ソリューション
業種別
用途別
統合化SDNソリューション
SDN/ネットワーク統合管理ソリューション
SDN/アプリケーション連携ソリューション
xシリーズポータル
プライベートクラウドソリューション
ワイヤレスソリューション
脅威可視化統合監視ソリューション
映像監視ソリューション
データセンターソリューション
VLANソリューション
UTM&VPNルーターポータル
セキュリティーソリューション
機器冗長ソリューション
ネットワーク統合管理ソリューション
VPNソリューション
リモートアクセスVPN
パブリッククラウドVPN
モバイルアクセスVPN
Firewallソリューション
LTE/3Gアクセスソリューション
省電力ソリューション
LTE/3Gアクセスソリューション
高速で設置場所や開通時期の自由度が高いアクセス回線として、LTEや3Gサービスを使った移動体データ通信が注目されています。ARファミリは移動体データ通信サービス(LTE/3G)に対応したUSB端末※1やモバイルWi-Fiルーターと組み合わせることで、多様なLTE/3Gアクセスソリューションを構成することが可能です。
※1サポートするUSB端末の種類はこちらをご参照下さい。
USB端末を組み合わせた設定例
USB端末を組み合わせた設定例は下記をご参照ください。

AR4050S/AR3050S/AR2050V/AR2010Vはこちら

ARX640Sはこちら
基本アクセス回線としてのLTE/3Gサービス使用
一時的な建設事務所やショールーム、展示会などでは、業務拠点を移動しながらデータ通信手段を確保する必要があります。このようなケースにおいて、移動体データ通信サービス(LTE/3G)に対応したUSB端末やモバイルWi-FiルーターとARファミリを組み合わせることで、高速かつ設置場所の自由度が高い通信環境を実現します。
インターネット上のWebサーバー等へのアクセスだけでなく、企業と遠隔地の拠点間をつなぐインターネットVPNの構築に移動体データ通信サービス(LTE/3G)をご利用いただけます。また、企業と遠隔地の拠点間のネットワーク接続において、移動体通信事業者が提供する閉域網サービスをご利用いただくことで、インターネットから企業内ネットワークへの接続を防止できるネットワーク構成を実現します。
構成例 基本アクセス回線としてのLTE/3Gサービス使用
バックアップアクセス回線としてのLTE/3Gサービス使用
企業ネットワークにおいて、社内情報の参照や、ファイルの共有を実現するためには、高速なネットワークの利用が不可欠です。バックアップ回線においても、この条件は変わりません。
バックアップ回線として移動体データ通信サービス(LTE/3G)を使用することで、この条件を満たす高速な企業ネットワークの冗長構成を実現します。
バックアップアクセス回線としてのLTE/3Gサービス使用


PAGE TOP