。

ビジュアライゼーション

AT-Vista Managerにより無線LANアクセスポイントを実際の環境に応じて配置させ、表示することで視覚的に管理できます。また、AMFを利用する有線ネットワークのトポロジー表示にも対応しますので、有線・無線ネットワークの管理性を向上させます。

無線LANの自律制御(AWC)

 

■無線LANアクセスポイントを視覚的に管理、無線チャネルごとに色分け表示し、電波の可視化も可能

無線LAN統計管理の視覚化

 

■有線受信したバイト数と無線送信したバイト数、それらの差分をグラフで表示

トータルマネージメント

従来製品では、有線ネットワークと無線LANネットワークを個別に管理する必要があり、高い管理工数が必要になりますが、AT-Vista Managerでは、AMFを利用する有線ネットワークとAWCを利用する無線LANネットワークの一元管理が実現でき、管理工数の削減が可能です。

AWCの導入効果

AWCは、無線LANアクセスポイントが数台から最大1000台までの幅広い無線LAN環境に対応致します。例えばAPを100台導入/運用する場合、一般的な費用や工数と比較して、大幅にコストを削減可能です。

導入費用

 

■一般的な設定費用
AP 1台ずつ設定必要(AP設定 5,000円×100台)

■Allied Telesis
AT-Vista Managerとテンプレートによる一括設定(200,000円+5,000円×20テンプレート)

運用工数

 

■手動運用
管理外APによる電波干渉が発生した際、対象APのチャネル変更が必要(5,000円×必要台数)

■Allied Telesis
自動的に最適なチャネルに遷移させるため、
人為作業不要(有効化の設定作業のみ、5,000円)

設定変更費用

 

■手動変更
AP 1台ずつの設定変更作業が発生(5,000円×100台)

■Allied Telesis
設定元となるテンプレート編集のみで一括適用(5,000円×20テンプレート)

1テンプレートあたり5AP想定

AWC対応製品ラインナップ

AWCを利用するには、コントローラーとなるAT-Vista Manager(ファームウェアバージョン1.2.1)とTQシリーズ(ファームウェアバージョン4.0.1)が必要となります。

AWC対応製品のラインナップは、下記をご覧ください。


活用例

導入事例

岐阜県教育委員会 様

大規模な教育情報ネットワークをAMFで一元管理、AWCで無線LAN環境の自律的最適化を実現

AWCの自律最適化機能も上手く働いている。「可搬型を配っていた以前の環境よりも安定して利用できていると、教職員からの声もあります。帯域を大きくしたことで通信も速くなっていますので、学校側からは喜んでもらっています」と恵美氏。以前はLANケーブルが這い回っていた職員室が、無線LANの導入でケーブルがなくなり、誤配線の原因も減ったという効果もあると話す。

第21回日本医療情報学会春季学術大会 様

自律型無線LANソリューションによる大規模ネットワークの構築

「会場となった福井フェニックス・プラザの会場ネットワークでは、アライドテレシスの協力による自律型無線LANにより、参加者に安定したネットワーク接続を提供でき、円滑な大会運営ができました。本大会で行われた議論が、これからの医療ICTを牽引し、医療情報学の発展につながることを願っております」と語る。

情報コミュニケーション学会 第14回全国大会(一橋大学)様

自律型無線LANで学会の無線LAN環境を構築

「サイトサーベイからエリアの調整、有線LANへのハンドリングなどとても丁寧に作業されていたのが印象に残っています。大会に参加された皆様からも「無線LANが使えて良かった」と感謝の声が届いており、本学のネットワーク部門からも「アライドテレシスの無線LANがうまく本学の無線LANを逃げてくれているようで電波干渉による影響は無かった」と聞いています」と語る。

導入事例は、順次公開してまいります。

ライブラリー

自律型無線LANソリューション「AWC」ご紹介映像 イントロダクション

音声がございますので、再生の際には、お気を付けください。


自律型無線LANソリューション「AWC」ご紹介映像 全般編

音声がございますので、再生の際には、お気を付けください。


自律型無線LANソリューション「AWC」ご紹介映像 運用編

音声がございますので、再生の際には、お気を付けください。

ダウンロード

AWC(Autonomous Wave Control)による無線LAN環境の実証実験レポートの資料をダウンロードいただけます。

2017年1月26日、京都大学 百周年時計台記念館において、AWCによる無線LAN環境最適化の実証実験を実施いたしました。その概要と結果に関するレポートをダウンロードいただけます。

ダウンロードいただく際には、お客様情報をご記入いただく必要がございます。

お問い合わせ