Solution - ソリューション -

SBx8100イントロダクション

SwitchBlade x8100シリーズはスケーラブル・シャーシスイッチとして、高さ7Uの12スロットシャーシ、及び 高さ4Uの6スロットシャーシ、コントロールファブリックカード、7種類のインターフェースをラインナップした ラインカード等のオプション(別売)製品で構成されています。

SwitchBlade x8100では、Virtual Chassis Stack plus (VCS plus) によるアドバンスド リダンダンシー/レジリエンシーバックボーンの生成、Allied-Telesis Management Framework(AMF)による ネットワークバーチャライゼーションにより 大容量テラビット・バックプレーンと高密度ギガ・10G収容能力を提供し、ヘッドオフィスネットワークのみならず、ブランチオフィスをも、シンプルに、シームレスに集約し、革新的なネットワーク管理/運用コストの抑制/最適化を実現します。

さらに、独自シャーシアーキテクチャーによる シングルシャーシリダンダントシステム、エッジシャーシソリューションにより、ネットワーク・コア〜エッジの全ての用途・要望に応じ、エンタープライズネットワークの全てのレイヤーへ柔軟性/拡張性/安定性をもたらします。

Product Line-up

シャーシ
AT-SBx8112(7U 12-slots Chassis)
7Uサイズ
通信部は12スロット対応
  • CFC用:2スロット
  • L/C用:10スロット
電源部は4スロット対応
  • システム用:2スロット
  • PoE電力用 :2スロット
システム・スイッチング・ファブリック
  • 1.92Tbps (CFC960 2枚搭載時)
  • 800Gbps (CFC400 2枚搭載時)
最大パケット転送能力
  • 2095.1Mpps (CFC960 2枚搭載時)
1スロットあたりの帯域幅
  • 80Gbps(CFC960 2枚搭載時)※1
  • 40Gbps(CFC400 2枚搭載時)

※1 AT-SBx81XLEMをAT-SBx8112のスロット7,9,11,12で使用する場合、該当スロットの帯域幅は40Gbps

AT-SBx8112

AT-SBx8112

AT-SBx8106 (4U 6-slots Chassis)
4Uサイズ
通信部は6スロット対応
  • CFC用:2スロット※2
  • L/C用:4スロット※2
電源部は4スロット対応
  • システム用:2スロット
  • PoE電力用 :2スロット
システム・スイッチング・ファブリック
  • 960Gbps(CFC960 2枚搭載時)
  • 320Gbps(CFC400 2枚搭載時)
最大パケット転送能力
  • 1249.9Mpps(CFC960 1枚搭載時)
1スロットあたりの帯域幅
  • 80Gbps (CFC960 2枚搭載時)
  • 40Gbps (CFC400 2枚搭載時)

※2 CFC用スロット 2スロットの内、1スロットをL/C用スロットとして使用可能

AT-SBx8106

AT-SBx8106


コントロールファブリックカード(CFC)
AT-SBx81CFC960
  • スイッチング・ファブリック:960Gbps
  • 1スロットあたり40Gbpsの帯域幅を提供
  • SFP+アップリンクポートを装備
  • USBスロットを装備
  • RS-232および10/100/1000BASE-T(RJ45)管理コンソールポート
    を装備
  • AW+を搭載
  • AMF-Master機能、およびAMF-Controller機能をサポート
  • VCS plus機能をサポート
  • ISSU & VRF-Lite などの拡張機能をサポート
AT-SBx81CFC400
  • スイッチング・ファブリック:400Gbps
  • 1スロットあたり20Gbpsの帯域幅を提供
  • USBスロットを装備
  • RS-232および10/100/1000BASE-T(RJ45)管理コンソールポート
    を装備
  • AW+を搭載
  • AMF-Master機能をサポート
AT-SBx81CFC960

AT-SBx81CFC960

AT-SBx81CFC400

AT-SBx81CFC400


ラインカード
AT-SBx81GT24 (24×10/100/1000T)
AT-SBx81GP24 (24×10/100/1000T PoE+)
AT-SBx81GT24

AT-SBx81GT24

AT-SBx81GP24

AT-SBx81GP24

アドバンスドラインカード
AT-SBx81GS24a(24×SFPスロット)
AT-SBx81XS6(6×SFP+スロット)
AT-SBx81GT40(40×10/100/1000T(RJ.5))
AT-SBx81XS16(16×SFP+スロット)
AT-SBx81GS24a

AT-SBx81GS24a

AT-SBx81XS6

AT-SBx81XS6

AT-SBx81GT40

AT-SBx81GT40

AT-SBx81XS16

AT-SBx81XS16

AT-SBx81XLEM(12×SFPスロット、拡張モジュールスロット×1)
  • AT-SBx81XELM/Q2(2×QSFP+スロット、AT-SBx81XLEM用モジュール)
  • AT-SBx81XLEM/XS8(8×SFP+スロット、AT-SBx81XELM用モジュール)
  • AT-SBx81XLEM/XT4(4×10GBASE-T、AT-SBx81XELM用モジュール)
  • AT-SBx81XLEM/GT8(8×1000BASE-T、AT-SBx81XLEM用モジュール)
AT-SBx81XS16

AT-SBx81XLEM

AT-SBx81XLEM/Q2

AT-SBx81XLEM/Q2

AT-SBx81XLEM/XS8

AT-SBx81XLEM/XS8

AT-SBx81XLEM/XT4

AT-SBx81XLEM/XT4

AT-SBx81XLEM/GT8

AT-SBx81XLEM/GT8

RJ.5-RJ45変換ケーブル
AT-UTP/RJ.5-100-A(RJ45 オス-RJ.5 オス 1m)
AT-UTP/RJ.5-300-A(RJ45 オス-RJ.5 オス 3m)
AT-UTP/RJ.5-100-B(RJ45 メス-RJ.5 オス 1m)
AT-UTP/RJ.5-300-B(RJ45 メス-RJ.5 オス 3m)
RJ.5 Aタイプケーブルの形状

電源ユニット
AT-SBxPWRSYS2-70(1500W AC System Power Supply)
  • 最大出力1500Wの システム電源
  • ロードシェア型電源冗長化システム
  • ホットスワップ対応 電源ユニット
AT-SBxPWRPOE1-70(1200W AC PoE Power Supply)
  • 最大出力1200WのPoE用電源ユニット
AT-SBxPWRSYS1-80(DC48V System Power Supply)
  • DC48Vに対応したシステム用電源ユニット
  • ホットスワップ/冗長化システムに対応
     AC電源との併用は不可
AT-PWRCBL-J01SB(オプション電源ケーブル)
  • AT-SBxPWRSYS2-70 (システム用電源ユニット) 用オプション電源
    ケーブル
  • プラグ:JIS C 8303 2極接地極付
        (通称:3ピンアース付 電源ケーブル)
  • 定格 :15A 125V
  • 長さ :1.8m
  • 規格 :PSE対応
Power Supply Unit
同梱 専用ケーブルの形状

仕様一覧
製品名 AT-SBx8112 AT-SBx8106
19インチラック占有段数 7U 4U
拡張スロット数 通信部 コントロールファブリックカード(CFC)スロット 2スロット 2スロット 1スロット
ラインカード(L/C)スロット 10スロット 4スロット 5スロット
電源部 システム電源ユニット
スロット
2スロット 2スロット
収容可能容量 システム・スイッチング・
ファブリック
CFC960×2台 実装時 1.92Tbps 960Gbps 560Gbps (CFC960×1台)
CFC400×2台実装 800Gbps 320Gbps 240Gbps
(CFC400×1台)
1スロットあたりの帯域幅 CFC960×2台実装時 80Gbps※7 80Gbps 40Gbps
(CFC960×1台)
CFC400×2台実装時 40Gbps 40Gbps 20Gbps
(CFC400×1台)
10/100/1000BASE-Tポート SBx81GT40実装時 400ポート 160ポート 200ポート
10/100/1000BASE-PoEポート SBx81GP24実装時 240ポート 96ポート 120ポート
10GABSE-Tポート SBx81XLEMにSBx81XLEM/XT4実装時 40ポート 16ポート 20ポート
SFP(1G)スロット SBx81GS24a実装時 240ポート 96ポート 120ポート
SFP+(10G)スロット 136ポート※4 72ポート※8 84ポート※8
QSFP+(40G)スロット SBx81XLEM実装時かつSBx81XLEMにSBx81XLEM/Q2実装時 20ポート※5 8ポート 10ポート
VCS plus機能※1 CFC960実装時
CFC400 実装時
スタック速度(帯域幅) CFC960×2台実装時 160Gbps 160Gbps
CFC960×1台実装 80Gbps 80Gbps 80Gbps
最大スタック距離 StackXS/1.0実装時 1m 1m
SP10SR実装時 300m 300m
StackOP/9.0 or SP10LR
実装時
9km 9km
SP10ER40/I実装時 40km 40km
AMFマスター機能※2 最大サポートAMFメンバー数 CFC960実装時 300※9 300※9
CFC400実装時 80 80
AMFコントローラー機能※1 ※6 最大サポートAMFマスター数 60 60
VRF-Lite機能 CFC960実装時
CFC400実装時
ISSU機能 CFC960実装時
CFC400実装時
※1. 別途フィーチャーライセンスが必要
※2. 2台以上のAMFメンバー管理には別途ライセンスが必要
※3. SBx81XS16はSBx81CFC960搭載が必須
※4. AT-SBx81XS16×6台、AT-SBx81XLEM+AT-SBx81XLEM/
       XS8×4台、かつコントロールファブリックカードスロットに
       AT-SBx81CFC960×2 台(AT-SBx81CFC960上のSFP+スロ
       ットを使用)装着時
※5. AT-SBx81XLEM×10台+AT-SBx81XLEM/Q2×10台装着時
※6. CFC960搭載時のみ使用可
※7. AT-SBx81XLEMをAT-SBx8112のスロット7,9,11,12で使用する
       場合、該当スロットの帯域幅は40Gbps
※8. コントロールファブリックカードスロットにAT-SBx81CFC960
       かつラインカードスロットにAT-SBx81XS16装着時
       AT-SBx81XS16を使用するには、AT-SBx81CFC960の搭載が
       必須です。
       また、AT-SBx8112のスロット7, 9, 11,12では使用できません。
※9. ファームウェアバージョン5.4.6-2.1以降が必要となります。

SBx8100 Series Solution

特長
特徴

高密度・柔軟なインターフェース

各種インターフェース対応による柔軟性の向上

高密度・柔軟なインターフェース

コアスイッチの信頼性とインターフェース柔軟性を実現したエッジシャーシソリューションを実現

高レベルな品質均等化
運用/管理オペレーションの効率化
拡張性/柔軟性の向上
:同一仕様/品質基準による冗長性/信頼性を提供
:ラインカード共通化による簡素化/低コスト化
:1G or 10G or 40G、Fiber or Copperなど様々なラインカードに対応
エッジシャーシソリューション

AT-SBx81XLEMを利用した柔軟なインターフェース構成及容易な10G/40Gへのマイグレーションを実現

ラインナップ
AT-SBx81XLEM
  • SFPスロット×12
  • 拡張スロット×1
AT-SBx81XLEM/Q2
  • QSFP+スロット×2
AT-SBx81XLEM/XS8
  • SFP+スロット×8
AT-SBx81XLEM/XT4
  • 10GBASE-T×4
AT-SBx81XLEM/GT8
  • 1000BASE-T×8

 AT-SBx81XLEM/XT4は、ファームウェア5.4.6-1.2より対応

 AT-SBx81CFC400での利用は、ファームウェア5.4.6-1.2より対応

 AT-SBx81XLEM/GT8は、ファームウェア5.4.6-2.1より対応

拡張モジュール搭載イメージ
拡張モジュール搭載イメージ
AMFコントローラによる大規模ネットワークの仮想

さらにAT-SBx81CFC960とAT-SBx81XLEMシリーズのみで構成した場合、ファームウェアバージョン5.4.6-1.2より以下のラージテーブルエントリーモードが利用可能です。これにより従来よりもより大規模なユーザー様においてもSwitch Blade x8100シリーズをお使い頂けます。

ラージテーブルエントリーモード利用時

リダンダンシー/レジリエンシー

シャーシ1台で完全冗長を実現

・データプレーンとコントロールプレーンの異なった2つのインタフェースを実装
・共に迂回経路が準備され障害時においてもデータ通信/CPU制御通信を保証
・コントロールプレーン専用ASICにより全てのCPU間で各種情報を高速同期
・ファーム/コンフィグの同期もコントロールプレーンを使用
リダンダンシー/レジリエンシー

VCS plusによるシャーシ・スイッチの冗長化

Virtual Chassis Stack plus (VCS plus) とは?
VCS plusによるシャーシ・スイッチの冗長化
従来ネットワーク VCS plusネットワーク
従来ネットワーク
VCS plusネットワーク
VCS plusと従来VCSの比較
スペック SBx8100シリーズ SBx908シリーズ
スタック帯域 160Gbps(Stack cable×8ports) 110Gbps (Stack cable×2ports)
スタックモジュール AT-StackXS/1.0、AT-SP10SR
AT-StackOP/9.0 or AT-SP10LR
AT-SP10ER40/I
AT-HS-STK-CBL650
スタック距離 1m or 300m or 9km or 40Km 0.65m
スタック可能台数 2台 2台
システム・スイッチング・
ファブリック
3.84Tbps(1.92Tbps×2 chassis) 1.28Tbps(640Gbps×2 chassis)
冗長化 Chassis 2重化、CPU4重化、PSU4重化 Chassis 2重化、CPU2重化、PSU4重化
ISSU対応 YES
マスターフェイルオーバータイム 約0.5sec 約0.5sec
障害時動作
(切り替わり契機)
SBx8100シリーズ

CPU#1 or CPU#2 単体故障時:状態遷移なし
CPU#1 & CPU#2 同時故障時:SLAVE→MASTER
PSU#1 or PSU#2 単体故障時:状態遷移なし
PSU#1 & PSU#2 同時故障時:SLAVE→MASTER
L/C#1 単体故障時:状態遷移なし
STK#1 単体故障時:状態遷移なし
VSBx908シリーズ

CPU#1 単体故障時:SLAVE→MASTER
PSU#1 or PSU#2 単体故障時:状態遷移なし
PSU#1 & PSU#2 同時故障時:SLAVE→MASTER
XEM#1 単体故障時;状態遷移なし
STK#1 単体故障時:状態遷移なし

関連ページ
Single-Chassis Redundant Systemの強化

AT-SBx81CFC960(Control Fabric Card)を用いることでVCS plus構成時、もしくは、AT-SBx8112/AT-SBx8106へAT-SBx81CFC960を2台実装時において、ダウンタイムを抑制したソフトウェアバージョンアップが可能となります。

In Service Software Upgrading (ISSU) とは?

シンプルネットワークマネージメント
AMFによるネットワークのユニファイド化
AMFによるネットワークのユニファイド化

Allied-Telesis Management Framework(AMF)とは?

ネットワーク バーチャライゼーションの推進
Allied-Telesis Management Framework(AMF)とは?
関連ページ
・SBx8100はAMFマスター機能、AMFコントローラー機能に対応
・ローカルサイトに導入することで、ネットワークのユニファイド化を実現
・ローカルサイトとセンターサイト両方に導入する事で、ネットワーク全体のユニファイド化を実現
・VCS Plusとの併用により、シングルポイント障害のリスクを低減させ、可用性が大幅に向上

 2台以下のAMFメンバーを管理する場合を除きライセンスが必要、またAMFコントローラーはCFC960搭載時のみ利用可能

ネットワーク バーチャライゼーションの推進
例えば下記の様な構成を用いて比較すると・・・
構成を用いて比較

 各AMFコスト効果に関しては、弊社独自基準で算出

・さらなるAMFの利便性向上として、SBx8100はAMFアプリケーションプロキシーに標準対応
  (ファームウェアバージョン5.4.7-0.1以降)
・脅威検知アプリケーションと連携可能なSESセキュリティサービスを既存AMFネットワークに適用可能
・既存AMFの利便性を維持しつつ、セキュリティ強化を実現
AMFネットワーク変更することなく脅威対策を実現

※1 端末のIPアドレスはDHCPによる自動取得

※2 端末を接続するAMFメンバーにおいて、DHCPスヌーピング機能の利用が必要

ネットワーク構築のご質問などお気軽にご相談ください。

アライドテレシスの"旬"な情報をお届けします。

関連リンク
イベント・セミナー

PAGE TOP