Solution - ソリューション -

アプリケーションデータを冗長して安定したサービスを提供
AS-VCS
AWCやSESなどのアプリケーションシステムを止めないためには、それらのデータをバックアップし、データを冗長化することが重要です。
AS-VCS(Application System VCS)は、従来の機器・経路冗長だけではなく、AWCやAMF Application Proxy などのアプリケーションデータも冗長する、新しいVCSソリューションです。

具体的には、無線LANコントローラーデータを冗長するとともに、SESのセキュリティー情報を冗長化するため、より安定したアプリケーションシステムの運用を実現します。

AWCの効果を最大限に引き出すAS-VCS

AWCは、過去と現在の収集データを元にパラメータ値を算出しています。つまり、利用環境に最適な自律型無線LANを実現するには継続的な運用が欠かせません 。

複数台のSBx908GEN2を仮想的に一台のスイッチとし、機器を冗長させることで、一方のスイッチに障害が発生してもAWC はデータを失われることなく運用を継続でき、環境に応じた安定した無線LANネットワークを構築できます。

AWCの効果を最大限に引き出すAS-VCS
AWC
AWCとは
AWC(Autonomous Wave Control)は無線APの構成と利用状態から、無線電力とチャンネルを自律的に最適化するため、日々変化する環境に快適な無線LANを実現します。
AWCの自律型無線APの制御技術を発展させ、無線APの構成を把握して複数のAPを仮想的に一台の無線APとすることでAWC Channel Blanketを実現します。
AWCとは

セキュリティー確保が可能

AMF アプリケーションプロキシーで蓄積された被疑端末情報はネットワークセキュリティーを維持するために欠かせない重要な情報です。
セキュリティーデータはAS-VCSにより冗長化され、一方のスイッチに障害が発生してもデータが失われることがありません。

セキュリティー確保が可能
SESAMF
AMF Application Proxyとは
AMFとSESの連携を可能とするAMFアプリケーションプロキシー機能は、より幅広い構成でSESの導入を可能とします。
本機能によりSESCからAMFマスターを通じたAMFメンバーのアクセス制御に対応し、ネットワークレベルでのIoTセキュリティーを確保します。

ネットワーク構築のご質問などお気軽にご相談ください。

アライドテレシスの"旬"な情報をお届けします。

関連リンク

PAGE TOP