ソリューション
業種別
用途別
統合化SDNソリューション
SDN/ネットワーク統合管理ソリューション
SDN/アプリケーション連携ソリューション
xシリーズポータル
プライベートクラウドソリューション
ワイヤレスソリューション
脅威可視化統合監視ソリューション
映像監視ソリューション
データセンターソリューション
VLANソリューション
ループガードソリューション
ネットワークループとは
最適なループガード機能
迅速な解決支援
効果的で最適なループガード機能の提供
各ループガード機能の特長
UTM&VPNルーターポータル
省電力ソリューション
ループガードソリューション
最適なループガード機能
MACアドレススラッシング検出
適用想定箇所
機能概要
防止可能なループ
適用想定箇所
Loop Guard
MACアドレススラッシング検出機能は、スイッチを跨ぐループ接続やループ制御プロトコルを使用したループ構成でのループなど、複数ポートを跨いだネットワークループに効果を発揮します。コアスイッチやディストリビューションスイッチなどに設定し、配下スイッチ間のループ接続など複数ポートを跨いだネットワークループが想定される場所で有効です。
適用想定箇所
機能概要
機能概要
スイッチは、ネットワーク上に存在する機器のMACアドレスと接続ポートの対応表 (FDB : Forwarding Data Base) を持ち、トラフィック受信時にFDBを学習・更新します。
(1)のルートを経由してPCからのトラフィックがスイッチに到達した場合、スイッチはPCがPort1の先に接続されていることを学習します。
仮に(1)の経路が切断した場合、PCからのトラフィックは(2)の経路を使用し、スイッチのPort2に到達します。これにより、スイッチはPort2の先にPCが接続されていることを学習します。
 
 
スイッチが持つ、MACアドレスとそのMACアドレスが接続されているポートを学習する機能を応用した機能がMACアドレススラッシング検出機能です。
機能概要
左図のようにネットワークループ状態となると、PCから送出されるブロードキャストパケットやマルチキャストパケットがループネットワーク内を回りだし、同一送信元MACアドレスを持つパケットが到達するポートがFDB上で頻繁に学習・更新されます。
この状態を「MACアドレススラッシング状態」と呼びます。
スラッシング→ばたつき
MACアドレススラッシング検出機能を有効にしたスイッチは、MACアドレススラッシング状態(MACアドレスのばたつき)を検知すると、ループが発生したと判断し、アクションを実行します。
アクション
関連するポートでMACアドレスの学習やリンク状態を制御します。
MACアドレス学習の停止
該当VLANのポートのみ無効化
ポートの無効化
ポートのリンクダウン
防止可能なループ
防止可能なループ
複数台のスイッチを跨ぐようなネットワークループの検出に適した機能です。また、xSTPなどループ制御プロトコルを使用したループ構成の二次障害防止にも使用可能です。
複数の配下スイッチを跨ぐようなループに効果
xSTPなどループ構成の二次障害防止に


PAGE TOP