Solution - ソリューション -

バイバスポートによる機器冗長システムを映像ライブラリーにて、わかりやすくご紹介いたします。

クラウド化が進みWAN接続の重要性が高まるなかで、ダウンタイムを最小限にするために機器冗長や回線冗長に対応。機器交換時のメンテナンスも簡単・安全に実施可能です。

バイバスポートデモンストレーション

バイパスシステム

WAN回線1本で機器冗長が可能なシステムです。従来の機器冗長システムではそれぞれの機器にWAN回線を接続する必要がありました。本システムを用いることで回線費用の大幅な削減と機器冗長が可能になり可用性が向上します。
実際の動作をデモンストレーションにてご覧いただけます。

 音声はございません。テロップをご覧の上、動作をご確認ください。
AMFメンバーの参加

ネットワーク機器の一元管理が可能なAMF機能に、AR(UTM&ルーター)を組み込むことができ、ゲートウェイ、コアからエッジ・スイッチ、UTM&ルーターまでのネットワーク機器全体を管理可能です。
実際の動作をデモンストレーションにてご覧いただけます。

 音声はございません。テロップをご覧の上、動作をご確認ください。
オートリカバリー

AMFのオートリカバリーにより、代替用のAR(UTM&ルーター)をネットワークに接続するだけで機器交換が完了することができます(ファームウェアのバージョンアップ、設定の復元などは不要)。
実際の動作をデモンストレーションにてご覧いただけます。

 音声はございません。テロップをご覧の上、動作をご確認ください。
バイパスシステムとオートリカバリーの併用

バイパスシステムとオートリカバリーの併用により、機器の冗長化と復旧の簡素化を同時に実現できます。
バイパスシステムにより冗長化されたAR(UTM&ルーター)のとらが故障しても、経路を切り替えて通信を継続し、故障したAR(UTM&ルーター)は機器交換後、オートリカバリーにより、自動復旧いたします。
実際の動作をデモンストレーションにてご覧いただけます。

 音声はございません。テロップをご覧の上、動作をご確認ください。

ネットワーク構築のご質問などお気軽にご相談ください。

アライドテレシスの"旬"な情報をお届けします。

関連リンク
イベント・セミナー

PAGE TOP