ソリューション
業種別
用途別
統合化SDNソリューション
SDN/ネットワーク統合管理ソリューション
SDN/アプリケーション連携ソリューション
xシリーズポータル
ポジショニング
イントロダクション
SBx8100イントロダクション
x930シリーズイントロダクション
xシリーズイントロダクション
AlliedWare Plus
ネットワーク統合管理テクノロジー
AMF
ネットワーク・コアテクノロジー
EPSR
VCS
LD-VCS
VCS Plus
ネットワーク・エッジテクノロジー
スイッチ・セキュリティー
VLANソリューション
ループガード
導入事例
設定例サンプル
SBx8100ネットワークソリューション
xシリーズネットワークソリューション
u-VCFネットワークソリューション
プライベートクラウドソリューション
ワイヤレスソリューション
脅威可視化統合監視ソリューション
映像監視ソリューション
データセンターソリューション
VLANソリューション
UTM&VPNルーターポータル
省電力ソリューション
Xシリーズイントロダクション
EPSRイントロダクション|EPSRによるリングトポロジー
EPSRの概要
EPSRの利点
EPSRの仕組み
障害時の動作
EPSRエンハンストリカバリー機能
EPSR対応機器概要
EPSR構成事例・導入事例
EPSRの概要
EPSRとは
イーサネットリングプロテクション機能である“EPSR”(Ethernet Protected Switched Ring)は、リング構成のネットワークに特化した、レイヤー2のループ防止・冗長化機能(RFC3619)です。
トポロジーをリング構成に限定し、各スイッチの役割をあらかじめ固定することにより、障害の検出と経路の切り替えをより高速に行います。

日本で一般的な縦長のビルや、建物の間が離れている工場、鉄道の各駅を結ぶネットワークなどを構築する場合には、階層型(スター型)構成のネットワークではケーブルのコストが問題となることや、物理的に敷設が不可能な場合があります。リング型トポロジーを使用することでネットワーク機器への投資とケーブル費用などの敷設コストを抑えることができます。
EPSRにより得られるさまざまな利点
EPSRとは
ご参考:x900の機能(EPSR)
EPSRとは
このケースにおけるスター型構造では、長さでリング型の5.5倍、本数で1.8倍のケーブルが必要となります。
スター型とリング型では建屋が高層になるほどケーブルと工事にかかるコスト差が広がります。
上記のようなリング型接続にすれば、何十階建てのビルでもUTPだけで構成することも可能です。
(光ケーブル敷設や機器へのSFPモジュール増設等のコストがかかりません)
回線冗長を行っているケースでの比較
縦向き回線の長さのみ計算


PAGE TOP