ソリューション
業種別
用途別
統合化SDNソリューション
SDN/ネットワーク統合管理ソリューション
SDN/アプリケーション連携ソリューション
xシリーズポータル
ポジショニング
イントロダクション
SBx8100イントロダクション
x930シリーズイントロダクション
xシリーズイントロダクション
AlliedWare Plus
ネットワーク統合管理テクノロジー
AMF
ネットワーク・コアテクノロジー
EPSR
VCS
LD-VCS
VCS Plus
ネットワーク・エッジテクノロジー
スイッチ・セキュリティー
VLANソリューション
ループガード
導入事例
設定例サンプル
SBx8100ネットワークソリューション
xシリーズネットワークソリューション
u-VCFネットワークソリューション
プライベートクラウドソリューション
ワイヤレスソリューション
脅威可視化統合監視ソリューション
映像監視ソリューション
データセンターソリューション
VLANソリューション
UTM&VPNルーターポータル
省電力ソリューション
Xシリーズイントロダクション
EPSRの仕組み
EPSRの構成要素
EPSRの構成要素
EPSRドメイン
リングの管理を行う単位で、制御用のVLANとデータ用のVLANで構成されます。
マスターノード
リングの制御を行うスイッチで、EPSRドメイン内に1台だけ設定可能です。
プライマリーポートとセカンダリーポートを設定します。
トランジットノード
EPSRドメイン内のマスターノード以外のスイッチをすべて「トランジットノード」と呼びます。
マスターをサポートしている製品もトランジットノードとして、リングの状態監視、障害検出、通知、高速切り替えといった機能を提供できますが、トランジットノードに特化した製品もご用意しています。
リングを構築する際、マスター以外(=すべてのトランジットノード)を、「EPSRアウェア」もしくは「EPSRスヌーピング」機能を実装したスイッチで構成することで、障害検出や高速な切り替えの実行が可能となります。
EPSRアウェア機能
リングの状態監視、障害検出、通知、高速な切り替えを提供します。
EPSRスヌーピング機能
リング障害時に高速な切り替えを提供します。
上記機能を実装していないスイッチもトランジットノードとしてリングを構成できますが、高速な切り替えは提供されません。
コントロールVLAN
EPSRドメインを制御するためのVLANで、制御メッセージだけがやりとりされます。EPSRドメインに1つだけ設定します。
データVLAN
通常のトラフィックが運ばれるVLANで、EPSRドメイン内に複数設定可能です。
プライマリーポート
コントロールVLAN、データVLANの両方で、常に送受信が行えるポートです。
セカンダリーポート
コントロールVLANでは常に送受信が行えますが、データVLANでは通常はブロッキング状態です。リングに障害が発生するとデータVLANのブロック状態が解除され送受信が行えるようになります。
基本動作
  初期状態から運用状態ではEPSRは以下の動作を行います。
   
 
1. トポロジの形成
マスターノードにて、EPSRドメインごとにプライマリーポートとセカンダリーポートを指定します。また、制御データ送信用にコントロールVLANを設定し、ユーザーデータ送信用にデータVLANを設定します。正常時にはセカンダリーポートはデータVLANに対してブロック状態となりループ防止を行います。(コントロールVLANに対しては常にフォワーディング状態で、送受信可能です)
2. 運用状態
マスターノードはプライマリーポートから“Healthcheck”メッセージを定期的に送信します。セカンダリーポートにて定期的に”Healthcheck”メッセージを受信できればリングの状態が正常であると判断します。
   
  運用状態ではEPSRは以下の動作を行います。
基本動作


PAGE TOP